AEWハングマン・ペイジ大ブレイク中!ビー・プリストリー志田光が魅せる

(c) AEW


 いよいよコロナウイルスの猛威が米国にも本格上陸、トランプ大統領が緊急声明を出した現地水曜日である。AEWはちゃんとトニー・カーン代表名義で「準備はしている」と声明を出したが、WWEの『レッスルマニア』は大丈夫なのか。

 とりあえず前日配信解禁のAEW DARKからいくと志田光が、ホラー映画キャラのアバトンの血だらけの舌で舐められたりするが、Shida, Shidaの声援が聞こえる若武者は表情の変化がりりしく決まっている。実況では触れてないが、髪型からもアバトンはエキストリーム・メタルの原点ヴェノムのドラマーからだろう。英国出身とは紹介されていたから、ひょっとして娘という可能性もありうる。他にはジミー・ハボックやプライベート・パーティ、図書館員の二人やオカマちゃんソニーKISSも出ていた。DARKまで全部見なさいということなんだろうが、Dynamiteの番組内で少しは紹介しろと思うのだが・・・。

■ AEW Dynamite
日時:3月11日(現地時間)
会場:ユタ州 ソルトレイクの西側ウェストバレーシティ マベリック・センター


 番組はハングマン・ペイジからだが、メインではミステリー・パートナーと組む、ヤングバックスとは組まないというスキッドから。最初の試合はCodyとオルティーズのシングルだったが、ここで先週から吹聴してながら出てこなかった新日本プロレス常連だったランス・アーチャーが、ジェイク”ザ・スネイク”ロバーツと一緒に客席に出てきて観戦と。なるほど蛇男の予告したクライアント(顧客)がランスだったということ。ただ、試合は今回もなかった。

 次は、AEWがWWE丸出しのスキッドになり、子供が生まれるニック・ジャクソンがインナー・サークルにやられてシャッターに挟まれたまま血だけになっているというセグメントに。別の日に撮った気もするが、一般向きバラエティ番組なので漫画のコーナーがあって然るべきとなるんだろうが、日本の視聴者にはどうなのか。救急車と一緒にCody&ブランディやマットたちは車で病院へと消えるが、ここで残った私服でメイクなしのダスティ・ローデスの姿があとのヒントになるという仕掛けである。正直、バカバカしいコントは止めて欲しいとも思うのだが・・・。


 続くが女子タッグで、AEWには久しぶりにビー・プリーストリーが登場。そうか、スターダム大会やってないから、これはチャンスかも。ただ、これから入国、帰国なりちゃんと出来るのかという世界がパンデミック宣言に脅かされている情勢なんであり、日本人選手はスンナリ米国に入れない困った状況にある。


 ただ、観客目線では弱いとされるAEWの女子部門にハードヒットやれる仕事人が来てくれた方が良いには違いない。ナイラ・ローズとのチーム編成に対しては、志田のパートナーは異星人クリス・スタットランダーと。ただ、実況を注意深く聴いていたらタッチされて異星人が出てくるタイミングで、米国のTNTチャンネルではPicture in PictureのCMが入ったようだ(笑)。まぁディレクターだったらそうするよなぁ。

 それでビーと志田の絡みで本格Joshi Puroresuを披露すると。今回は巨体ナイラ・ローズの突進スピアーからビーストボム(ライガーボム)を決めて志田がフォール取られる役だったが、観客はShidaに感情移入しているのは明らかだ。恐らくそうすると思ったが、勝って手の挙がるナイラを仲間のビーがボコり、ベルトを勝手に掲げて王座戦をアピールと。順番はそういうことになるようだ。勝った負けたはどうでもいいが、両方グリーンな選手のマッチメイクはやめてくれなのである。ビーだったら、ナイラがもの凄いモンスターだと錯覚させるお仕事をしてくれるだろう。


 女子といえば、あとの方でブリット・ベイカーがトニー・シェバーニーとユタの観客をこき下ろすヒール演説をやるんだが、お前はしゃべりだけの出番でイイと(笑)。黒人のビッグ・スォールが出てきて「私はちゃんと結婚しているbay bay」とやって、ベイカーのボーイフレンドNXT王者のアダム・コールをからかうのは笑える。


 今回のMJFはブッチャー&ブレイドと組んで、ジャングル・ボーイが受けてるジュラシック・エクスプレスと対戦。それにしてもバニーちゃんのピン・ハイヒール、よくあんなのでリング上がったりとか動けるなぁ。


 そしてお待ちかねのデス・トライアングルの試合お披露目である。今回はプライベート・パティ&ジョーイ・ジャネラ組と。ルチャ兄弟はやっぱりピカ一なのだ。フィニッシュはPACのブラックアロー。ベスト・フレンズとオレンジ・キャシディも出てきて、お約束の「ボクたちホモだち!」のハグをやると。これでいいのだ。AEWはトリオ王座とかやったらどうかというのは、本誌だけでなく既に米国の媒体でも出ている。ただ、イタリアではハグもKISSも当面禁止だと政府が警告している最中だから、教育上はよろしくないと言い出されるかもだが、それよりも大会開催が出来なくなれば、「水曜生TV戦争」はどうなるのかのほうが先かも。影響は余りにも深刻な事態になっている。


 そしてトリのクリス・ジェリコ&サミー・ゲバラと対戦するハングマン・ペイジのミステリーXは、ダスティン・ローデスという・・・。フィニッシュはダスティンのデストロイヤーがサミーに決まり、ペイジのかの鮮やかなバックショット・ラリアットでピンフォール。ペイジはもう完全なメインイベンターに昇格である。


 ただ、例によってインナーサークルが全員出てきて、前回ジョン・モクスリーにやったような花道壇上からのパワーボムで沈めるティーズをやったものの、ここは一応はマット・ジャクソンが助けに入ると。但し、マットとペイジはやはりfuck offとなり、最後の絵はまたまたインナーサークルの勝ち誇った姿だった。王座を失ったジェリコの格を落とさないように、番組エンディングはヒール軍ヒャッホーを繰り返しているのだろう。

◆コロナウイルスにより次週は急遽フロリダ州ジャクソンビルに会場変更


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
▼追悼:ウェイン・ブリッジさんとの追憶!英国プロレスから前田日明まで

[ファイトクラブ]追悼:ウェイン・ブリッジさんとの追憶!英国プロレスから前田日明まで

▼NXTコロナに負けるなTチャンパJガルガノ、Fベイラー、Rリプリーの未来

[ファイトクラブ]NXTコロナに負けるなTチャンパJガルガノ、Fベイラー、Rリプリーの未来

※500円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’20年03月19日号コロナ全米震撼 Elimi スターダム無観客 シードリング Wブリッジ追悼

’20年03月26日号コロナ世界激震WM無観客2日+水曜 WRESTLE-1 Sスタイル女子 カンボジア