RAW客側マスク選手不参加多数!アスカDマッキンタイアxサーシャDジグラー前哨戦

©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.


 SmackDownから選手観客も一部マスク着用となり、今回のRAWでは割合が増えていたのだが、同時に出てない選手も少なくない。インタビュアーのレネー・ヤングとカイラ・ブラックストンが公表に踏み切って以来、WWEからは公表にストップがかかってしまった。本日出てないからとって、こんなんじゃやってられないとばかり自主的に不参加もありえるので、今回出てない選手がイコール感染者ではないのだが、NXTレフェリーのドレイク・ヤングが駆り出されていることからも、カード変更など大幅に書き直された番組編成であることは明らかだ。また、アンダーテイカーの引退は、SmackDownだけでなくもともとこちらでもやる予定だったのかもだが、その他、アンドラデとエンジェル・ガザの仲間割れが2度にわけて挿入など、明らかに編成に苦慮したことがわかる。今回のRAWが試合内容としてどうだった、誰が勝った負けたは特に今回二の次なのであって、やはりWWE非常事態宣言というのが最大のニュースになろう。


 ゼリーナ・ベガ軍というか、エンジェル・ガザとアンドラデなんだが、最初出番はビッグ・ショーが現れ「ランディ・オートンに言いたいことがある」からも、オートンも欠場のようで替わってバイキング・レイダースという・・・。ここはガザがウイング・クリッパーを決めるのであった。


 結構長いセリフ回しでセス・ロリンズがマンディナイト・メサイヤ様のセグメントを汗だくでこなしていた。カット割りから推察するに、何度もやり直して収録したと思われるが、相変わらずミステリオ親子はリモート画面での出演に。

 結局はアリスター・ブラック&ウンベルト・カリーヨと、セス&マーフィーのタッグ戦に。正直、感染結果が判明して放送できなくなくなったカードもあると思われ、なんとか引っ張っている教祖様なのであった。


 リブ・モーガンとのレズという物語進行はどうなったのかという気もするが、トモダチのいなくなったルビー・ライオットがペイトン・ロイスに負けるカードも挿入。


 二度目のガザ&アンドラデは、大巨人ビッグショーとの2対1のハンディキャップ戦。これは予想通り、途中でガザが花道を引き揚げてしまい、アンドラデがチョークスラムを決められてしまうのであった。

 ポール・ヘイマン監督が左遷されて以来、プッシュされてきたアンドラデはどうなってしまうのだろうか。


 しゃべりが達者なので重宝されているMVPは、勧誘しているUS王者のアポロ・クルーズに勝ってしまうのだが、当然ボビー・ラシュリーがフルネルソンを繰り出すと、リコシェ、セドリック・アレキサンダーも駆けつけるという・・・。


 続いてリコシェがラシュリーと戦うんだが、またお仕事役なのであった。戸澤陽とかせかっく売り出そうとしている若手が、ベテラン選手に寝まくるという明日を考えない方針はどうなのか。


 サーシャ・バンクスはNXTでの紫雷イオ戦が決まったので、男女混合タッグにしたかという・・・。まぁ何度でもサーシャVS.アスカは見たいから、どんどんやってくれと。アスカの横綱番付はなんも揺らいでいないのだ。

■ WWE RAW
日時:6月29日
会場:米フロリダ州オーランド パフォーマンス・センター

◆アスカが不覚の敗戦!ミックスタッグ戦でサーシャに3カウントを許す
 RAW女子王者アスカがミックスタッグ戦で因縁のサーシャ・バンクスから3カウントを奪われて不覚の敗戦を喫した。RAW女子王座戦とWWE王座戦のダブル調印式でロウ・オープニングがスタートするも、先にリングにいた王者アスカとサーシャ&ベイリーは調印式が始まる前から乱闘に展開。すると、そこへドルフ・ジグラーと王者ドリュー・マッキンタイアが登場すると、マッキンタイアはサインをした上で「お前を痛め付けることになるが、試合形式は決めさせてやる」と王者としての余裕を示した。さらにアスカも「このタイトルを取りたかったら取ってみろや! こらぁ!」と挑発すると、サーシャも「私がPPVで2冠王者になって女子部門とこの会社を乗っ取ってやる」とベイリーと共に野望を口にした。この挑発に怒ったアスカがサーシャに蹴りを入れて再び乱闘に発展すると、マッキンタイア&アスカの王者組とジグラー&サーシャの挑戦者組のミックスタッグ戦が決定した。

 番組トリの試合ではアスカがヒップアタックからジャーマン・スープレックス、シャイニング・ウィザードと怒涛の連続攻撃で攻め込むと、サーシャも解説席のベイリーがアスカを挑発した隙にメテオラを叩き込んで激しい攻防を展開。終盤ではジグラーが場外でマッキンタイアをポストに叩き付けると、アスカが飛び付きアーム・バーからアスカロックを狙ったが、最後はアスカがサーシャに丸め込まれて3カウント。不覚にもアスカがサーシャにピンフォールを許して王者組が前哨戦となったミックスタッグ戦で敗戦を喫した。

 アスカ対サーシャのRAW女子王座戦、マッキンタイア対ジグラーのWWE王座戦が行なわれるPPV「エクストリーム・ルールズ:ザ・ホラーショー」は日本時間7月20日にWWEネットワークで配信される。

◆“忍者”戸澤陽がRトゥルースの策略に破れて24/7王座陥落

 “忍者”こと新王者の戸澤陽がRトゥルースと24/7王座をかけて再戦した。先週のでボビー・ラシュリー&MVPの乱入によりRトゥルースから棚ぼた王座奪取を果たした戸澤は忍者軍団を引き連れて登場。試合が始まると、いきなり戸澤がRトゥルースを丸め込んで秒殺勝利を狙ったが、これを回避したRトゥルースが突如「待て!待て!」と左足を怪我した素振りを見せる策略を展開。するとこれで動きが止まった戸澤はそのままRトゥルースに丸め込まれて3カウント。戸澤はRトゥルースの策略に破れて7日間で王座陥落となった。

===================================================

◆紫雷イオとサーシャ・バンクスのノンタイトル戦が決定!

 NXT女子王者紫雷イオと因縁勃発のサーシャ・バンクスがノンタイル戦で激突することが、先日Twitter上でNXTのGMウィリアム・リーガルにより発表された。以前、イオがNXTに乗り込んできたWWE女子タッグ王者サーシャ&ベイリーを追い払ったことで2人の因縁が勃発すると、サーシャは「何様だと思ってるの? 私とあなたで一騎打ちよ」と対戦要求した動画をTwitterに投稿。これにイオも「サーシャ、ベイリー、私のNXTへようこそ! 前回と同じ結果になることを覚悟しておいてね」と動画で返答してNXT女子王者としての貫禄を見せると、リーガルGMによって“ザ・グレート・アメリカン・バッシュ”と題した次回NXTで2人が対戦することが決定された。大物との対戦が続くイオは“女王”シャーロット・フレアーからの王座奪取に続き、“ボス”こと強敵サーシャに勝利することができるのか? イオ対サーシャの一戦がおこなわれるNXTは日本時間7月3日からWWEネットワークでVOD 配信される。

※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
▼ジョーイ・ライアン業界追放マイケル・エルガン失職!フロリダ9,585人

[ファイトクラブ]ジョーイ・ライアン業界追放マイケル・エルガン失職!フロリダ9,585人

▼続く秋山準風波~Rフレアー伝説とWWE~ZERO1暗礁~希望の探求

[ファイトクラブ]続く秋山準風波~Rフレアー伝説とWWE~ZERO1暗礁~希望の探求

※500円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’20年07月09日号DDT秋山準 ZERO1脱走 StrongStyle 川上スターダム AEW水曜戦争NXT