『INOKI BOM-BA-YE × 巌流島 in 両国』新生!宇佐美秀メイソン!カポエラの鳥人!マーカス・レロ・アウレリオが参戦!

12⽉28⽇、両国国技館で開催される猪⽊追悼イベント『INOKI BOMBA-YE×巌流島in両国』。参戦決定2選手が発表された。ひとりは、先月の「RIZIN.39」でKO勝をおさめた宇佐美正パトリックの弟で、空手、キックボクシング、ボクシングの各大会を制覇しており、「10年に一人の逸材」と評されている新星・宇佐美秀メイソン。

⽇本格闘技界の未来を担う新星・宇佐美秀メイソンが参戦!
また、今⼤会の「過去のレガシーで未来を⾒せる」というコンセプトに則り、なるべく将来性のある若い選⼿に輝ける場を提供したいということで、イゴール・タナベ同様、⽇本の将来の格闘技界を背負って⽴つ男・宇佐美秀メイソンの「猪⽊軍」⼊りが内定した。宇佐美秀メイソンは、今年RIZIN博多⼤会のデビュー戦で華々しく勝利
を飾った宇佐美正パトリックの実弟で若⼲21歳。兄パトリック同様、関係者の間では「10年に⼀⼈の逸材」と評価されるほどの選⼿である。宇佐美は『INOKI BON-BA-YE』が始まった2001年5⽉20⽇⽣まれの21歳。 ⽇本⼈の⽗親とカナダ⼈の⺟親を持つハーフ。物⼼ついた頃から⽗親の影響で兄と共に空⼿道場等で格闘技を習い始め、すぐに空⼿界の少年部では全国区で知られる存在となった。新極真全⽇本ドリームカップ優勝、新空⼿全⽇本⼤会優勝、新空⼿ガオラカップ優勝、内⽥塾全⽇本⼤会3連覇、⽩蓮会館関東選⼿権優勝、⽉⼼会グローブ空⼿優勝、正道会館全⽇本ジュニア⼤会準優勝とフルコン空⼿のタイトルを総ナメ。 さらにキックボクシングでも覇王キックボクシング⼤会優勝、ボクシングでも⻄⽇本U15⼤会でも準優勝している。ここまで来れば「天才空⼿キッズ」と呼ばれるのは、当然のことだろう。しかし、多感な思春期になると、天賦の才能はストリートファイトで発揮されるようになった。⼤阪の不良相⼿に暴れまくり、警察にも何度かお世話になる中で、⼿を焼いた⽗親は環境を変えようと離婚した⺟親が住むカナダに留学させることにした。ところが怖いもの知らずのメイソンは、カナダでも⾝体の⼤きな不良や本物のマフィアをしばき倒し、瞬く間にストリートで知られた存在となった。カナダのマフィア事務所に殴り込みに⾏った際は、仲間15⼈の内、8⼈が殺される⼤事件の当事者となり、本⼈も腕を銃で撃たれて、⼀命を落としそうになったこともあるという、凄まじいエピソードの持ち主だ。⽇本でも今、地下格などの影響でヤンキーたちの格闘技が話題を呼んでいるが、殺し合いや銃で撃たれた経験をもつ不良なんて、聞いたことがない。まさにリアル⽮吹丈、筋⾦⼊りのワルだ。カナダの少年院に半年ほど⼊った後も暴れるので、少年ながら異例の⼤⼈の刑務所に約1年半ぶち込まれるほどの武勇伝の持ち主である。さすがに⽗親は、このままではいつか死ぬんじゃないかと⽇本に連れ戻し、その喧嘩強さ、格闘技の才能を⽣かそうと、プロの格闘家の道を歩むことになる。流⾏りのMMAに転向し、LDHのEXファイトで3連勝すると、『POUND STORM』でプロデビュー。クレイジービーのスソンに2-1の僅差で判定負けしたものの、短期間での対応⼒に、関係者を改めて唸らせた。本⼈の憧れのファイターはコナー・マクレガーだが、兄と同様、得意のキックボクシングとMMAの2冠王者、リアル⼆⼑流の達成に期待がかかる。当⾯、兄のパトリックが RIZINで暴れるなら、その間、あらゆるキック団体のベルト総取りを狙う。兄と違うのは、パトリックが⽇本⼈にはないパワーファイターの持ち主であるのに対し、暴れん坊ながらスタイルは「相⼿の攻撃を喰らわないテクシャン」という意外な⼀⾯を持つ。どちらかと⾔うと、メイウェザータイプの選⼿だ。今回、宇佐美秀メイソンは、猪⽊軍で世界の強豪相⼿に本格的なプロデビューする。果たして、こうした若い逸材に対してどんな強豪が⽤意されるのか? ぜひ楽しみにしていただきたい!
2015年アマチュアボクシングでの試合映像

 もうひとりは、カポエイラの達人で「巌流島」でも活躍したアントニオ猪⽊の第2の故郷ブラジルから、「カポエイラ・マスター」マーカス・レロ・アウレリオの「猪⽊軍」⼊りが確定した。 カポエイラといえば、柔術以上にブラジルで歴史を持つ、奴隷の間で育まれてきた格闘技。両⼿を縛られたままでも、脚を⾃在に振り回して相⼿をKOする超ド派⼿な格闘技として、今や世界に知られている。また、⾳楽と踊りを組み合わせることで、雇い主からは格闘技の練習に⾒せないように密かに伝承されてきたことでも有名だ。そのため、カポエイラというと、ブラジル伝統のダンスだとイメージする⼈もいるだろう。そのカポエイラの技を実戦の格闘技の試合でも⾒事に使いこなすのが、カポエイラ・マスターのマーカス・レロ・アウレリオである。本当にカポエイラの旋⾵脚で、キックの試合でも、MMAの試合でも、巌流島の試合でも相⼿をKOして勝ち続けるので、まさに「これぞ異種格闘技戦」を体現できる選⼿でもある。ブラジル出⾝ということで、ここは「猪⽊軍」として、世界の強豪に⽴ち向かう!
マーカス・レロ・アウレリオ‐Marcus Lelo Aurelio
KO試合動画

12.28『INOKI BOM-BA-YE×巌流島in両国』・⼤会概要

「INOKI BOM-BA-YE × 巌流島」 in 両国国技館
【お問い合わせ先】
INOKI BOM-BA-YE 巌流島事務局 Tel: 03-4266-8899 E-mail:inoki@ganryujima.jp
巌流島ウェブサイト:   https://www.ganryujima.jp
猪木元気工場ウェブサイト:https://www.inokigenki.com
日時:2022年12月28日(水) 開場13:00 開始15:00
会場:両国国技館
主催:INOKI BOM-BA-YE 巌流島事務局
協力:株式会社猪木元気工場
<イープラス最速抽選先行受付>(PC&スマートフォン)
(2022年11月12日(土)12:00~11月16日(水)23:59)
https://eplus.jp/sf/word/0000037521
イープラス (チケット一般発売日 2022年11月26日(土)12:00~ )
https://eplus.jp/sf/word/17170
チケットぴあ (チケット一般発売日 2022年11月26日(土)12:00~ )
https://t.pia.jp/
ローソンチケット (チケット一般発売日 2022年11月26日(土)12:00~ )
https://l-tike.com/

⼤会コンセプトは“過去のレガシーで未来を⾒せる“
対抗戦は7試合から9試合を予定!

 「令和猪⽊軍」の総監督・晩年の⼀番弟⼦・⼩川直也
参戦選手
・⽣前の猪⽊が可能性を絶賛していた⽇系ブラジル⼈のイゴール・タナベ

イゴール“ファットニンジャ”タナベ/Igor “Fatninja” Tanabe
・猪木とも縁の深かったPRIDEヘビー級四天王として活躍したジョシュ・バーネット

ジョシュ・バーネット/JOSH BARNETT