イケメン不在もWRESTLE-1後楽園大盛況! 才木玲佳はレジェンド井上京子に敗れる!!

 イケメン“黒潮”二郎壮行試合からひと月が過ぎ、後楽園ホールにWRESTLE-1が帰ってきた。
 人気ナンバーワンだったイケメンが去り、ファンは無論、選手からもピンチが公然と囁かれたが、蓋を開けてみれば1335人満員の観客が詰め掛けて客席はほぼ埋まった。
 GW折り返しの祝日という日の良さもあるが、当然首都圏でも興行ラッシュの中でこの動員は立派な数字。
 
 なるほどイケメン人気は高かったが、その声援はWRESTLE-1そのものへの支持でもあった事が証明されたとも言える。
 無論、WRESTLE-1の危機を察知したファンが駆け付けた結果で、次戦以後が勝負だという見方も出来る。
 その危機感は選手にも当然あるはずだが、WRESTLE-1はここで奇をてらった対策では無く、
「それぞれが自分の役割、プロレスをしっかりやる」
という、シンプルな答えを見出したように思える。
 
 河野真幸はアレハンドロのパートナーとしてアシストにまわり、児玉裕輔とアンディ・ウーは、エル・リンダマンとクルーザー級ならではのスピード感溢れる立体的な試合を行う。
 筋肉アイドル才木玲佳は、重量級の井上京子を担ぐか否かの攻防で魅せた。

 征矢学はSOYATubeを開設し、リング上でもCIMAと丁々発止のやり取りで会場を沸かせる。

 休憩時間には小学生以下のチビッコにリングを解放。事故が無いよう若手が周囲で見守る中、靴を脱いでリングインしたチビッコに、カズ・ハヤシ社長とペガソ・イルミナルの指導で、前転、側転、ロープワークを体験してもらった。最後はペガソ・イルミナルを投げ飛ばし、一生の想い出になる事だろう。

 そしてセミファイナル、土肥孝司復帰戦には、WRESTLE-1のWRESTLEの部分を象徴するヘビー級4人が集結。
 才木玲佳と#STRONGHEARTSが呼んだお客を自分達のファンにする。との気概を感じる、ド迫力のファイトを展開してみせた。フィニッシュで芦野祥太郎がまさかのギブアップとなるまで、息をもつかせぬ激闘、#STRONGHEARTSのファンも含め、会場中から称賛の声があがった。

 続いて、これだけの試合の後でさぞやりにくかろうと思われたメインイベントだったが、T-Hawkと近藤修司がセミファイナルの4人に負けない激闘を繰り広げた。
 お互いの胸が内出血でぼこぼこなる意地のチョップの打ち合い。魂のこもった肉弾戦に会場中が魅了された。セミ同様、22分超を闘い抜き、最後はT-Hawkが王座を死守した。

 9・1横浜文体へ向け、#STRONGHEARTS含め一丸となって突き進むWRESTLE-1、イケメンの退団というピンチでむしろ雨降って地固まるとなっていきそうだ。

 


T-Hawkコメント
「#STRONGHEARTSはCIMAの#STRONGHEARTSじゃない。山村含めて俺たちが#STRONGHEARTSなんだ」


近藤のコメント
「またあいつらに調子に乗せちゃうというか。俺も崖っぷちで自分を自分で追い込んだつもりでしたけどこの結果でした。まあ年齢はさておき、イチローじゃないけど、明日は今日の自分を超えていこうみたいなレスラーとして改めて思いましたね。まあ過ぎたことで切り替えます。とはいえ、次はもうトーナメント? そのトーナメントは今の俺では勝てないのかなと。ここは潔く辞退したいと思います。そのかわり、今後W-1を必ず引っ張っていくであろう選手を俺から推薦する。以上です」

■ WRESTLE-1 TOUR 2019 TRIUMPH
日時:5月3日(金・祝)
会場:東京・後楽園ホール
観衆:1335人(満員=主催者発表)

<第1試合 タッグマッチ 30分1本勝負>
◯カズ・ハヤシ 三富政行
 8分2秒 ファイナルカット⇒片エビ固め
●タナカ岩石 馬場拓海

<第2試合 6人タッグマッチ 30分1本勝負>
河野真幸 ●アレハンドロ ペガソ・イルミナル
 6分28秒 シルバーロック 
征矢学 ◯立花誠吾 エル・イホ・デル・パンテーラ

<第3試合 3WAYマッチ 30分1本勝負>
●児玉裕輔 
 8分43秒 ジャーマンスープレックスホールド 
◯エル・リンダマン
※もう1人はアンディ・ウー 

<第4試合 シングルマッチ 30分1本勝負>
●才木玲佳
 10分36秒 ナイアガラドライバー⇒エビ固め
◯井上京子(ワールド女子プロレス・ディアナ)

<第5試合 シングルマッチ 30分1本勝負>
◯トンドコロ隼
 9分43秒 ドラゴンスープレックスホールド )
●CIMA(#STRONGHEARTS)
 

<第6試合 土肥孝司復帰戦! タッグマッチ 30分1本勝負>
◯稲葉大樹 土肥孝司
 22分48秒 極反り卍固め
●芦野祥太郎 羆嵐

<メインイベント WRESTLE-1チャンピオンシップ 60分1本勝負>
〇【王者】T-Hawk(#STRONGHEARTS)
 22分4秒 ケルベロス⇒片エビ固め 
●【挑戦者】近藤修司
※第14代王者・T-Hawk、2度目の防衛に成功

※詳報は電子書籍版5月16日号に掲載されました!


■ WRESTLE-1 TOUR 2019 TRIUMPH」
日時:5月5日(日・祝) 開始12:30 開始13:00
会場:静岡・焼津文化会館大会


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
▼イケメンの居ないWRESTLE-1の風景

[ファイトクラブ]イケメンの居ないWRESTLE-1の風景

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’19年05月16日号どんたく W-1 CAC総会TJシン宅訪問記 WWE不振 AEW発表 WLCラウェイ