スティーブ・マクリーンが有刺鉄線マッチで勝利!Impact Wrestling Victory Road 2022

(C)TNA

 9月23日(現地時間・放送日)にテネシー州ナッシュビルで『Impact Wrestling Victory Road 2022』が開催された。
 この大会は9月のビッグマッチでメインでは、抗争が続くサミ・キャラハン、ムース、そしてスティーブ・マクリーンが3WAYで行われる有刺鉄線虐殺マッチ(バーブドワイヤーマサカーで激突した。狂人キャラのキャラハンは復帰後、ムースと抗争を開始。マクリーンがムースと共闘して二人でキャラハンを襲うものの、共にヒール同士のムースとマクリーンはお互いを信用出来ず仲間割れを起こし、三つ巴でハードコアマッチ、有刺鉄線虐殺マッチを行う事となった。試合は当然、有刺鉄線を使うだけに壮絶なハードコアマッチとなり、三人が血だるまで有刺鉄線で殴られ、叩きつけられる壮絶な展開となった。そんな中、最後はリング中央でキャラハンがマクリーンに必殺のパイルドライバーを決めてフォールしたが、なんとマクリーンがカウントツーで返す。更にキャラハンが再度、パイルドライバーを決めようとするが、そこでマクリーンがキャラハンに急所打ちローブロー。更にマクリーンはキャラハンを有刺鉄線へDDTを決めてフォール勝ち。伏兵マクリーンがキャラハンからフォールを奪って、このハードコア戦を制した。
 現インパクト世界王者であるジョシュ・アレキサンダーは、王座挑戦権を持つROH軍団オナー・ノーモアのリーダー、エディ・エドワーズと6人タッグマッチで激突。ROH軍団を一人でつけ狙っていたヒースにアレキサンダー、そしてリッチ・スワンが加勢した結果、エドワーズもマット・ターバン、マイケル・ベネットを引き連れて対抗。試合は六人が入り乱れる大乱戦となるが、最後はなんとエドワーズボストン・ニーパーティから必殺のダイハード・ドライバーをアレキサンダーに決めて、リング中央でピンフォール勝ち。現役王者から直接フォールを奪っての勝利で、エドワーズが王座奪回を猛アピール。今回の前哨戦はエドワーズという形になった。
 また、ROHやWWE NXTで活躍したボビー・フィッシュがリングに登場。戦いを求めてやってきたとアピールし、何癖をつけてきたラージ・シンらを返り打ち。インパクト・レスリングに本格参戦する事になりそうだ。

■ Impact Wrestling Victory Road 2022
日時:2022年9月23日(現地時間・放送日)
会場:アメリカ合衆国テネシー州ナッシュビル

<バーブドワイヤーマサカー(有刺鉄線虐殺マッチ)>
○スティーブ・マクリーン
 ピンフォール
●サミ・キャリハン
ムース

<ノックアウト王座タイトルマッチ>
○ジョーディン・グレイス(王者)
 ピンフォール
●マックス・ジ・インペイラー(挑戦者)

<6人タッグマッチ>
○ROH軍団オナー・ノーモア(エディ・エドワーズ、マット・ターバン、マイケル・ベネット)
 ピンフォール
●ジョシュ・アレキサンダー、リッチ・スワン、ヒース

<次期Xディビジョン挑戦者決定トリプルスレットリボルバー>
勝者:フランキー・カザリアン
アレックス・ゼイン、ブラック・トーラス、ケニー・キング、ラレド・キッド、ミア・イム、トレイ・ミゲル、ユウヤ・ウエムラ

<シングルマッチ>
○ミッキー・ジェームス
 ピンフォール
●ジゼル・ショー

<タッグマッチ>
○モーターシティ・マシンガンズ(クリス・セイビン & アレックス・シェリー)
 ピンフォール
●ROH軍団オナー・ノーモア(PCO、ヴィンセント)

<Xディビジョン王座タイトルマッチ>
○マイク・ベイリー(王者)
 ピンフォール
●デリリアス(挑戦者)