『佐野直万博』両国国技館電流爆破!世界最高峰のハードコアマッチなど歴史に残るインディーの祭典

 17日、両国国技館にてプロレス佐野魂による『佐野直万博』が開催され、トリで公約通り電流爆破マッチが実現。大仁田厚が「佐野!夢を、夢をありがとよっ!」と聖水をまき散らしてメインを締めくくった。
 金曜とはいえ平日にもかかわらず4時半から始まったタイトル通りの万博は、ザ・グレート・サスケやJWPの選手が出陣した「おっこんプロレス」から始まり、インディーの祭典としてBATTLE AID、JWA東海プロレス、信州プロレス等が提供試合を披露。また、市井舞が率いるプロレス系アイドルユニット無敵アイドル・ムテキど〜る☆旗揚げ戦もあり、都合がついて最初から見たお客さんは様々なバラエティを楽しめた。また、関西のインディー界では重鎮のHARU。が引退を報告、但し裏方としてはプロレスと関わっていくという。また、11月に脳梗塞を患い倒れていたサザンクロスが、杖をついてリングに立ち復帰を宣言していた。

 本戦は、矢野啓太のワラビー世界マーシャル・アーツ王座防衛戦から。こちらもアパッチ軍が暴れるカードや、スペル・デルフィン参戦、ピンク・タイガー総帥の引退試合、三冠王者・曙のハンディ戦と、次から次へと楽しませる。
 インディー通であったとしても、CPEキャットファイトは初めて見た方が多かったかも知れない。田中将斗と金村キンタローの11年ぶりのシングル戦は、金村が花道通路上の2階からテーブルに寝かした田中にダイブするなど「世界最高峰のハードコアマッチ」看板通りの激闘を披露した。
 
 試合後インタビュースペースに千葉智紹とあらわれた佐野直は、「プロレスラーの佐野直はたいしたことないかもしれないですけど、プロレスの仕事をしている、裏方含め仕事人の佐野直としてはもっと評価されてもいいと思います。自分で言うな、以上。佐野直でした」と大会を締めくくっている。
 二階席までを埋めることは出来なかったが、困難を乗り越えて両国国技館で電流爆破を実現させた功績は讃えられて然るべき。インディーの祭典としても満足度の高い、記憶に残る万博であった。

※大会の全容と詳細は、マット界舞台裏7月30日号WWE新日ROH茨城清志UFC佐野直万博巌流島DEEP大田区ヤンゴンONEに掲載されました。

■ 両国国技館大会『佐野直万博』
日時:2015年7月17日(金)開場16:00 イベント開始16:30~ 本戦18:30~
会場:両国国技館

150717Sano8A150717Sano8B150717Sano8C150717Sano8D<メインイベント 史上初!両国国技館ノーロープ有刺鉄線・ストリートファイト電流爆破バットデスマッチ(仮) 時間無制限1本勝負>
大仁田厚(フリー) ○佐野直(プロレス佐野魂) 千葉智紹(プロレス佐野魂)
 10分14秒 電流爆破バット攻撃からの丸め込み
KENSO(全日本プロレス) ●バッファロー(先駆舎) 二瓶一将(喧嘩プロレス二瓶組)

150717Sano7A150717Sano7B150717Sano7C150717Sano7D150717Sano7E<セミファイナル 世界最高峰のハードコアマッチ 時間無制限1本勝負>
○田中将斗(ZERO1)
 10分29秒 パイプ椅子を持ってのスライディングD⇒片エビ固め
●金村キンタロー(アパッチプロレス軍)

150717Sano6<第6試合 CPEキャットファイトPresents どきッ!【一夜限り】女だらけの競泳キャットファイトバトルロイヤル(30分1本勝負)>
○さちこYokozuna with:アマヅカゼナ&紫龍みお
 5分59秒 シバターをローリングクレイドルでフォールしたラ・マルクリアーダを抑え込む
●ラ・マルクリアーダ
※さちこYokozunaが優勝
【退場順】白玉あも→タイガー愛子→ティロ・フィナーレ加川 with ももえり→平井さん→鳳華→羽柴まゆみ→若林美保→範田紗々 with 三代目葵マリー&今西愛&新垣愛菜→シバター→ラ・マルクリアーダ with 夢月姫乃&みでぃ&樹本ふわり
入場曲:小泉千秋&桃杏める
リングアナ:鈴々舎馬るこ
リングリポーター:印度の林檎
実況・解説:山本雅俊&安西伸一&テレンスリー

<第5試合 ハンディキャップマッチ 30分1本勝負>
○曙(全日本プロレス)
 8分13秒 ボディプレス⇒体固め
●よしえつねお(フリー)、ガッツ中村(プロレス佐野魂)、園山檸檬(フリー)、タケシマケンヂ(スポルティーバエンターテイメント)

150717Sano4<第4試合 ピンクタイガー総帥引退記念試合 30分1本勝負>
●ピンクタイガー総帥(プロレス佐野魂)、黒田哲広(アパッチプロレス軍)
 7分55秒 パワーボム⇒エビ固め
○嵐(天龍プロジェクト)、ヒロ斎藤(ドラディション)

<第3試合 6人タッグマッチ 30分1本勝負>
○スペル・デルフィン(沖縄プロレス)、あいつ(PUNK DRUNKERS)、ZIPANGU
7分40秒 デルフィンクラッチ
新井健一郎(DRAGON GATE) 翔太(プロレス佐野魂)、●小仲=ペールワン

<第2試合 奥田朱理復帰戦 ミックスドマッチ 30分1本勝負>
●橋本友彦(アパッチプロレス軍)、HASEGAWA(アパッチプロレス軍)、飯田美花(プロレスリングWAVE)
 11分15秒 ストゥーカ・スプラッシュ⇒片エビ固め
奥田朱理(フリー)、○Hi69(フリー)、榎本陽介(アパッチプロレス軍)

<第1試合 WALLABEE Revolution Aniversario2015ワラビー世界マーシャル・アーツ選手権試合61分1本勝負>
○【王者】矢野啓太(プロレス佐野魂/プロフェッショナル・レスリング・ワラビー)
 3分19秒 ゆきぐにドライバーII⇒片エビ固め
●【挑戦者】三州ツバ吉(BUMPMAN)

HARU。とサザンクロスの挨拶

【第一部】
150717SanoMuteki
<プロレス系アイドルユニット無敵アイドル・ムテキど~る☆旗揚げ戦第1試合 シングルマッチ15分1本勝負>
○市井舞
 5分35秒 ギロチンドロップ→片エビ固め
●七里芽衣
レフリー斉木すみれ
※七里芽衣デビュー、斉木すみれレフリーデビュー

<第2試合 シングルマッチ15分1本勝負>
●市井舞
 11分7秒 ウラカン・ラナ⇒エビ固め
○椿さくら
※椿さくら正式デビュー
※新曲発表

<信州プロレス提供試合 第1試合 タッグマッチ 10分1本勝負>
○信州タイガーアロー、獣神サンダーライチョー
 9分9秒 ダイビング・ヘッドバット⇒体固め
にんじゃりばんばん、●THEよっちゃん。with LINDA

<第2試合 タッグマッチ 10分1本勝負>
グレート☆無茶、○とらのすけ(息子)
 9分9秒 ダイビング・エルボードロップ⇒体固め
超獣キノッピー、●チガイOKADA

<佐野の恩返し3WAYマッチ 10分1本勝負>
茂木正淑vs.保坂秀樹vs.吉田和則(EAGLEプロレス)
※時間切れ引き分け

<東海プロレス提供試合 シングルマッチ 10分1本勝負>
○脇海道弘一(東海プロレス)
 15分17秒 卍固め
●両国シャドー(フリー)

<BATTLE AID提供試合 6人タッグマッチ 10分1本勝負>
○戸井克成(BATTLE AID)、雷電(BATTLE AID)、木更津KID(BATTLE AID)
 6分38秒 ダイビング・フットスタンプ⇒片エビ固め
GANG STAR(フリー)、TA☆KU(EAGLEプロレス)、●大野翔士(EAGLEプロレス)

<おっこんプロレス『いきなりメインイベント』60分1本勝負>
○ザ・グレート・サスケ、コマンド・ボリショイ
 12分14秒 ボリショイ式ワキ固め
“brother”YASSHI、●ライディーン鋼

150717SanoMiruhon

【佐野魂アーカイブ】
マット界舞台裏10月9日号天龍船木柴田KH噂の真相K-1BLADE桜庭ヘンゾ佐野魂Reina修斗RISE
・9・28佐野魂『Mixtanley』夢の島大会究極のプレミアム興行 急遽決まったOne Dayトーナメントは真琴優勝
マット界舞台裏11月20日号新日WWE帝国の危機BLADE年末DEEP戦争UFC180佐野魂広島宮本裕向
・無謀か快挙か!プロレス佐野魂が来年7・17両国国技館へ進出
7・17佐野魂両国国技館大会 小向美奈子らCPEキャットファイト勢全面協力!
佐野直、矢野啓太、ガッツ中村インタビュー「大晦日元祖は俺!」12・31『佐野魂年越しプロレス』新木場大会
佐野魂で越年~佐野直×KENSO張り手合戦!年明けは大仁田でファイヤー!
千葉智紹がプロレス佐野魂に加入!
wkbutaiura104MixCoverマット界舞台裏7月9日号新日顧客情報流出ジョシュ&ムサシUFCジャパン佐野魂&巌流島両国