激闘の6・9大阪『DEEP☆KICK ZERO』-70kg暫定王座決定!

 6月9日(日)大阪市・平野区民ホールにおいて、若手選手の育成を主体とした大会『DEEP☆KICK ZERO』が新しくスタートした。
 これまで10年間で39回を重ねてきた『DEEP☆KICK』が、メインイベント以外は関西の若手選手を中心に、選手の底上げと育成を図りナンバーシリーズとは別に『DEEP☆KICK ZERO』を定期開催する事となる。

■ DEEP☆KICK ZERO
日時:6月9日(日) 開始16:30
会場:大阪市・平野区民ホール

 メインイベントは、これまで空位となっていたDEEP☆KICK-70kgの暫定王座決定戦。NJKFスーパーウェルター級2位のこうた(NJKF TEAM武心會)と、RISEミドル級8位の籔中謙佑 (KUMA GYM)が暫定王座を賭けて戦った。

 1R、ともに警戒しすぎて距離をおきジャブとローキックでけん制し合う静かな立ち上がり。籔中が先にパンチ連打で仕掛けると、こうたは前蹴りとミドルキックで対抗する。
 2R、籔中のストレートがこうたの顔面を捕らえる。こうたは身長差を活かした前蹴りと右ミドルキックで籔中を攻める。籔中の左の脇腹に赤い腫れが目立ち出す。ラウンド終盤にはパンチの応酬でこうたが籔中を下がらせる場面も。
 3R、セコンドからの指示で一転してパンチで一気に攻めるこうた。籔中は執拗にローキックを放つ、こうたは蹴られても構わずにパンチの連打。こうたの足が腫れて明らかに効きだしてきた。足を引きずりながパンチを打つこうたに対して、籔中は最後までローキックを蹴り続けた。
 判定は3ラウンドのこうたの足のダメージが決定打となり三者ともに籔中を指示、籔中が第3代DEEPKICK-70kg暫定王座に輝いた。

<メインイベント DEEP☆KICK -70kg暫定王座決定戦 3分3R 延長1R>
●こうた(NJKF TEAM武心會)
 判定0-3(三者とも29-30)
〇籔中謙佑(KUMA GYM)
※籔中が-70kg第3代暫定王者に



 勝った籔中は
「初参戦でこんなチャンスをいただいてありがとうございます。DEEP☆KICKのチャンピオンはみんな東京でも活躍している選手ばかりなので、自分も活躍できるよう頑張ります」
とコメントした。

<セミファイナル DEEP☆KICK 54kg契約 3分3R>
●鷹介(魁塾)
 判定0-3(29-30、29-30、28-30)
〇林佑哉(空修会館)

 1ラウンドから互いに引かない若武者同士の打ち合いに場内はヒートアップした。林は回転の早いコンビネーションパンチで鷹介に襲いかかる。鷹介は両こぶしを額にあてガードをしながら林の打ち終わりに大振りのフックを返す。2ラウンドになっても林のラッシュは止まらない。鷹介もガードをしながら大きな左フックをヒットさせるが林も倒れない。3ラウンドになると鷹介に疲れが見えコーナーに追い詰められる場面が度々、パンチから膝に切り替えた鷹介だったが決定打には至らず。
 最後まで止むことのなかった林の攻撃を三人のジャッジが支持して、若武者対決は林に軍杯が上がった。

<第4試合 DEEP☆KICK-53kg 3分3R>
〇勇馬(山口道場)
 判定3-0(30-27、30-27、30-28)
●木下悦志(KICK LAB)


 山口兄弟が所属する山口道場の新鋭・勇馬と、原口健飛の愛弟子・木下悦志が対戦した。勇馬はRISEルーキーズカップ決勝戦を前にした大事な一戦となる。1ラウンド、勇馬のテンカオが木下のボディに突き刺さり苦悶の表情を浮かべる木下。失速した木下に対し終始パンチから膝の攻撃で試合を作った勇馬が判定3対0で勝利、RISEルーキーズカップ決勝戦に繋いだ。

<第3試合 DEEP☆KICK-57.5kg 3分3R>
〇フジモン(亀岡ジム)
 判定3-0(30-29、30-28、30-27)
●勇哉(WariorOsaka)

<第2試合 DEEP☆KICK 66kg契約 3分3R>
△KAZU(NJKF健心塾)
 判定1-0(30-29、29-29、29-29)
△廣野孝文(KING LEO)

<第1試合 DEEPKICK-53kg 3分3R
●山川敏広(MaynishiKICKBOXING)
 判定0-3(三者とも27-30)
〇龍城(NJKFレグルス)

◎オープニングファイト

<OP第5試合 TOP☆RUN-65kgタイトルマッチ 2分3R>
〇古宮晴(昇龍会)
 TKO 2R 1分59秒(レフェリーストップ)
●中澤友(魁塾 明治橋)
※第11代王者の古宮が初防衛に成功

<OP第4試合 TOP☆RUN-60kgタイトルマッチ 2分3R>
〇田中陸登 (拳狼会)
 判定3-0(三者とも30-28)
●廣瀬武蔵 (道場373)
※第5代王者の田中が初防衛に成功

<OP第3試合 TOP☆RUN-55kg王座決定戦 2分3R (ex1R)>
●中村 碧 (真門teamsol)
 判定1-1(29-28、28-29、29-29) 延長0-3(三者とも9-10)
〇加藤 真 (魁塾)
※加藤が-55kg第2代王者に

<OP第2試合 NEXT☆LEVEL-55kg 2分2R>
●吉村一航(真門teamsol)
 判定0-2(19-20、18-20、19-19)
〇川崎海宗(聖心会)

<OP第1試合 NEXT☆LEVEL-60kg 2分2R>
●藤田央(Continue)
 判定0-3(18-20、18-20、17-20)
〇坂本直樹(道場373)

 また、『DEEP☆KICK ZERO』の大会前に、6・2神戸『RIZIN.16』でKO勝利をおさめたDEEP☆KICK-60kg第6代王者の中村寛(BKジム)と、-65kg第2代王者の憂也(魁塾)がリングに上がりRIZINの勝利報告と、7月21日(日)エディオンアリーナ大阪・第1競技場で開催される『RISE WORLD SERIES 2019 in OSAKA』の告知を行った。

憂也
「来月のRISEでは、最高の状態で最高のパフォーマンスが出来ると思います。令和の憂也は最強なんで、注目しといてください」

憂也

中村寛
「6月2日のRIZINでは初参戦させてもらって、しっかりKOで勝つことができました。皆さんの応援があってのKO勝利だと思ってます。DEEP☆KICKもまだまだ僕が引っ張って盛り上げていきたいと思ってるんで、皆さん応援よろしくお願いします」

中村寛

 続いて、政所仁(魁塾)がリングに上がり、次回大会『DEEP☆KICK 40 〜10周年40回記念大会〜』の告知を行った。
 この記念大会では、ダブルメインイベントの一つとして、無敗の-53kg王者・滉大(及川道場)が久しぶりに『DEEP☆KICK』のリングに帰って来てタイトルマッチを行う。その挑戦者はランキング2位の政所仁。
 2人は過去に17年7月16日開催『DEEP☆KICK 33』のリングで戦っており、滉大が僅差の判定で勝利している。その後、滉大は王者になり他団体でも連勝を重ねて先日のホーストカップで王者となり2本目のベルトを巻いた。
 対する政所は滉大に敗戦後、RIZINで石井一成に勝利し全国的に名前を売り出しRISEやKNOCKOUTに出場、J-NETWORKではフライ級王座に就いた。先日のRISEでは無敗の田丸辰(平井道場)とのタイトルマッチで負けはしたが5Rまで縺れる好勝負を演じた。
 2人の再戦は関西だけでなく全国的に注目される一戦となる。

政所仁
「大阪での試合が2年ぶりで、その2年前に滉大選手に負けてるんですけど、この2年間は東京で試合をしてきて滉大選手とは経験が違うと思います。差が開いたところを見せつけてKOで勝ちたいと思ってます。ひさしぶりの大阪での試合なんで、応援よろしくお願いします」

政所仁

 ダブルメインイベントのもう1戦は『DEEP☆KICK 37』から行われている-57.5kgトーナメントの決勝戦となるDEEP☆KICK-57.5kg王座決定戦。RISEからの刺客 宮崎就斗(TARGET)と、ミスターRISE・裕樹の愛弟子の横野洋(アンカージム)が新階級のベルトを賭けて激突する。
 宮崎は1回戦で韓国から参戦のイ・スンヒョンをローキックで倒し、準決勝の雄大戦では、ローキックを効かせ最後はパンチでKO勝利をおさめた。
 対する横野は1回戦でNJKFランカーの殿(心将塾)と対戦、ヒザ蹴りで殿の肋骨を折りKO勝利した。また準決勝では優勝候補の上杉文博(究道会館)を下した泰良拓也(PFP)に、飛びヒザでダウンを奪い文句なしの勝利で決勝進出を果たしている。
 決勝戦は互いにRISEの看板を背負った者同士の対決となる。

■ DEEP☆KICK 40 〜10周年40回記念大会〜
日時:9月15日(日)
会場:大阪府泉大津市・テクスピア大阪

<ダブルメインイベント DEEP☆KICK-53kgタイトルマッチ 3分3R>
滉大(及川道場/王者)
 vs.
政所仁(魁塾/挑戦者)

<DEEP☆KICK-57.5kg初代王座決定トーナメント決勝戦 3分3R(延長1R)>
横野洋(アンカージム)
 vs.
宮崎就斗(TARGET)

テクスピア大阪(大阪府泉大津市旭町22-45)

◎チケット
VIP席 ¥15,000 S席 ¥8,000 A席 ¥6,000 立ち見 ¥4,000
※当日券は¥1,000UP

◎チケット販売所
DEEP☆KICK実行委員会(TEL 06-6754-8588)
または出場選手および所属ジム

◎問い合わせ
DEEP☆KICK実行委員会(TEL 06-6754-8588)
http://www.deep-kick.com/


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
▼RIZIN試合中のCM挿入と、地上波スポーツ中継のジレンマ

[ファイトクラブ]RIZIN試合中のCM挿入と、地上波スポーツ中継のジレンマ

▼RIZIN.16視聴率6.9%のための神戸ワールド記念ホール7時間興行!

[ファイトクラブ]RIZIN.16視聴率6.9%のための神戸ワールド記念ホール7時間興行!

▼新戦略発表記者会見で見えたKNOCK OUTの新たな風景

[ファイトクラブ]新戦略発表記者会見で見えたKNOCK OUTの新たな風景

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’19年06月13日号BOSJオスプレイ鷹木 NXTテイクオーバー W1才木 RIZIN神戸 青木篤志

’19年06月06日号AEW旗揚げ 新日板挟み WWE苦悩 SEAdLINNNG外様王者 パンクラス足踏