7・15新宿『Join Forces-14』INNOVATIONタイトル関連3試合とREBELS対抗戦決定!!

 7月15日に新宿FACEで開催されるJAPAN KICKBOXING INNOVATION主催興行『Join Forces-14』でタイトル関連3試合とREBELSとの3vs.3対抗戦が決定した。

 今年5月19日、新宿FACE『Join Forces-13』で行われたINNOVATIONスーパーバンタム級次期挑戦者決定トーナメント準決勝戦で、岩浪悠弥が市村大斗、和斗がギャラクシー黒川を下して決勝進出となったが、同門の岩浪が勝ち上がったことを受けてINNOVATIONスーパーバンタム級王者、安本晴翔が同タイトル返上することとなり、その夜に挑戦者決定戦が王座決定戦へとスライドされることとなった。
<INNOVATIONスーパーバンタム級(55.34kg)王座決定戦 3分5回戦(延長1R)>
岩浪悠弥(橋本道場/INNOVATIONスーパーバンタム級1位、同バンタム級王者、元同フライ級王者、元WBCムエタイ日本フライ級王者)
 vs.
和斗(井上道場/INNOVATIONスーパーバンタム級2位)

岩浪悠弥

和斗

 個性豊かな強豪王者がひしめく橋本道場の中でもヒットアンドアウェイを得意とし、高い防御力を誇る岩浪は、
「橋本道場最強最後のフィームー(ムエタイ用語:万能型)」
と身内から揶揄されるが、ファイタータイプであることが基本の橋本道場において、何故にこれほど防御先行型のテクニシャンタイプが育ったか謎と言われ、それでいながら相手の攻撃をほぼ受けることなくノーダメージで涼しげに勝ち星を持ち去る。
 この数年、日本選手の強豪相手に苦戦すらしたことがない印象であることから日本軽量級最強説が囁かれるほどの技量を持つ三冠王でもある。
 長身痩躯のロングリーチは、フライ級から約5kg(3階級)も重いスーパーバンタム級においても有効で、最近では、KOする間隔も掴んだようで、前試合でもタフな市村を右ストレートのカウンターで鮮やかにダウンを奪取し、その後、鋭利な刃物を手足に仕込んで上下左右から滅多斬りにするような身の毛のよだつようなラッシュを見せた。
 このベルトを巻けば、INNOVATION史上初となる三階級制覇を達成することとなり、そのモチベーションは高いと思われる。

 一方和斗は、K-1ファイターだった井上由久会長が少年期から丹念に育て上げた四国の秘蔵っ子で、9戦7勝と高い勝率を誇る17歳。
 昨年12月16日、同王座決定戦で安本と戦い敗れたが、“天才”の誉れ高いエリートに喰らいつく飽くなき執念は確かに見届けられた。

 日本キックボクシング界でも最近まであの那須川天心がホームにしていた厚い層の階級で、このベルトを巻いたチャンピオンがトップグループに加わることは間違いなく、それは同時にINNOVATIONの看板王者となることでもあると言えよう。

 続いては、空手を基礎とした華麗な足技を武器に数々の名勝負と世界タイトルを含む五冠王の圧倒的実績を持つ“空を斬り裂くサイクロン”宮元啓介が原点回帰すべくINNOVATIONタイトルを狙うことになった1戦。

宮元啓介

 挑戦者決定戦で対するは、同級3位の直也。
 昨年8月12日には、RIZIN名古屋興行に出場するなど鳥取県米子市からトップを狙う精鋭。INNOVATION王者のベルトはもちろん、ビッグネームの宮元からの金星は、更なる価値と意味を持つであろうだけに意欲満点であろう。

直也

 現王者、浅川大立は、昨年12月16日、当方認定の岡山ジム主催興行で、岡山キックボクシング59kg賞金トーナメンに優勝した剛の者。
 どちらが勝っても期待高まるタイトルマッチの序章と言え、挑戦者はどちらになるか興味深い。

<INNOVATIONフェザー級次期挑戦者決定戦 3分5回戦(延長1R)>
宮元啓介(橋本道場/WPMF世界スーパーバンタム級王者、元WBCムエタイインターナショナルスーパーバンタム級王者、元WBCムエタイ日本スーパーバンタム級王者、元INNOVATIONスーパーバンタム級王者、元MA日本スーパーバンタム級王者)
 vs.
直也(Versus/INNOVATIONフェザー級3位)

 タイトル関連3試合目は、INNOVATIONスーパーフェザー級挑戦者決定トーナメント決勝戦。
 このトーナメントは、前回(5月19日)興行で、櫻井健vs.翔貴(岡山ジム)、マサルvs.児島真人(DANGER)の組み合わせで準決勝戦が行われる予定だったが、翔貴と児島の怪我などによる戦線離脱により櫻井とマサルが不戦勝にて決勝で戦うこととなった。

 櫻井は、INNOVATION中量級戦線でトップランカーを長らく保持し、ライト級では、現王者の翔・センチャイジム(センチャイムエタイジム)と昨年と今年、その王座に連続挑戦し、互角に渡り合う健闘を見せた実力者。

櫻井健

 一方マサルは、キャリア25年に及ぶ大ベテラン。
 新日本キックボクシング協会時代は、小野寺力や石井宏樹といった名王者に挑み、小野寺とはバックハンドブローでダウンを奪い引き分けたこともある古豪。
 ストイックに練習を継続し、INNOVATIONの王座を狙って自身のジムを加盟させた執念の男でもある。

マサル

 練り上げた濃いキャリアを持つ2人の激闘に期待したい。
<INNOVATIONスーパーフェザー級挑戦者決定トーナメント決勝戦 3分5回戦(延長1R)>
櫻井健(Hardworker/INNOVATIONスーパーフェザー級1位)
 vs.
マサル(MONKEY☆MAGIC/INNOVATIONスーパーフェザー級4位)

 そして、最近新日本キックボクシング協会やシュートボクシング協会と団体対抗戦を行い、KNOCK OUTとも提携したキックボクシング界の台風の目である『REBELS』と、INNOVATIONの3vs.3対抗戦のコンセプトマッチが決定。

 大将戦は、2018年2月18日、REBELS興行以来の因縁の1戦となる橋本悟vs.潘隆成。
 前戦では「パンチの橋本」「キックの潘」と真反対のタイプが正面激突。試合は1-0で橋本有利のドローとなり、それから約1年半を経てタイトルマッチでの決着戦となった。

橋本悟

潘隆成

<INNOVATIONスーパーライト級王座決定戦 INNOVATION×REBELS 3vs.3対抗戦 大将戦 3分5回戦(延長1R)>
橋本悟(橋本道場/INNOVATIONスーパーライト級2位、MuayThaiOpenスーパーライト級王者、元INNOVATIONライト級王者)
 vs.
潘隆成(クロスポイント吉祥寺/INNOVATIONスーパーライト級1位、元WPMF日本スーパーライト級王者)

<INNOVATION×REBELS 3vs.3対抗戦 中堅戦 67.5kg契約 3分3回戦
番長 兇侍(Hardworker/INNOVATIONウェルター級王者)
 vs.
UMA(K&K BOXING CLUB/元REBELS65㎏王者 )

<INNOVATION×REBELS 3vs.3対抗戦 58.5kg契約 3分3R>
久井淳平(多田ジム/INNOVATIONスーパーフェザー級王者)
 vs.
浜本“キャット”雄大(クロスポイント大泉/ILFJ認定ラウェイ王者、元WPMF 日本スーパーバンタム級王者)

 さらに注目されるのが、アマ28冠王の金字塔を打ち立て中学卒業後すぐの5・19新宿FACEでプロデビューした“平成最後の怪物”花岡竜。
 デビューの戦の相手は、北は北海道、南は沖縄まで隈なく当たりながらすべて避けられたが故、韓国の新鋭選手となり、これを難なく2RKO。プロ2戦目の今回はランキング戦がマッチアップ。

花岡竜

 対する平松は、花岡同様ジュニア時代、アマで活躍。
 花岡とも対戦経験があり勝利したことはないが、花岡と同門である“無敗の新星”白幡裕星と今年3・31『INNOVATION』大森興行で戦いドローとなった実力者。

平松侑

 プロファイターとしてのキャリアに勝る平松が、これ以上ないアマ絶対王者出身の超新星を相手にどう出るか?花岡の快進撃はどこまでつづくのか? 要注目の1戦となる。

<INNOVATIONフライ級(50.8kg)ランキング査定マッチ 3分3回戦>
花岡竜(橋本道場/アマチュア28冠王/写真左)
 vs.
平松侑(岡山ジム/INNOVATIONフライ級7位/写真右)

 好カードが並んだ真夏の新宿決戦、良席は早めの確保が推奨される。

■ JAPAN KICKBOXING INNOVATION 『Join Forces-14』
日時:7月15日(月祝) 開場16:30 開始16:45
会場:東京・新宿FACE

<INNOVATIONスーパーバンタム級(55.34kg)王座決定戦 3分5回戦(延長1R)>
岩浪悠弥(橋本道場/INNOVATIONスーパーバンタム級1位、同バンタム級王者、元同フライ級王者、元WBCムエタイ日本フライ級王者)
 vs.
和斗(井上道場/INNOVATIONスーパーバンタム級2位)

<INNOVATIONフェザー級次期挑戦者決定戦 3分5回戦(延長1R)>
宮元啓介(橋本道場/WPMF世界スーパーバンタム級王者、元WBCムエタイインターナショナルスーパーバンタム級王者、元WBCムエタイ
 vs.
日本スーパーバンタム級王者、元INNOVATIONスーパーバンタム級王者、元MA日本スーパーバンタム級王者)
直也(Versus/INNOVATIONフェザー級3位)

<INNOVATIONスーパーフェザー級挑戦者決定トーナメント決勝戦 3分5回戦(延長1R)>
櫻井健(Hardworker/INNOVATIONスーパーフェザー級1位)
 vs.
マサル(MONKEY☆MAGIC/INNOVATIONスーパーフェザー級4位)

<INNOVATIONスーパーライト級王座決定戦 INNOVATION×REBELS 3vs.3対抗戦 大将戦 3分5回戦(延長1R)>
橋本悟(橋本道場/INNOVATIONスーパーライト級2位、MuayThaiOpenスーパーライト級王者、元INNOVATIONライト級王者)
 vs.
潘隆成(クロスポイント吉祥寺/INNOVATIONスーパーライト級1位、元WPMF日本スーパーライト級王者)

<INNOVATION×REBELS 3vs.3対抗戦 中堅戦 67.5kg契約 3分3回戦
番長 兇侍(Hardworker/INNOVATIONウェルター級王者)
 vs.
UMA(K&K BOXING CLUB/元REBELS65㎏王者 )

<INNOVATION×REBELS 3vs.3対抗戦 58.5kg契約 3分3R>
久井淳平(多田ジム/INNOVATIONスーパーフェザー級王者)
 vs.
浜本“キャット”雄大(クロスポイント大泉/ILFJ認定ラウェイ王者、元WPMF 日本スーパーバンタム級王者)

<INNOVATIONフライ級(50.8kg)ランキング査定マッチ 3分3回戦>
花岡竜(橋本道場/アマチュア28冠王)
 vs.
平松侑(岡山ジム/INNOVATIONフライ級7位)

<INNOVATIONフェザー級(5715kg)ランキング査定マッチ 3分3回戦>
井上竜太(Hardworker)
 vs.
真田貴望(武勇会/INNOVATIONフェザー級10位)

<ジム対抗戦 スーパーフライ級(52.16kg) 3分3回戦>
光喜(マイウェイジム)
 vs.
スダ456(BRING IT ONパラエストラAKK)

新宿FACE(東京都新宿区歌舞伎町1-20-1 ヒューマックスパビリオン新宿歌舞伎町7F)
チケット前売り:RS席 12,000円 S席 8,000円 A席 6,000円 自由席 5,000円 ※当日券は500円UP
チケット販売所:チケットぴあ、参加各ジム、各選手
問合せ(INNOVATION興行本部):TEL 043-247-0112
公式サイト:http://kick-innovation.com/


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)

[ファイトクラブ]鉄拳7プレゼンツBEST OF THE SUPER Jr.~NWA買収~格闘技裏事情~WWE視聴率不振

[ファイトクラブ]鉄拳7プレゼンツBEST OF THE SUPER Jr.~NWA買収~格闘技裏事情~WWE視聴率不振

[ファイトクラブ]RIZIN.16視聴率6.9%のための神戸ワールド記念ホール7時間興行!

[ファイトクラブ]RIZIN.16視聴率6.9%のための神戸ワールド記念ホール7時間興行!

[ファイトクラブ]新戦略発表記者会見で見えたKNOCK OUTの新たな風景

[ファイトクラブ]新戦略発表記者会見で見えたKNOCK OUTの新たな風景

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)

’19年06月13日号BOSJオスプレイ鷹木 NXTテイクオーバー W1才木 RIZIN神戸 青木篤志

’19年05月30日号MITB 殿堂博物館 WWE/AEW KnockOut新体制 釜山ASURA ラウェイ日本

’19年05月23日号AEW放送発表 巌流島 DEEP JKAプレ旗揚 Sキング死 安倍健治 A猪木