RAWケビン・オーエンズが簡易トイレごと破壊されるも週末にはシャナイア・トゥエイン公演登場の快挙

©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

 現地時間7月2日、サウスダコタ州スーフォールズでRAWが開催された。日本時間7月16日にWWEネットワーク(日本語実況版有り)で生配信されるPPV大会『エクストリーム・ルールズ』への仕込みが続いたが、ユニバーサル王者ブロック・レスナーとの契約問題が再浮上しているため、当初の予定だった4,5名が参加する挑戦権獲得の争奪戦カードがなくなり、本日の因縁からローマン・レインズvs.ボビー・ラシュリーのシングル戦が正式発表となった。

 怪物ストローマンのプッシュは大人のファンからは徹底的に無視されている(笑)が、本誌7月5号で繰り返し話題にされていた、サーシャ・バンクスとベイリーが感情コントロールのために「カウンセリングに行け!」とカート・アングルGMから命じられていた注目のセグメントは、セラピストのDr.シェルビーとのスキッドが来週も続く、という程度であった。

◆レインズ、タッグ2連戦も後味の悪い反則裁定

 犬猿の仲のボビー・ラシュリーとのタッグでリバイバルとの対戦が決まっていたローマン・レインズ。しかし、RAWのオープニングでドルフ・ジグラー&ドリュー・マッキンタイアの襲撃を受けるとこの2人との対戦も熱望し、カート・アングルGMの判断でレインズは1日でタッグ2連戦をすることとなった。レインズ&セス・ロリンズはジグラー&マッキンタイアと激しい攻防を繰り広げるも、試合途中でリバイバルがレインズを襲撃して反則裁定となってしまう。
 続いてリバイバルと対戦したレインズはラシュリーの交代要求をすべて拒否すると、リバイバルの2人がかりの攻撃でこちらも反則裁定。試合には勝利するも後味の悪いタッグ2連戦となった。PPV「エクストリーム・ルールズ」ではレインズがラシュリー、ロリンズが王者ジグラーと30分アイアンマン形式IC王座戦で対戦することが決定。

◆シャナイア・トゥエインのモントリオール・コンサートにケビン・オーエン!


「やったぁ!」世界中で大人気のシャナイア・トゥエイン公演に、地元モントリオール出身のKOが紹介される快挙。

◆“巨獣”ストローマン、逃亡するオーエンズを簡易トイレごと破壊 

 RAWのメイン戦ではブラウン・ストローマンとケビン・オーエンズの対戦が組まれた。試合のゴングが鳴らされると、いきなりパワーで突き飛ばされたオーエンズがそのままリングを降りてバックステージに逃亡。一方、ストローマンはレフェリーの場外10カウントを聞き終わると、まるで鬼ごっこのようにオーエンズを探しまわった。スロトーマンは簡易トイレに隠れたオーエンズを野生の嗅覚で発見すると「見つけるって言っただろ!」と簡易トイレをステージまで運び、闘牛のように助走を付けてオーエンズもろともステージ下へ叩き落とした。

■ WWE RAW
日時:2018年7月2日(現地時間)
会場:アメリカ・サウスダコタ州スーフォールズ DSP(Denny Sanford Premier)センター

<シングルマッチ>
○ブラウン・ストローマン
 カウントアウト
●ケビン・オーエンズ

<シングルマッチ>
○ナイア・ジャックス
 ピンフォール
●ミッキー・ジェームス

<タッグマッチ>
○ロマン・レインズ、ボビー・ラシュリー
 反則
●リバイバル

<シングルマッチ>
○エンバー・ムーン
 ピンフォール
●リブ・モーガン

<タッグマッチ>
○ローマン・レインズ、セス・ロリンズ
 ピンフォール
●ドルフ・ジグラー、ドリュー・マッキンタイア

<タッグマッチ>
○オーサーズ・オブ・ペイン
 ピンフォール
●タイタス・オニール、アポロ・クルーズ

<シングルマッチ>
○カーティス・アクセル
 ピンフォール
●ブロークン・マット・ハーディ


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
▼ガチ分析WWE両国連戦①!女子~中邑真輔~本国で見れないAJスタイルズSジョー

[ファイトクラブ]ガチ分析WWE両国連戦①!女子~中邑真輔~本国で見れないAJスタイルズSジョー

▼ガチ分析WWE両国連戦②Dブライアン復帰~MIZお仕事~紫雷イオ

[ファイトクラブ]ガチ分析WWE両国連戦②Dブライアン復帰~MIZお仕事~紫雷イオ

詳細分析版は『週刊ファイト7月12日号』に収録されました。
※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’18年07月12日号WWE両国 棚橋弘至 原点回帰 DEEP パンクラス ONE総帥 ラウェイ日本