SmackDownマーフィーSロリンズ駆逐!Dブライアン打破ジェイ・ウーソ

©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

 あくまでPPV『サバイバーシリーズ』直前の仕込み回ではあるが、ミステリオ家側に入ったマーフィーが、上司だったセス・ロリンズを好試合で駆逐とか、ジェイ・ウーソ売り出しの際に負けていたダニエル・ブライアンがリベンジの番組トリまで、中身的には途中にはベイリーも。そして対戦が予定されるサーシャ・バンクス、アスカも顔見世と、全体としてうまく構成された現地地上波FOXの「金曜用夜8時」人気番組ではあった。


 番組はニューデイ&ストリート・プロフィッツのベビーフェイスに、サミ・ゼイン、ドルフ・ジグラー&ロバート・ルード、キング・コービンというヒール軍の8人タッグから。

 職人ヒール軍が引っ張ってくれるんで・・・。モンテズ・フォードのフロッグスプラッシュでサミ・ゼインが寝るケツだが、元エル・ジェネリコのゼインはしゃべれるから面白いのだ。さて、(ゼイン台詞)「プロテクトされてきた」PPVでのボビー・ラシュリー戦どうするか。


 結局女子のサバイバーシリーズ予選はケガもあり計画ゴタゴタの二転三転。ベイリーが選ばれたとなって、リア・リプリーはいきなりここでは出てこず。おまけにずっと負けてるナタリアがタミーナとシングル戦って・・・。

 おばさんのシャープシューターが決まってとなるんだが、RAWチームとの闘い、注目はやはりリア・リプリーがどう絡むかなんじゃなかろうか。


 番組としては、PPVにせずにここでマーフィーとセス・ロリンズを組んだことが目玉ハイライトだろう。大人のファンにはマーフィーズロウが決まるケツはお見通しにせよ、中身が素晴らしかった。

 秘密兵器と言われ続けるも、『205 LIVE』見てたユニバースは少ないとかだったマーフィーがシングルとして世間に認知された試合でもある。救世主ギミックのせいで損していたセス・ロリンズの上手さを指摘しないと不公平になろう。ここで負けて、いよいよベッキー・リンチの元へ「お産休暇入り」となる。日本ではまだまだ亭主の方の有給休暇は普及してないんだが結構なことだ。


 大衆視聴者はSmackDownにサーシャ・バンクスが出てこないと納得しないのだ。詳細は以下に譲るが、サバイバーシリーズのケツにカーメラが絡むことはお約束になってしまった。


 番組トリは、選抜予選の方でジェイ・ウーソが撃破していたダニエル・ブライアンにとってのリベンジ戦。なるほど、PPV直前回でケリをつけておこうということで、フロッグ・スプラッシュをヒザ迎撃にしたブライアンの勝利に。ブライアンが老けているように見えるのが気がかりだが、うまく2時間番組は構成されていた。

■ WWE SmackDown
日時:11月20日(現地時間)
会場:米フロリダ州オーランド サンダードーム(アムウェイ・センター)

◆レインズとマッキンタイア調印式対峙「戦争に備えておけ」「お前は2番手の王者だ」

 PPV「サバイバー・シリーズ」での王者対決が発表されているユニバーサル王者ローマン・レインズとWWE王者ドリュー・マッキンタイアが調印式で舌戦を展開した。レインズ(withポール・ヘイマン)がブーイングの中でリング上のテーブルにつくとマッキンタイアは契約書にサインして「俺を見くびらないようにアドバイスする。残り2日間で戦争に備えておけよ」と挑発した。これにレインズが「お前は2番手の王者だ。俺はWWEの顔でトライバルチーフだからな。お前は俺のお気に入りのNo.2でいることだ」とマッキンタイアを格下王者扱いして契約書にサインすると、2人は睨み合って火花を散らした。レインズとマッキンタイアの王者対決が行われるPPV「サバイバー・シリーズ」は日本時間11月23日にWWEネットワークで配信される。

◆“女子王者対決”を前にアスカの挑発止まらず…「お前は私の“ボス”じゃない」

 RAW女子王者アスカとSD女子王者サーシャ・バンクスがPPV「サバイバー・シリーズ」の女子王者対決を前にリングで対峙した。番組開始前にアスカは「サーシャ、サバイバー・シリーズを無茶苦茶楽しみにしてるわ。あなたを倒すことを…」とツイッターで勝利宣言すると、リングでも「お前は私の“ボス”じゃない」と“BOSS”サーシャを挑発。サーシャは「(大阪弁でわめく)アスカは面白いわね。でもPPVは笑いごとじゃないのよ。バンク・ステートメントでタップ勝ちしてやる」と勝利を予告して舌戦を展開した。これにアスカがジョン・シナの真似をして「見えっこねぇ」と言い返すとサーシャは「PPVを待たなくてもいいのよ。アスカは私がベストの中のベストだって知るべきだわ」と怒りだした。

 アスカは続けて「お前は私に敵わない」とお決まりのセリフを言い放つと、いきなり現れたカーメラが背後からサーシャを襲撃。カーメラは「背後に気を付けろって言っただろ。ボスタイムは終わりだ」と言ってサーシャの顔面にスーパーキックを放ってKOした。アスカ対サーシャの女子王者対決が行われるPPV「サバイバー・シリーズ」は日本時間11月23日にWWEネットワークで配信される。