2023・1・6『3150FIGHT vol.4』新怪物候補・重岡銀次朗が世界初挑戦谷口将隆・防衛戦とのダブル世界タイトルマッチ発表!

 亀田興毅がプロデュースするボクシングイベント「3150FIGHT」は、2023年1月6日(金)エディオンアリーナ大阪 第1競技場にて『3150FIGHT vol.4』を開催いたします。この度、「3150FIGHT」初のダブル世界戦が実現することが決定しました。こちらに伴う発表会見を行った。
 先日の第一弾発表会見では、現日本ヘビー級王者・但馬ミツロ(KWORLD3)、現東洋太平洋スーパーフェザー級王者・力石政法(緑)、日本スーパーフェザー級6位の奈良井翼(RK蒲田)の出場が発表され、本記者会見では、亀田興毅ファウンダーより『3150FIGHT vol.4』にて「3150FIGHT」として初の世界戦開催となる、世界戦2試合の対戦カードが発表されました。『IBF世界ミニマム級タイトルマッチ』王者 ダニエル バラダレス(メキシコ)VS 同級5位 重岡銀次朗(ワタナベ)および、『WBO世界ミニマム級タイトルマッチ』王者 谷口将隆(ワタナベ)VS 同級2位 メルビン・ジェルサェム(フィリピン)のカードが発表された。

 具志堅用高さんは重岡選手に対し、自分が生きてる間に、防衛記録を超えて15回防衛することができる!とメッセージし、こちらを受け重岡選手は、「具志堅さんからも記録を超えていいと許可をいただいたので、
先すぎてまだ分かりませんが、20回防衛くらいいこうかなと“ガチで”思っています。応援よろしくお願いします。」と強気にアピールをした。

 谷口選手は会見中、「竹原さんから“気合を入れてほしい”」と気合いのビンタをもらいたいと直訴。竹原さんも要望に応え、故アントニオ猪木さんを彷彿とさせるような“闘魂ビンタ”で激励し、竹原さんは「ビンタをした時よけられたから、防衛できると思う。(笑)」と微笑んだ。

■ 3150FIGHT vol.4
日時:2022年 1月6日 (金)
開場:12:30 試合開始:13:00
会場:エディオンアリーナ大阪 第1競技場(地下鉄各線「なんば」駅から350m)
主催:亀田プロモーション​

<IBF世界ミニマム級タイトルマッチ>
ダニエル バラダレス(メキシコ)
vs.
重岡 銀次朗(ワタナベ)

<WBO世界ミニマム級タイトルマッチ>
谷口 将隆(ワタナベ)
vs.
メルビン・ジェルサェム(フィリピン)

<フェザー級8回戦>
日本スーパーバンタム級5位
中川 麦茶(一力)
vs.
山下 賢哉(JB SPORTS)

<ウェルター級4回戦>
福重 浩輝(KWORLD3)
vs.
藪吹 リョー(折尾)

<スーパーフライ級4回戦>
森本 竜馬(KWORLD3)
vs.
芝野 浩記(スパイダー根本)

「3150FIGHT vol.4」​ チケット情報

■チケット券種:
SRS席 50,000円 RS席 30,000円 A席 15,000円 B席 10,000円 2階B席 10,000円​
3150チケット2階席 3,150円(NEW!)

▽「ローソンチケット」にて先行発売(先行販売11月4日~11月20日)※一般発売11月25日~
Lコード:52886
https://l-tike.com/order/?gLcode=52886

▽「チケットぴあ」にて先行発売(先行発売11月11日~11月20日)※一般発売11月25日~
Pコード:854-316
https://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventCd=2240532