2・19はプロレスの日! 興行戦争は断然、新木場TCWが優勝!!

 1954年2月19日、蔵前国技館で力道山&木村政彦組がノンタイトル61分3本勝負でシャープ兄弟を迎え打ち、1-1から時間切れ引き分けとなった。
 それから66年、プロレスの日となった2月19日、水道橋後楽園ホールでは新日本プロレス、一方新木場1stRINGではTCW(Tokyo チャンピオンシップレスリング)第4回大会『ダンスは上手く踊れない』が開催された。
 キャパでは1桁違う会場で興行規模としては比べるべくもないが、内容の方はTCWの圧勝だったと断言したい。


TCWの創設メンバー。向かって右から宮本和志、ジミー鈴木、ガンダーラ鈴木

 まず、会場のキャパからは考えられないブッキングに驚かされる。海外のファン垂涎のWWEオールスターズやダン・スバーン、船木誠勝といったもっと大会場でも充分通用する選手はインディーの域を超えているし、ダン・スバーンvs.船木誠勝戦にはわざわざ和田良覚レフェリーを招聘する贅沢さ。

 

 一方、タイガー木原が真琴に迫りキスを仕掛けタオルが投入されるは、WWEスーパースターズ戦がノーコンテストに終わったかと思うと急遽延長、TAJIRIの毒霧でヤマグチサン悶絶と、“らしさ”全開の試合展開も見せる。

 ダブルメインイベントⅠは、史上初対戦となったダン・スバーンと船木誠勝が一進一退の攻防の末時間切れ引き分け。

 続くダブルメインイベントⅡは、西村修に奪われた自ら率いる団体のベルトを取り戻すべく、ユン・ガンチョルが奮闘。
 しかし西村修の足四の字がガッチリ決まって長時間抜け出せず、和田京平レフェリーがセコンドのタイガー戸口に確認し、レフェリーストップ。

「参ったしてない」「まだやれる」何故止めたんですか」と号泣するユンガンチョルを、大先輩・タイガー戸口がまた挑戦しろと諭した。

 力道山がかつてザ・デストロイヤー相手の演じた死闘は、28分15秒で同じくレフェリーストップ(両者戦闘不能で引き分け)決着となっている。
 力道山に憧れて来日した、韓国の英雄・大木金太郎。その愛弟子・タイガー戸口のチャリティー興行で、その眼前で、力道山にオーバーラップするユン・ガンチョルを、プロレスの日のメインに据えたマッチメークは見事という他はない。

 宮本和志、ジミー鈴木、ガンダーラ鈴木の長いプロレス人生で培った人脈が無ければ不可能だったTCW第4回大会は、リング上に喜怒哀楽を繰り広げ、こうして大団円を迎えた。

 感動は数字では置き換えられないと誰かが言っていた。
 興行としての歩留まりなんて考えない、シビれる興行がまた行えるよう、祈っている。 

■ TCW(Tokyo チャンピオンシップレスリング)第4回大会『ダンスは上手く踊れない』
日時:2月19日(水) 開演19:00
会場:東京・新木場1stRING
観衆:284人(満員札止め)

<メインイベント第2試合 NKPWAヘビー級選手権試合 61分1本勝負>
[王者]
〇西村修
 26分49秒 レフェリーストップ
●ユン・ガンチョル
[挑戦者]
※西村修が初防衛に成功

<メインイベント第1試合 TCW格闘技ルール 3カウント&リングアウト無し 5分3ラウンド>
△ダン・スバーン
 フルタイムドロー
△船木誠勝

<元WWEスーパースターズ・スペシャルタッグマッチ 30分1本勝負>
新崎人生 TAKAみちのく W/帰って来たヤマグチサン 
 14分50秒 ノーコンテスト
TAJIRI ヨシ・タツ

<スペシャル延長戦 海援隊vs.WWEスーパースターズ>
新崎人生 TAJIRI 〇ヨシ・タツ
 0分30秒
TAKAみちのく メンズテイオー ●帰って来たヤマグチサン

<セミファイナル ユナイテッドステーツ・タッグ選手権試合 3Wayマッチ 60分1本勝負>
[王者組]
ヒートシーカーズ(〇シグモン&エリオット・ラッセル)
 15分02秒 片エビ固め
宮本和志 ●橋之介
[挑戦者組]
 
もう1組はディラン・ジェームズ チャーリー・ウィンストン
※王者組防衛に成功

<第4試合 美女軍vs.野獣軍 4対4片側ハードコア、イリミネーションマッチ>
美女軍
〇(キャプテン)日向小陽 真琴 LINDA INA
 17分24秒 卍固め
●(キャプテン)タイガー木原 HASEGAWA ザ・よっちゃん 福士・赤天狗・直也
野獣軍

LINDA

<第3試合 ミクスト・タッグマッチ>
テリーボーイ 〇ミランダ・ゴディ
 8分09秒 パワーボム⇒エビ固め
佐野直 ●杏ちゃむ

テリー・ボーイのスピニングトーホールドとミランダ・ゴディのパワーボム共演!!

<第2試合 ファイト・オブ・ザ・リング提供試合 WMWミドル級選手権試合61分1本勝負>
[王者]
長瀬館長
 7分48秒 首固め
リッキー・フジ
[挑戦者]
※王者・長瀬館長防衛に成功

<第1試合 20分1本勝負>
〇望月成晃
 8分56秒 片エビ固め
●大和ヒロシ

※全カード詳報は『週刊ファイト』2月27日号に掲載予定