週刊マット界舞台裏’09年8月27日号

 新日本プロレスの選手貸し出しについて、ちょっとしたサプライズが発生した。『ハッスル』の8・27後楽園ホールに永田裕志と獣神サンダー・ライガーが参戦することになったのだ。これは『ハッスル』所属(?)のTAJIRIが新日プロ『G1クライマックス』に参戦したことへの見返りとみられているが、『ハッスル』への選手派遣は今回が初めて。
 かつて新日プロが他団体に選手を派遣するときは、メジャー団体同士の交流戦を行っていたからだが、ここ最近はインディー団体に新日プロのトップクラスの選手が参戦することもしばしば。そのことに苦言を呈する人物もいるが、どうやら新日プロと一部トップクラスの選手とのあいだに“ある事情”があるようだ。
 アントニオ猪木はなかなか本音を言わない男だ。それは彼の著書や猪木へのインタビュー記事などを読んでもお分かりいただけるだろう。  猪木はもちろん、日本プロレス界に大きな爆弾を落とした『流血の魔術 最強の演技―すべてのプロレスはショーである』を書いたミスター高橋についても、普段ならリップサービス込みで「ブッ殺してやる!」の一言ぐらい口にするはずだが、気心の知れた“かつての腹心”永島勝司氏には「ほっとけよ。人間が1人、食うためにやったんだろ?」と漏らしたそうだ。  ところが、それほど寛容な(?)猪木が酒の席とはいえ、大嫌いな2人のプロレスラーの名前を明かしたという! その2人のレスラーには意外な共通点もあった!
 「レスラーに引退なんかないんだよ。リングに上がらなくなるのは体が動かなくなったときか死ぬとき」  かつて、ある選手が言い放った言葉だが、いまや50歳を過ぎても現役を退く気配のないレスラーは少なくない。なかなか辞めない1番の理由は、わずか5〜10分の仕事で一般人の半月分〜1カ月分ぐらいの収入が得られるからだろう。
 借金王として人気者になったもののトラブルメーカーとしても有名な安田忠夫だって、実は現役続行中なのだ! 某ムック本でケンドー・カシンの紹介で養豚場で働く様子が報じられていたが、その一方で結構高いギャラをもらってプロレスをやっていることが判明した。
 今週の『マット界舞台裏アーカイブス2008』では、8・9有明コロシアム大会以降の大会開催のメドが立っていないIGFについて取り上げている。ちょうど1年前にも“活動休止危機”が記事になっているというのも、いかにもIGFらしい。
 ジー・コミュニケーションという大スポンサーがついているIGFだが、興行不振からジー・コミュに頼れなくなると、毎度毎度新しいスポンサーを獲得するしかなく、その度に猪木が奔走することになるのだが・・・
 今号のファイト!ミルホンネット編集部担当ページは、タブーには弱腰の他誌を尻目にミルホンネットにしか出来ない強力レポートや分析記事ばかりを厳選して収録。情報マニアの必携号に仕上がった!
 まずはどこよりも早く警告を鳴らしていた内外タイムスの新オーナー南原貴裕容疑者が逮捕された事件の詳細から。WJ末期に「M資金」として活字にされたあの要注意人物も一枚噛んでいるとされるこの買収劇は、なにかとゴング廃刊時の騒動を思い出さずにはいられない。
 さらには好評企画<海外情報局>は2本立てのワイド版。いったい何度目なのかとの関係者の嘆きも聞かれるカート・アングル逮捕と、大変に困った状態にあるTNAの現状を大特集。ジェフ・ジャレット追放の顛末や、元WWEでヴィクトリアの名前でDIVAとして活躍、現在TNAでタラとなったリサ・マリー・バロンの格闘技挑戦まで、無料のネットには出てこない大量の情報がぎっしりと詰まっている。8・16のHard Justice大会の詳細もボーナス収録。TNAのことを知っておきたいというアメプロ・ファンなら必読の長編凝縮レポートだと断言しておく。
 もう1本は美女戦士ジナ・カラーノの登場で全米の格闘技ファンが熱狂した8・15ストライクフォース大会の裏ネタ満載ドキュメント。あらゆる数字比較までびっしりと取材されており、ぜひとも他誌との質の違いを確かめていただきたい。
 また、人気企画<誰か教えてくれよ>では、読者からの質問のあったZSTの新体制について分析しています。格闘技界の悪しき慣習にまで踏み込んであり、関心のある方ならきっとご満足いただけます。

ZSTのエースだった小谷直之
 バックナンバーも売上急上昇! この機会に是非ダウンロードしてお読みください。
<今週の見出し>
▼選手貸し出しに見られる新日プロのある事情
▼なかなか本音を言わない猪木が、実は大嫌いな2人のレスラー
▼実はまだレスラーとしても現役続行中だった安田
<アーカイブス2008>
▼どうなる?IGFの次回大会
<ファイト!ミルホンネット編集部>
▼猪木が「仲間」と言った新オーナーが逮捕!
内外タイムスが“第二のゴング”になってしまう!?
▼ミルホン海外情報局vol.7 Kアングル逮捕とTNA最新情報
▼ミルホン海外情報局vol.8 ストライクフォース飛翔
▼<誰か教えてくれよ> Vol.11 ZSTの新体制と現状
★合わせて読めばさらに楽しめる!
全日プロ8・30両国大会に感じる物足りなさ
ノアが禁断の外敵である“あの男”の投入を決断!
百田のフロント批判に沈黙を守っている仲田龍氏
IGF8・9有明大会のメーンカードをスクープ!
ファイト復刊のウワサに元編集長が答える!

選手貸し出しに見られる新日プロのある事情に迫る!

週刊マット界舞台裏'09年8月27日号

商品コード inouejojiz138

価格 250 円

在庫切れ

ウィッシュリストに追加する »