第4回日本ラウェイ大会『ラウェイinジャパン4 FRONTIER』5試合発表!デーブ・レダック vs. セイラス・ワシントンの新旧ラウェイ外国人王者が対戦!

6月16日東京TDCホールで開催される『ラウェイinジャパン4 FRONTIER』の一部対戦カード5試合が発表された。試合順未定、他、女子ラウェイ2試合(3分3ラウンド 判定なし 純ラウェイルール)を予定。今大会外国人同士のラウェイ戦では現王者デーブ・レダック(カナダ)が2月、4月に続き日本ラウェイ大会3連続参戦で、外国人選手としては初めて当時の王者トゥントゥン・ミンをKOしてラウェイ王者扱いとなったセイラス・ワシントンと対戦する。前回4月大会に参戦した日本人3選手、浜本”キャット”雄大、蓮實光、BAKIは連続参戦

■『ラウェイinジャパン4 FRONTIER』
日時:6月16日(金:18:30開始)
会場:東京ドームシティーホール  
【各プレイガイド、後楽園ホールにて発売中】
VIP 20000円 アリーナS 10000円 第1バルコニー7000円 第2バルコニー5000円 第3バルコニー4000円
チケットぴあ(Pコード:835-863)
ローソンチケット(Lコード:31876)
イープラス、後楽園ホールにて発売します。
問合せ: ILFJ 03-6272-3392  http://ilfj.or.jp

全7試合「純ラウェイルール」

<80kg契約 3分5ラウンド 判定なし>
デーブ・レダックカナダ:24歳/現ミャンマーラウェイ80㎏級王者:ラウェイ5戦2勝3分)  
 vs.  
セイラス・ワシントン(USA:31歳/元ラウェイ無差別級王者:ラウェイ5戦1勝2敗2分)

2014年には当時の王者トゥントゥン・ミンにバックキックでKO勝利している。
2014年12月7日ラウェイトップ選手がKO負け!!対抗戦は2敗1分けとアメリカ、タイ選手がミャンマー勢に勝ち越す!

その後トゥントゥン・ミンに2度のリベンジにあっているが2015年現75㎏王者トゥトゥ、2010年当時の王者ソー・ガマンと引分ている。

<57kg契約 3分5ラウンド 判定なし>
浜本”キャット”雄大(クロスポイント大泉) 
 vs.
ヤー・ザー(ミャンマー)
※浜本は連続参戦、ヤーザー選手は2月大会にてKOUMAと引分け

<65kg契約 3分5ラウンド 判定なし>
蓮實 光(パラエストラ栃木) 
 vs.
タ-タル・タプイン(ミャンマー)
※蓮實は連続参戦、希望により4月18日大会の再戦

<70kg契約 3分5ラウンド 判定なし>
渡慶次 幸平(クロスポイント吉祥寺) 
 vs.
ピャン・トゥエ(ミャンマー)
※渡慶次幸平はラウェイ初参戦、ピャン・トゥエはラウェイ無敗

<60kg契約 3分4ラウンド 判定なし>
BAKI(SHIROI DREAM BOX:我流) 
 vs.
チャー・バー・ヘイン(ミャンマー)
※BAKIは連続参戦、チャー・バー・ヘインは4月大会2ラウンドTKO勝利で連続参戦


【ILFJ及びFOSがミャンマースポーツ省より受賞】
4月30日ヤンゴン市内ホテルにてミャンマースポーツ省、ミャンマーラウェイ連盟主催「ミャンマーinジャパン3 GRIT」の成功を祝う晩餐会が行われ日本からILFJ三井昭寛理事とラウェイ日本大会を運営するFOS中村祥之が出席。
現ミャンマーユニオンスポーツ大臣 Dr.Myint Htweより表彰状が贈られた。

▼10・27ラウェイ・グランプリ・イン・ジャパン2016後楽園ホール
wf058Chirashi-718週刊ファイト11月3日号巌流島ノア関内ラウェイ初浅野金六マサ斉藤大阪謎新日キック

▼初参戦・高橋奈七永KO勝利!トゥントゥン・ミン無念の敗退!
wf065Chirashi-718週刊ファイト12月22日号新日2017高橋ラウェイ三沢光晴Gサスケ鷹の爪UFC新日キック

▼紅闘志也 ラウェイ・ジャパン2総括

週刊ファイト3月2日号真壁刀義20周年全日Jr.開幕テレ朝中井りんROAD FC訃報嵐UFC