ベストフレンズ風前の灯火! DD藤本つかさ激勝でぼっち中島安里紗自己満足プロレス旗揚げ! 

 全国的に大荒れの天候となった7月6日(金)SEAdLINNNG新木場大会が行われた。試合開始時には曇りだった新木場の空だったが、メインが始まる頃には激しい雨が1stRINGの屋根に叩きつけられ、試合も大荒れ。
 ベストフレンズがファンの心配をよそに激しく殴り合い、初参戦となるアマゾンが怪力で高橋奈七永を締め上げる。だがこのアマゾンと中島とのコンビネーションが上手くいかず、急造タッグの弱点を露呈。
 最期は場外で怒りの中島とアマゾンがやりあううちに、スルッとリングインした藤本がベストフレンズ対決を制した。
 試合後、8月の後楽園でのシングル戦を告げられたコマンドボリショイに「協調性がない! 」とダメ出しされた中島は、開き直って「独りでいい」「自己満足プロレスでけっこう」とベストフレンズ解消を示唆。そこへ、中島に憧れてプロレスラーになったというKAIENTAI DOJOの笹村あやめが登場、「人は独りでは生きていけないんです」と、下から目線でダメ出しをし、タッグ結成を直訴する事態になった。
 一方、高橋奈七永とのコンビで新設タッグ王座に挑む藤本つかさは、中島との和解を諦めないと語る一方、
「奈七永さんも好きです」と、DD(誰でも大好き)宣言。
 SEAdLINNNGのタッグ戦線は一気に混迷の度合いを深める事となった。
 7・25の王座決定戦で何らかの方向性が見えるのか、より混沌が支配し、女子同士の泥沼の抗争に発展していくのか、SEAdLINNNGタッグ戦線がこの夏の女子プロレス界を熱く燃えさせる。


ティガーも乱入して祝福

■ SEAdLINNNG~SHINKIBA 5th NIGHT!
日時:7月6日(金) 開場18:30 開始19:00
会場:東京・新木場1stRING
観衆:221人(主催者発表)

<第1試合タッグマッチ20分1本勝負>
〇水波綾(プロレスリングWAVE) 藤田あかね(アイスリボン)
 13分40秒 ホットリミット⇒片エビ固め
真琴 ●高瀬みゆき(アクトレスガールズ)
※高瀬みゆきSEALINNNG初登場

<第2試合ハイスピードシングルマッチ20分1本勝負>
〇希月あおい
 6分54秒、エビ固め
●小林香萌
※レフェリー南月たいよう

<第3試合6人タッグマッチ30分1本勝負>
〇世志琥 山下りな(OSAKA女子) 笹村あやめ(KAIENTAI DOJO)
 15分14秒 ダイビングセントーン⇒片エビ固め
尾崎魔弓(OZアカデミー) 野崎渚 ●沙恵(名古屋Dream Girls pro-wrestling)
※尾崎魔弓SEAdLINNNG初登場

SEAdLINNNG初見参の尾崎はチェーンで大暴れ

中島への憧れを口にしつつ、世志琥&山下とのトリオでも活躍したいという笹村にもDD疑惑?

<メインイベントSEAdLINNNG Tag Team Championship ファイナルエントリーマッチ 30分1本勝負>
高橋奈七永 〇藤本つかさ(アイスリボン)
 24分58秒 リングアウト
●中島安里紗 アマゾン


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
▼ガチ分析WWE両国連戦①!女子~中邑真輔~本国で見れないAJスタイルズSジョー

[ファイトクラブ]ガチ分析WWE両国連戦①!女子~中邑真輔~本国で見れないAJスタイルズSジョー

▼ガチ分析WWE両国連戦②Dブライアン復帰~MIZお仕事~紫雷イオ

[ファイトクラブ]ガチ分析WWE両国連戦②Dブライアン復帰~MIZお仕事~紫雷イオ

▼WWE 初観戦記「中邑真輔は真のカリスマとなれるか?」

[ファイトクラブ]WWE 初観戦記「中邑真輔は真のカリスマとなれるか?」

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’18年07月19日号新日カウパレス BレスナーUFC SEAdLINNNG 新日キック KENTA KAI横浜