aXs移行火曜夜Impact Wrestlingサミ・キャラハン新王者!男女対決テッサ・ブランチャード戴冠への道標

(C)TNA

 10月30日(現地時間・放送日)に『Impact Wrestling』が放送された。
 今回の放送はインパクト・レスリングの親会社アンセム・スポーツ・アンド・エンターテインメントが買収したアクセスTVでの放送第二回目となった。初回は、インパクト・レスリング年間最大大会「バウンド・フォー・グローリー2019」の直後という事もあり、テーピングが間に合わず、試合は「バウンド・フォー・グローリー2019」で行われたダークマッチが放送された為、今回の放送が実質、初回である。それゆえ、豪華カードがずらりと並んだが、特にメインでは「バウンド・フォー・グローリー」のメインで行われたインパクト世界ヘビー級王座戦の再戦という豪華さだ。王者ブライアン・ケイジにサミ・キャラハンが再び挑戦するのだが、今回はなんと金網マッチで王座戦が行われる事になった。

 シングルマッチで真正面から対戦するなら、圧倒的にパワーで勝るケイジが絶対的に有利だが、金網マッチという特殊な試合形式となれば、反則でかき回すのが得意のキャラハンに有利となる。試合も金網を使い、凶器を使い、場外戦に持ち込んでキャラハンが、怪物ケイジを追い込む。それでもケイジも怪力で盛り返し、キャラハン必殺のパイルドライバー四連続にも耐えたものの、最後は雪崩式のパイルドライバーでキャラハンがフォール勝ち。伏兵キャラハンがまさかの新王者となった。
 試合後、キャラハンと愛憎抗争を繰り広げているテッサ・ブランチャードが現れ、キャラハンとにらみ合い、王座戦をアピール。もしブランチャードが王座を奪えば、団体最高峰王座を女性が獲得する事になるが、キャラハンも女に王座を明け渡したとあったら末代までの恥になるだけに避けたいところ。そして前王者になったケイジにもリマッチの権利もある。新王者キャラハンを巡る王座戦線はますます盛り上がりそうだ。

■ Impact Wrestling
日時:2019年10月30日(現地時間・放送日)
場所:カナダ・オンタリオ州ウィンザー

<インパクト世界王座金網マッチ>
○サミ・キャラハン(挑戦者)
 ピンフォール
●ブライアン・ケイジ(王者)

<ストリートファイトマッチ>
○エース・オースチン
 ピンフォール
●エディ・エドワーズ

<タッグマッチ>
○リッチ・スワン、ウィリー・マック
 ピンフォール
●デジ・ヒット・スクワット

<6人タッグマッチ>
○ローズマリー、グレーズ、アレクサ
 ピンフォール
●キエラ・ホーガン、マディソン・レイン、タヤ・バルキリー

<シングルマッチ>
○丸藤正道
 ピンフォール
●ジョシュ・アレキサンダー


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
▼水曜生TV戦争と番組供給過多による視聴者減~NXTのSD侵略底力~今週総括

[ファイトクラブ]水曜生TV戦争と番組供給過多による視聴者減~NXTのSD侵略底力~今週総括

▼今週総括:KnockOut重森x翔~子猫カイリらJoshi活躍の水曜生TV戦争必見

[ファイトクラブ]今週総括:KnockOut重森x翔~子猫カイリらJoshi活躍の水曜生TV戦争必見

※500円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’19年11月14日号新日 サウジSD-RAW-AEW-NXT ノア KnockOutRiseラウェイ 坂口杏里