SmackDownインターコンチ戦-マット・リドルAJスタイルズ!アスカ&ニッキー・クロス組実現

©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

 ネットワーク配信だけの大会とはいえ、一応はPPVという慣例表記になる『ザ・ホラーショー at エクストリーム・ルールズ』なんだが、それの2日前になる直前回となれば、最後の仕込みとなるも、やはり目につくのはコロナ感染欠席で陣容が弱体化していることだろうか。Impact Wrestlingのかなりの数の選手が土曜夜のPPV大会『Slammiversary』前に契約切れ。このご時勢だからインパクト側もそのままににして延長も更改もしないケースが大半とも噂され、アレクサ・ブリスの『モーメント・オブ・ブリス』コーナーのゲストは「X」と煽られたので、専門媒体的には誰だろうと関心があったのだが、出てきたのはRAW所属のアスカ・・・。まぁ結局はブランド分けもクソもなく、RAWにもNXTにも出張するベイリー&サーシャ・バンクスともども、仕事の出来る選手がこっちにも出てくると。ちなみに、インパクトも出ていく選手を放置だけではなく、カール・アンダーソン&ルーク・ギャローズとの正式契約は発表。新日本にも出られる契約とのことだ。また、EC3も戻ってくる。


 SmackDown番組冒頭はニューデイからで、セザーロ&中邑真輔が出てきたから、「なんや、先週の続きかいな、芸がない」と思いながらいい加減に見ていたら、いつまでたってもシンスケが出てこず、やっとビッグEとセザーロのシングル戦だと気が付くという・・・。ただ、過小評価戦士セザーロの株は上がってるが、シンスケはちょっと脇役扱いになっている感はあろう。当然ここは(イタリア系だけど)「スイスの怪物」のニュートライザーが決まるので、『ザ・ホラーショー』の試合形式は”テーブル”とユニゾンするところだけ結束の外国人軍なのだった。


 そしてブリスのセグメントになり椅子がリングに運び込まれるんだが、トークよりも試合ということで、出てきたアスカがニッキー・クロスと組んでベイリー&サーシャと闘うと。実況でも触れられていたがアスカとニッキーとなればNXT時代の『ラストマン・スタンディング』があり、日本のユニバース的にも魅惑のコンビとなろう。

 ただ、ベイリーが両足をループにかけてのフォールという”言い訳”こそつけていたが、またニッキーがお仕事役ってどうなのか。ただ、連敗したことで『ザ・ホラーショー』のシングルは・・・という興味は出てきたのである。なにしろニッキーもNXT時代のメイクはホラー仕様だったのだ。まぁ楽しみにはなったかも。


 ブレイ・ワイアットのプロモは、ルイジアナ?の沼地で今度はワニだけでなく蛇がぐにょぐにょと映像かぶさっていたんだが・・・。続いてブラウン・ストローマンがジョン・モリソンをスクワッシュしてしまう試合と合わせて、ワイアットvs.ストローマンが目玉と言われても・・・。ライト層にはこれでいいんだとの考えなんだろうが、漫画というよりお子様ランチかと。それにしても滅茶滅茶上手いジョン・モリソンを、この扱いにするのはいかがなものか。


 前回のカラオケ大会が異常に評判悪かったというのに、レイシー・エバンスvs.ナオミのシングルって、そりゃ女神マンディ・ローズとオーティスのグループは全員コロナで隔離だから、こういうカードで繋ぐしかない。正直どうでもいい内容ではある。


 やっとトリは、マット・リドルがAJスタイルズのインターコンチ王座に挑むまともなカード。前回マットが勝ったから、そのまま王座交代になんかならないことは誰もがわかっているんだが、それでもクリーン・フォールか一本でない限り王座移動ないのだから、やり方はいろいろ考えられたとは思うものの、丸め込みで普通に1,2,3が入るというフィニッシュ。

 ただ、そこが番組の終了ではなく、リドルとAJが健闘を称えあって握手しようとした際に、キング・コービンがリドルを背後から襲うという幕切れにしてたんだが、バチンと最初の一撃にせよ、コービンはプロレスの教科書通りにうまくやってるなぁと関心したのはあったかも。なにかと悪く言われがちなんだが、技術は使いこなせている選手なのだった。

■ WWE SmackDown
日時:7月17日(現地放送時間)
会場:米フロリダ州オーランド パフォーマンス・センター

◆中邑真輔&セザーロ対ニュー・デイのSDタッグ王座戦がPPVで決定

 中邑真輔&セザーロとニュー・デイのSDタッグ王座戦がPPV「ザ・ホラーショー・アット・エクストリーム・ルールズ」で決定し、その試合形式をかけてセザーロとビックEが激突した。セザーロが得意のアッパーカットで攻め込むと、ビックEもベリー・トゥ・ベリー3連打やビック・スプラッシュで反撃。さらにセザーロがジャイアントスイングからシャープシューターを決めて攻め込むと、終盤にはセコンドの中邑がレフェリーの死角でビックEにハイキックを決めてアシストすると、続けてセザーロが必殺のニュートラライザーでビックEを沈めて3カウント。

 勝利したセザーロと中邑は「先週、コフィとビックEをテーブルに叩き付けたのは最高だったな。PPVはテーブル戦だ」とSDタッグ王座戦の試合形式を“テーブル戦”に決定した。中邑&セザーロとニュー・デイのSDタッグ王座戦が行なわれるPPV「ザ・ホラーショー・アット・エクストリーム・ルールズ」は日本時間7月20日にWWEネットワークで配信される。

◆アスカ&ニッキーが異色タッグも前哨タッグ戦で勝利届かず

 RAW女子王者アスカがニッキー・クロスとの異色タッグでベイリー&サーシャ・バンクスとPPV前哨タッグ戦で激突した。PPV「ザ・ホラーショー・アット・エクストリーム・ルールズ」ではアスカ対サーシャのロウ女子王座戦、ニッキー対ベイリーのSD女子王座戦が決定している中で、アレクサ・ブリスの“モーメント・オブ・ブリス”でニッキーとSD女子王者ベイリー&サーシャが舌戦を展開。そこへアスカがサプライズ登場すると5人入り乱れての乱闘からタッグ戦に発展した。試合が始まるとニッキーがベイリーに襲い掛かるも、ベイリー&サーシャのチーム攻撃に捕まって劣勢の展開。

ジュリア調なら「こらぁ、乳出してんじゃねぇよ」かもだが、アスカ&ニッキーは尻振ってのダンスを実況席上で披露


 なんとか交代したアスカがショルダータックルやスライディング・ニーで攻め込めば、息を吹き返したニッキーもクロスボディをサーシャに決めると解説席に上がって反撃成功をアピール。さらに試合終盤ではアスカがサーシャのメテオラをかわしてハイキックを決めるも、最後はベイリーがロープを使ってニッキーを丸め込んで3カウント。アスカ&ニッキーは前哨タッグ戦で互角の攻防を展開するもベイリー&サーシャに無念の敗戦を喫した。アスカ対サーシャのRAW女子王座戦、ベイリー対ニッキーのSD女子王座戦が行なわれるPPV「ザ・ホラーショー・アット・エクストリーム・ルールズ」は日本時間7月20日にWWEネットワークで配信される。

◆ワイアットが“スワンプ・ファイト”で「お前を破壊する」とストローマンを挑発!

 ブレイ・ワイアットがPPV「ザ・ホラーショー・アット・エクストリーム・ルールズ」の“スワンプ・ファイト(沼地戦)”で激突するブラウン・ストローマンに不気味なメッセージを送った。沼地前からVTR映像で登場したワイアットは「沼地は美しくて平和だ。ストローマンはまるで迷った羊が家を探しているようだった。そして家(沼地)を見つけた。俺は真実、目的を与え、モンスターのお前を作り上げた。モンスターは去ってしまったが、沼地は一度入ったら抜けられないぞ。俺はモンスターのお前を破壊する」と“師弟対決”向けてストローマンを挑発した。

 これにストローマンは「ワイアットに破壊される前に俺は沼地に行ってワイアットを終わらせる」と感情を爆発させると、ジョン・モリソン(withザ・ミズ)と対戦。「カモーン」と挑発したストローマンは捕まえたモリソンを投げ飛ばすと、チョークスラムを決めて圧倒。最後はストローマンが必殺のランニングパワースラムで沈めてモリソンに何もさせずに圧勝した。試合後、ストローマンは「ワイアット見てるか。俺は“家(沼地)”に帰るぞ」と決戦を前にワイアットにメッセージを送り返した。ワイアット対ストローマンの“スワンプ・ファイト”が行なわれるPPV「ザ・ホラーショー・アット・エクストリーム・ルールズ」は日本時間7月20日にWWEネットワークで配信される。


▼ザ・ホラーショー目には目を!アスカ名勝負サーシャ&ベイリー王座強奪NC

[ファイトクラブ]ザ・ホラーショー目には目を!アスカ名勝負サーシャ&ベイリー王座強奪NC

▼最後のカイリ・セイン勝利!ゲロ吐きセス・ロリンズ本音にRAW視聴率

[ファイトクラブ]最後のカイリ・セイン勝利!ゲロ吐きセス・ロリンズ本音にRAW視聴率

※500円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’20年07月30日号ノア万感再開 WWE目玉くり貫き カイリ有終の美 RISE女子 猪木酒場