つくしメキシコ遠征レポート!最後まで忙しい日々を過ごした

(C)CMLLレディースリング

 つくしのメキシコ2週目は、メキシコの北部モンテレイ大会を終え、飛行機でメキシコシティへ戻った2月10日から行動開始。

 早速この日はレイ・ブカネロの経営するレイ・ブカネロ・アリーナにて生徒に交じってのルチャ練習。ブカネロからルチャのムーブを何パターンも教わり、器用にこなしていく。ブカネロも「彼女は飲み込みが早いので、教えがいがあるよ」とどんどん、レベルを挙げていく。それでもつくしも無事に乗り切り、最後は生徒たちとも仲良くなっていた。「次来ることがあれば、うちの大会でも待ってるよ」と同アリーナ内で定期的に行われている主催興行のオファーも受けた。

 もう一つ、マルセラとの練習を所望していたつくしは、2月13日、ルチャのジムとして名門に当たるシュー・エル・ゲレーロジムにて実現。プロフェソール(先生)として、エル・パンテーラも指導に当たり、教室に参加した選手とともに技術を学ぶ。マルセラからはほぼコンビを組む形で技術を教わり、またルチャの奥深さを感じた。

 マルセラも、「彼女はもっとメキシコにいて、もっとルチャを練習したらさらにいい選手になると思う。また彼女が来たら協力は惜しみません」とサポートを約束。こうしてつくしはルチャの技術を一つ一つ身に着けて行った。

 そして、11日、試合で訪れたアレナグアダラハラ大会では、レジェンドのグラン•コチーセと対面し記念撮影。コチーセは元EMLLのスターで、現在CMLLグアダラハラの現場監督&コーチである。元マスカラ•ドラダ(現WWEのグラン•メタリック)を始め、沢山の弟子がいる伝説的な存在だ。

 また同日はシルエタとも再会。日本で面識があったと言い、「彼女と久々に会えてうれしい。私もまた日本に行きたいし、もし行く機会があったらつくしとタッグを組んでみたい。戦っても面白いね」とエールを送られる。

 さらに、日本やメキシコで指導を受けたネグロ・カサスともリング上で撮影。

 両者の関係はメキシコでも広く知られており、つくしも現地のメディアに向かって「私の先生です」と紹介していた。

 13日の夜には現地のテレビメディアであるClaro Sportsの生放送番組にOKUMURAとともにスタジオ出演。コメンテーターからメキシコの印象や、アレナメヒコの印象を尋ねられ、しっかりとつくしをPR。特にダリスに対しての意識を語り、「明日(14日)のアレナメヒコでダリスから勝ちを狙いに行きます」とコメント。

 また合間にはソチミルコ、アステカスタジアム、ソナロッサ、コヨアカンなどの名所を撮影で巡り、最後まで忙しい日々を過ごした。

 凱旋帰国したつくしはルチャの新たな技術をどう見せてくれるのか、楽しみにしたい。


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
▼感染症興行自粛と業界サバイバル-NXTジャパン全日本サイモン猪木

[ファイトクラブ]感染症興行自粛と業界サバイバル-NXTジャパン全日本サイモン猪木

▼追悼:ウェイン・ブリッジさんとの追憶!英国プロレスから前田日明まで

[ファイトクラブ]追悼:ウェイン・ブリッジさんとの追憶!英国プロレスから前田日明まで

※500円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’20年03月12日号AEW革命 Masters猪木武藤 新日コロナ逆風 KayFabe ブルックリンRAW

’20年03月19日号コロナ全米震撼 Elimi スターダム無観客 シードリング Wブリッジ追悼