オープンフィンガーグローブのムエタイ「MX MUAY XTREME」ミャンマーからラウェイ選手、日本人も参戦!

 9月8日タイ・バンコクで開催されたOPG(オープンフィンガーグローブ)着用の3Rムエタイ「MX MUAY XTREME」にラウェイゴールデンベルトトーナメント2015年60kg王者、2016年63.5kg準優勝、昨年のILFJラウェイ第一回日本大会にも参戦したチェ・シン・ピョ(出場リングネーム“オウン・ミン・ピョ”)が参戦するも対戦相手パーカーオ(タイ)との技術差は歴然としており、2Rボディへの左ストレートでマットに沈んだ。日本から参戦のニシカワ ショウキは打撃戦を展開するも2R2度目のダウンでKO敗。通常のグローブムエタイに比べて試合ラウンドも短い3R制でポイントのとりあいのようなムエタイとは違って好戦的な試合が多く、この大会でも6試合中5試合はKO決着で終っている。
Photo MX MUAY XTREME

■「MX MUAY XTREME」
日時:2017年9月8日 開始20:45(現地時間)
場所:タイ・バンコク

全試合

<MX MUAY XTREME 70㎏ 3分3R>
○・ダゥフォン191(タイ)
2RKO ※左ボディストレート
●オウン・ミン・ピョ※チェ・シン・ピョ(ミャンマー/ ゴールデンベルト2015年60kg王者、2016年63.5kg準優勝)

<MX MUAY XTREME 67㎏ 3分3R>
●ペッチジャ・オームカトン・チェンマイジム(タイ)
 2RKO ※左バックハンドブロー空振りからの右ストレート
○サリムカーン・イブラギモブ(ロシア)

<MX MUAY XTREME 60㎏ 3分3R>
○ダラーク・スータイムエタイ(タイ)
 2RKO ※左フック(2R2度目のダウン)
●ニシカワ ショウキ(日本)

<MX MUAY XTREME 45㎏ 3分3R>
●ペットチーク・ナクナビナイヨン(タイ)
 2RKO ※右ストレート
○ペットチャダンタイ・ソー・チョークチャイ(ラオス)

<MX MUAY XTREME 63㎏ 3分3R>
○アーワット・ウォーペッチプール(タイ)
 1RKO ※右ローキックによる2度目のダウン
●リー・ジャオ(中国)

<MX MUAY XTREME 55㎏ 3分3R>
ペッチフォーサイ・ソーチタラダ(タイ)
 引分
タブルアン・ソーチョークチャイ (ラオス)


翌週9月15日の「MX MUAY XTREME」ではWLC(ワールド・ラウェイ・チャンピオンシップ)で活躍し、極真空手、ONE CHAMPIONSHIPでMMAにも参戦しているフォー・トゥーが参戦。日本からは今年7月21日「MX MUAY XTREME」で勝利した大田原友亮が参戦。

判定あり、タイムなしのラウェイ大会『ワールド・ラウェイ・チャンピオンシップ(WLC)2』メイン3試合は判定決着!!

判定ありのラウェイ大会!ワールド・ラウェイ・チャンピオンシップ1『The Great Beginning』ミャンマー選手は国際戦全勝!

『ONE CHAMPIONSHIP』ミャンマー大会!内藤のび太タイトル防衛!ミャンマーMMAトーナメント!