一度はダウンもAオーフレイムが形勢逆転のKO勝利!UFCフロリダ

(C) Zuffa LLC/UFC

 日本時間5月17日(日)、アメリカ・フロリダ州ジャクソンビルのVyStarベテランズ・メモリアル・アリーナを舞台にUFCファイトナイト・フロリダが開催され、メインイベントではヘビー級のアリスター・オーフレイムとウォルト・ハリスが対戦した。
 開始早々にハリスがオーフレイムをノックダウンし、パウンドを浴びせてフィニッシュのチャンスを得るも、懸命にピンチを脱したオーフレイムが形勢を逆転させていく。2ラウンドの幕開けと共に前に出たオーフレイムは力強いヘッドキックでハリスをダウンさせると、追い打ちをかけてフィニッシュ。レフェリーの静止をもってオーフレイムのTKO勝利となった。
 娘を亡くしてから初めての試合を迎えたハリスは敗戦後、「まず何よりUFCに感謝したい。素晴らしい対応をしてくれた。妻と家族を代表して感謝したい。UFCには頭が上がらない。デイナ、ミック、ハンター、そしてUFCのみんな、装備担当の人たちも、本当にありがとう」と声を振り絞った。
「ジムのみんなにも感謝したい。コーチのクリス、事件があってから毎日一緒にいてくれた。チームメイト、兄弟のような友達たち、エリックもそうだ。みんなのことを愛している」
「地元のみんなにも感謝しかない。ホームウッドのみんな、今日は勝てなくて申し訳ない。みんなの存在は俺にも家族にとってもなくてはならないものだ」
「ファンにも感謝したい。今日ここにはいないかもしれないけど、家で観ていてくれたらうれしい。これからも俺は強くなる。精神的にも肉体的にもしっかり回復して必ず強くなって帰ってくる」

 セミメインイベントでクラウディア・ガデーリャとアンジェラ・ヒルが対戦した女子ストロー級マッチはフルラウンドにもつれ込む接戦の末、スプリット判定でガデーリャが白星を手に入れた。

■ UFCファイトナイト・フロリダ:オーフレイム vs. ハリス
日時:現地時間2020年5月16日(土)、日本時間17日(日)
会場:VyStarベテランズ・メモリアル・アリーナ(アメリカ・フロリダ州ジャクソンビル)

【メインイベント】
<ヘビー級マッチ 5分5ラウンド>
○アリスター・オーフレイム
 2ラウンド(3分00秒)TKO
●ウォルト・ハリス

アリスター・オーフレイム
「ウォルトは最高なヤツだ。娘さんの事件で彼の経験したことは本当につらいことだと思う。しかも、今は新型コロナウイルスで大揺れだし、俺たちがしっかりがんばることがとても重要だと思っている。今日は最高の俺で勝負した。真剣にトレーニングキャンプに励んできたし、細かいところもしっかり取り組んできた。とにかく、くじけずにがんばるしかない。それはきっとウォルトにとっても大事なことなんだろうと思う。彼には脱帽だ。とにかく前に進み続けることじゃないかな。俺はトレーニングにこだわってきた。チーム・エレベーションは最高だよ。あらゆる状況に対応できるようにしてくれたし、最高のスパーリングパートナーとチームメイトを持てたと思っている。カーティス・ブレイズやザック、タイ、本当にみんな最高だし、素晴らしいケミストリーなんだ。ただ、試合となれば、個人的な意見だけど、いろいろと反転するものだと思うから、あまり考えすぎないことだ。今日まさに俺がやったようにね。とにかく対応して、あまり考えすぎないこと。俺が集中しているのは2つ。ひとつはもう一度、タイトルに挑戦すること、それからキャリアを終えることだ」

【セミメインイベント】
<女子ストロー級マッチ 5分3ラウンド>
○クラウディア・ガデーリャ
 判定2-1(29-28、29-28、28-29)
●アンジェラ・ヒル

クラウディア・ガデーリャ
「かなり気持ちを見せられたと思う。私はジャングル育ちよ。ブラジルの北東部地方の出身なの。とても貧しいところで育って、本当にしんどい生活だった。今は素晴らしい生活がある。私にとっては家族がすべて。昔は家族とあまりいい関係じゃなかったんだけど、戦うことが家族と良い関係を築く方法を教えてくれた。それが一番の目標のひとつだったの。母を幸せにすること、父に誇りに思ってもらうこと。まだまだ戦う。これが23試合目。もう長いこと戦っているわね。自分はこのスポーツのパイオニアだと思っている。ここには今日みたいにクレイジーな時間を過ごすために来たし、これで逆境を克服したと分かってもらえたはずよ」

【メインカード】
<フェザー級マッチ 5分3ラウンド>
○ダン・イゲ
 判定2-1(29-28、29-28、28-29)
●エドソン・バルボーザ

ダン・イゲ
「自分がコンテンダーだってことを証明した。ベストファイターたちと肩を並べているし、俺がいるのはそういう場所だ。それを今日はエドソンを相手に証明してみせた。エドソンは本当にすごい人なのに、ここ5試合で一度の失敗があってみんなはそう思っていない。でも、俺はだからといって彼のすごさが消されるわけではないと思う。ハビブやゲイジー、フェルダーみたいにすごい相手にしか負けていないし、今日はその中にイゲも加わったから、そのおかげで世界トップの1人として俺の名前も売れるってもんだ。だから、今日は勝ててうれしい。これで自己満足するつもりはないよ。エドソンみたいな相手に勝っただけじゃなくて、これからは目の前に本当の試練がやってくるんだからね。みんなに注目されるだろうし、対策を練ってこられるだろう。俺がホンモノだってことをみんなにもっと知ってもらえるはずだ。誰かのために走り回るマネジャーなだけではない。俺はファイターだ。世界トップの1人なんだ」

<ミドル級マッチ 5分3ラウンド>
○クリストフ・ヨトゥコ
 判定3-0(27-30、28-29、28-29)
●エリク・アンダース

クリストフ・ヨトゥコ
「向こうはプレッシャーをかけたがっていたし、ノックアウトを狙っていたから、やってやろうと思って。戦いたかったから。ちょっと近寄ってきていたけど、別に問題ないし、それが向こうのゲームプランだっただろうからね。俺のゲームプランは試合に勝つことだった。人生を満喫しているし、本当に楽しくて、どんどん良くなっている気がする。体は100%健康だ。いつでも次の試合ができる。明日でもいいくらいだ。まだまだ成功への序章にすぎない。3連敗からのカムバックだから、ここから3連勝といきたいね。2020年末にはトップ5にいたいんだ」

<フェザー級マッチ 5分3ラウンド>
○ソン・ヤドン
 判定3-0(29-28、29-28、29-28)
●マルロン・ヴェラ

ソン・ヤドン
「スプリット判定になるかなと思っていたんだけど、ユナニマス判定だと聞いて気分が良かった。ただ、今回の試合は調子が出なかったんだ。この試合からたくさんのことを学んだと思うし、チャンスがあるときに試合を見直して、戻ってくるときにはもっと経験を積んでおきたい。正しい道を歩いていると思っているし、自分を正しい道に導いてくれるユライア・フェイバーをはじめ、自分のコーチたちを信頼している」


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
▼ジャンボ鶴田さん命日-墓掘人The Last Ride-V字回復に秘策はあるか

[ファイトクラブ]ジャンボ鶴田さん命日-墓掘人The Last Ride-V字回復に秘策はあるか

▼WWE墓掘人+オーエン・ハート実録-星輝ありさ引退-UFC他世界情勢

[ファイトクラブ]WWE墓掘人+オーエン・ハート実録-星輝ありさ引退-UFC他世界情勢

※500円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’20年05月21日号MITBアスカGスラム墓掘人実録 UFC再開 新日 J鶴田 駆逐コロナ映画

’20年05月28日号オーエン・ハート実録 星輝ありさ 石井智宏 シカティック 馬場さん