長州力「どうしても勝てない人間・・・家内の英子です」愛妻にキスでリングに別れ 引退試合でキングコングニー4連発に沈む

 26日、長州力が2度目の引退試合に臨み、ソールドアウトの後楽園ホールがチョーシューコールに包まれた。

 節目の試合だからといって飾ったことをしないイメージがある長州だが、いきなり藤波辰爾に“掟破り”のドラゴン・スクリューを見舞う。自らがコーナーに登ってのハイジャック・パイルドライバーも披露すると、昭和プロレスファンは大爆発だ。繰り出されるリキラリアットやサソリ固めも力強かったが、最後は真壁刀義につかまってしまう。キングコングニードロップを実に3発食らってもフォールを許さなかった長州! 最後の意地を見せたが、4発目でついに力が尽きた。

 テンカウントゴングもセレモニーも用意されていなかったファイナルマッチだったが、長州が自らマイクを握った。

 「私にとってプロレスは何だったのかなと振り返ったら、全てが勝っても負けても私自身はイーブンです。ただ、どうしても勝てない人間がいました。それは今日来てくれた家内の英子です。最後に彼女をこのリングに上げたいと思います(リングに呼び寄せた英子夫人と抱擁してキス)。引退して、家族の元に帰ります」。

 コワモテらしからぬ展開とはなったが、ここまでの現役人生が家族あってのものだったというのが、この節目での長州による総括なのだろう。馳浩こそ駆けつけたが、あえて派手さもなく、会場も小規模というのが本人による選択だった。日本有数のレジェンドレスラーでありながら、自分流を貫いた長州。その生き様は、超満員の観衆、CSテレビ視聴者、ライブビューイング鑑賞者にしっかりと届いたに違いない。

■長州力引退興行 POWER HALL2019~New Journey Begins
日時:6月26日(水)18:30
会場:東京・後楽園ホール 観衆1797人(超満員札止め=主催者発表)

〇真壁刀義
藤波辰爾
武藤敬司
  17分29秒 キングコングニードロップ⇒片エビ固め 
越中詩郎
石井智宏
●長州力


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
▼記者座談会:長州&猪木の引退で改めて昭和スター選手の知名度の高さを痛感!

[ファイトクラブ]記者座談会:長州&猪木の引退で改めて昭和スター選手の知名度の高さを痛感!

▼長州力がリングに別れ 引退試合でキングコング弾に沈む 6・26後楽園

[ファイトクラブ]長州力がリングに別れ 引退試合でキングコング弾に沈む 6・26後楽園

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’19年07月04日号WWEヤバッ AEW/新日 長州/猪木引退 リアルジャパン 闇営業/逃亡者