11月27日(日)「スックワンキントーン 2022 FINAL」和田静里奈(せりな)出場辞退について主催側より謝罪文発表!

 11月27日(日)東京・新宿FACEで開催されるスックワンキントーン2022年最終大会「SUK WAN Kingthong/スックワンキントーン 2022 FINAL」の第2部・第2試合に予定されていた吉成乃亜(エイワスポーツジム) vs. 和田静里【せりな】(ブーパンレックムエタイジム)の試合は、和田サイドからの申し出により、出場辞退・中止となったと11月17日、主催者側から発表があったが、日付の変わった18日に主催側から食い違いや認識不足と謝罪文が発表された。

【公式謝罪文】
SNS等で今回の試合中止に関してお騒がせしており、当方の(主にタイ人同士のやりとりで)勘違いや確認不足によるものが主な原因とわかり、大会プロモーターのナクシンより謝罪致します

2022年11月27日(日)東京・新宿FACE「SUKWANKINGTHONG(スックワンキントーン)」の大会で予定していた吉成乃亜選手(エイワスポーツジム)と和田静里奈選手(プーパンレックムエタイジム)の試合中止に関しましての説明をさせていただきます。
関係者及び出場選手の皆様に多大なご迷惑とご心配をおかけしたことを先に謝罪させて頂きます。
今件に関しましての説明をさせて頂きます。

1・吉成選手の所属ジムであるエイワスポーツジムの同意を得ずに対戦相手と大会出場を進めてしまいました。
契約体重及びルールに関して双方同意がない状況で試合発表をしてしまったことが大きな要因であります。

2・和田選手への試合のオファー時に、吉成選手側への説明が皆無の状況にも関わらず試合条件などを独断で判断し公表してしまいました。

3・47キロで契約締結後の試合中止に関して
47キロで吉成選手、和田選手ともに契約締結
主催者である、当方の調整ミス、各ジムへの説明と同意の確認不足により、出場選手及びジム関係者皆様、本試合を楽しみにしていたファンの皆様には多大なるご迷惑とご心配をおかけしたことを謝罪させていただきます。
各SNS等での情報が錯綜していますが、エイワスポーツジム側からの体重変更、ルールの変更の申し出は一切ありませんでした。
和田選手に対しましても、当方の説明と同意が大きく不足していた為に不信感を抱かせてしまいましたことを謝罪させて頂きたく思います。
関係者皆様に誤解なくお願いします。

スックワンキントーン
ナクシン ナターポン

・この件に関して和田静里と契約している朝倉未来は、自身のTwitterで“電話も全て録音している”と語っている。

朝倉側(和田静里)エイワスポーツジム(吉成乃亜)側のTwitterでは体重の件で食い違いがあるが、それは主催者側と朝倉側のやりとりだったのかもしれない。何にせよ和田静里はプロデビュー、吉成乃亜は次戦へ向けて気を取り直してもらいたい。

■ SUK WAN Kingthong/スックワンキントーン 2022FINAL
日時:2022年11月27日(日) 
第1部 12:00開場 13:00開始
第2部 16:30会場 17:30開始
会場:東京・新宿FACE
入場券
RS席15,000円 カウンター席12,000円 S席10,000円 A席7,000円 ※未就学児無料
販売 ノーナクシン東京 出場選手各ジム、未就学児無料
HP:SUK WANKINGTHONG

【2部】
<メインベント第10試合 57.5㎏契約 3分3R>
オートー・ムアンパープーン (ノーナクシンムエタイジム)170cm  87戦53勝32敗2分
元ラジャダムナンスタジアム認定バンタム級6位 元ムエサイアム中部フライ級王者 
 vs.
コンコム・レンジャージム(レンジャージム)163cm 99戦90勝9敗

<第10試合 72㎏契約 3分3R>
バス・レンジャージム 172㎝㎝ 81戦50勝31敗
・WNC65㎏王者 
・キックボクシングFung70㎏王者
 vs.
高木覚清(RIKIX)180㎝ 16戦10勝5敗1分

<セミファイナル第9試合 62㎏契約 3分3R>
川原龍弥(北流会君津ジム)179㎝ 16戦10勝6敗
・元WMCスーパーフェザー級王者
 vs.
内田雅之(KICK BOX)170㎝ 57戦33勝14敗10分
・元新日本キックボクシング協会フェザー級王者 
・JKAライト級2位

<第8試合 バンタム級 3分3R>
リュウノスケ・ウォーワンチャイ(ウォーワンチャイプロモーション)160㎝ 23戦13勝9敗1分
 vs.
武蔵(NOPPADET GYM) 5戦4勝1敗 17歳 170㎝
スックワンキントーン スーパーバンタム級3位

<第7試合 61㎏契約 3分3R>
スアノーイ(トースームエタイジム)165㎝ 45戦25勝15敗5分
 vs.
清宮拓(フジマキックムエタイジム)175㎝ 6戦2勝3敗1分

<第6試合 62kg契約 3分3R>
小林司(sports24)174㎝ 5戦5勝
 vs.
古河拓実(KICK BOX)178㎝ 3戦3勝

<第5試合 59㎏契約 3分3R>
近藤拓(sports24)174㎝ 4戦3勝1敗
 vs.
渋谷昂治(東京町田金子ジム)172㎝ 7戦3勝4敗

<第4試合 スーパーバンタム級 3分3R>
安河内秀哉(RIKIX)171㎝ 2戦1勝1敗
 vs.
建石幸紀(BTCGYM)170㎝ 3戦1勝1敗

<第3試合 60㎏契約 3分3R>
戸田龍将(トライハードジム)177㎝ 2戦2勝
 vs.
須藤誇太朗(フジマキックムエタイジム)175㎝ 1戦1勝

<第2試合 47,5㎏契約 2分3R>中止
吉成乃亜(エイワスポーツジム)157㎝ 3戦3勝 スックワンキントーンサマックレン48㎏王者
 vs.
和田静里奈(プーパンレックムエタイ)158㎝ デビュー戦 極真ヨーロッパ王者棄権の為

<第1試合 67㎏契約 3分3R>
MASA(クラミツムエタイジム)171㎝ 5戦2勝3敗
 vs.
水越禅(リバイバルジム)180㎝ デビュー戦
・スックワンキントーンサマックレン67㎏王者

【1部】

上段から:スーパーボーイ vs. 康輝、石川直樹 vs.伊藤勇真、ペットルークオン vs.狂猫YOKKO

<メインイベント第8試合 70㎏契約 3分3R>
スーパーボーイ ルークプラバーツ(タイ/176㎝ 150戦100勝45敗5分  
 vs.
康輝(キングムエ/183㎝ 13戦7勝6敗)

<ゼミファイナル第7試合 55㎏契約 3分3R>
石川直樹(teamLIT)171cm 40戦23勝9敗8分
・元スックワンキントーン スーパーフライ級王者 
・新日本キックボクシング及びJKAフライ級王者
 vs.
伊藤勇真(キングムエ)170cm 30戦16勝13敗1分
・元WPMFフライ級王者

<第6試合 48㎏契約 2分3R>
ペットルークオン サーリージム(タイ/161㎝ 43戦35勝7敗1分
・タイ国イサーン地方女子-45kg級王者
・パタヤ テーパシットスタジアム女子-47kg級王者など4冠王
 vs.
狂猫YOKKO(bring it on) 160cm 9戦6勝3敗 
・チェンマイスタジアム50㎏王者

<第5試合 26㎏契約 3分3R ジュニアムエタイマッチ>
プーンコン・スワンアーハンピーマイ(タイ) 129cm 25戦15勝10敗
 vs.
岩佐昌(D-BLAZE) 131cm 27戦21勝6敗
・スッワンキントーン26kg王者 
・スマッシャーズ25kg王者

<第4試合 26㎏契約 3分3R ジュニアムエタイマッチ>
セーリペープ・スワンアーハンピーマイ(タイ) 127cm 31戦21勝10敗
 vs.
武内太陽(D-BLAZE) 128cm 24戦16勝6敗2分 
・WMC25kg王者 
・knockout25kg王者

<第3試合 51㎏契約 2分3R>
片岡真秀(チームタイガーホーク)167cm 2戦2勝
 vs.
YURIKO・SHOBUKAI(尚武会)162cm 2戦1勝1敗

<第2試合 フライ級 3分3R>
阿部温羽(チームタイガーホーク)164cm 2戦1勝1敗
 vs.
秋田巴琉(キングムエ)171cm デビュー戦

<第1試合 48.5㎏契約 2分3R>
ミナミ(アントジム)165cm 2戦1敗1分
 vs.
RENA・SHOBUKAI(尚武会)158cm 1戦1敗

オープニングファイト 
スックワンキントーンサマックレン85㎏タイトルマッチ


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
▼スックワンキントーン大興奮の武蔵2-1中島凛太郎や女子デビュー戦も

[ファイトクラブ]スックワンキントーン大興奮の武蔵2-1中島凛太郎や女子デビュー戦も

※600円電子書籍e-bookで読む(カード決済ダウンロード即刻、銀行振込対応)
’22年10月20日号Extreme Rules 猪木追悼第2弾 新日両国 スックワンキントーン後楽園