ブライアン・ケイジが王座防衛で復讐を果たす!Impact Wrestlingバウンド・フォー・グローリー2019

(C)TNA

 10月20日(現地時間・放送日)にImpact Wrestlingのビッグマッチ『Bound for Glory 2019』が開催された。
 インパクトレスリングにおける年間最大大会となるバウンド・フォー・グローリーだけ非常に豪華な大会となり、メインは当然、団体最高峰王座であるインパクト世界ヘビー級王座戦、王者ブライアン・ケイジ対挑戦者サミ・キャラハンが行われた。この試合は王座戦ではあるが、ケイジはキャラハンに愛妻メリッサを目の前でパイルドライバーで沈められている為、怒り心頭。王座よりも妻の復讐戦として乗り込んでいた。入場から怒り狂っているケイジはキャラハンに襲い掛かり、圧倒的パワーで傷めつけ流血に追い込んでしまう。ケイジの猛攻に防戦一方でボロ雑巾のように叩きのめされたキャラハンは得意の凶器攻撃で反撃しようと場外で椅子や机を持ちだすものの、逆に何度も机に叩きつけられてしまう。しかしキャラハンは遂に急所攻撃で反撃。鍛え抜かれたケイジの肉体であっても急所だけは鍛えられずひるむとキャラハンも反撃に転じた。しかし、怒りに震えるケイジはキャラハンの凶器攻撃にもひるまず、画鋲の上にキャラハン必殺のパイルドライバーを食らってもカウント1で跳ね返した。そして逆に必殺のドリルクロー、そのままフォールしてケイジが見事に王座防衛を果たした。王座を防衛し、妻の復讐を果たしたケイジを祝福に愛妻メリッサもリングに駆けつけ、リング上で抱き合い、メリッサを抱えてケイジは勝利のアピールをして大団円となった。
 セミファイナルで行われたのは怪物ムースと、UFC殿堂入り、元WWEスーパースター、元NWA世界ヘビー級王者、元パンクラス王者にして世界一危険な男であるケン・ウェイン・シャムロックが対戦した。格闘技とプロレスを股にかけ、どちらでも成功したシャムロックの久し振りの復帰戦となり、現在55歳とは思えない動きでムースを翻弄。得意のアンクルホールドでムースの足首をねじり上げ苦しめる。最後は隙をついたムースのスピアーに沈んだものの、試合後、ムースは足を引きずって苦しそうに引き上げていき、どちらが勝者かわからない位、シャムロックの活躍が目立った。
 またマイケル・エルガンが提携団体プロレスリング・ノアから遠征してきた丸藤正道とシングルマッチで激突。必殺のエルガン・ボムで丸藤を仕留めてエルガンが堂々のフォール勝ちをした。

■ Impact Wrestling Bound for Glory 2019
日時:2019年10月20日(現地時間)
場所:アメリカ合衆国イリノイ州シカゴ

<インパクト世界王座タイトルマッチ>
○ブライアン・ケイジ(王者)
 ピンフォール
●サミ・キャラハン(挑戦者)

<シングルマッチ>
○ムース
 ピンフォール
●ケン・シャムロック

<Xディビジョン王座タイトルラダーマッチ>
○エース・オースチン(挑戦者)
 ベルトダッシュ
●ジェイク・クリスト(王者)、テッサ・ブランチャード(挑戦者)、エース・ロメロ(挑戦者)

<シングルマッチ>
○マイケル・エルガン
 ピンフォール
●丸藤正道

<インパクト世界タッグ王座タイトルトリプルスレッドマッチ>
○ザ・ノース(王者)
 ピンフォール
●ロブ・ヴァン・ダム、ライノ(挑戦者)、リッチ・スワン、ウィリー・マック(挑戦者)

<ノックアウト王座タイトルマッチ>
○タヤ・バルキリー(王者)
 ピンフォール
●テニール・ダッシュウッド(挑戦者)

<王座挑戦権獲得ガントレットマッチ>
勝者:エディ・エドワーズ


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
▼WWEの日本進出計画然り、新日アメリカ法人設立と興行計画は無謀か

[ファイトクラブ]WWEの日本進出計画然り、新日アメリカ法人設立と興行計画は無謀か

▼水曜生TV戦争絶頂!ノアや全日はどうなのか?放送局変更ImpactW

[ファイトクラブ]水曜生TV戦争絶頂!ノアや全日はどうなのか?放送局変更ImpactW

※500円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’19年10月31日号ノア全日W1 新日USA 水曜戦争絶頂 WWS 新日本キック ラウェイ台湾