カフェトーク寺内1/2兵衛、ケン・片谷にボンバー力抜岩、元REINAチェスカ、虎龍鬼も参戦で大盛況に!

 15日、浅草橋駅前ラゲージルームカフェにて「ファイトカフェトーク」が開催。今回も、交通至便なこともあるのか、予想を上回る大盛況となった。

■ ファイトカフェトーク「あの頃僕たちは若かった!vol.1」
日時:5月15日(火)夜7-10時終了
会場:ラゲージルームカフェ 〒111-0052 東京都台東区柳橋1-13-4 浅草橋丹羽ビル5F
(JR浅草橋駅東口出て右の横断歩道渡り目の前 江戸通り中華入っている丹羽ビル奥のエレベーター)
都営浅草線A16出て日高屋と松屋の間 Twitterハッシュタグ #ファイトカフェトーク

 ケン・片谷によれば、寺内1/2兵衛の自由過ぎる進行で1:9になってしまったとSNSに書き込んだように(笑)、ケン・片谷の面白過ぎる経歴は、北海道のくだり辺りから一向に次に進まないままになってしまったが、またそれは次の機会ということでご了解願いたい。
 さすがに濃い内容が売りのカフェトークだけに、ケン・片谷への質問も鋭く、「一番印象に残る試合」ではなく、「一番困った試合は?」とか、他では滅多にない興味深い展開で楽しめた。

 仕事の都合もあったにせよ、はるばる遠方から東京に来てくれたのはボンバー力抜岩だ。カフェトークの特徴は、特にマイクを使ったトークLIVEではないため、お客さんからの質問もあれば、そのままお客さんがパネラーになることもしばしばなのだが、ちゃんと3000円を払ったというのに、事実上のゲスト・パネラーとなってMVPの大活躍。全員がミスターポーゴとゆかりがあることもあり、ポーゴさん追悼にも深いトークが繰り広げられた。

 最も受けたというか、ルームが大爆笑に包まれたのはボンバーに「好きな選手は誰か?」という、ありきたりの質問だったのが、その答えが「バッド・ニュース・アレン!」である。さすがは「喫茶店トーク復活」の看板に恥じない面白さだった。この模様は、月額999円ファイトクラブの会員には動画が公開されている。

 さらには、元REINA女子プロレスのチェスカも参加。フィリピンからの初のプロレス留学生となったが、現在はケガのためにリングから遠ざかっているも東京在住である。彼女の紹介から近況までも披露されて盛りだくさんの内容となった。

 自由過ぎるカフェトークだからなのか、予告通り虎龍鬼が乱入。ところがアングルもなにもなく、ケン・片谷がマジに「公開処刑」を始めたのだからビビった。まぁ、一応は最後は握手となったのではあるが・・・。それにしても、客席でもずっとマスクをかぶったままだったのはプロというほかない。
 この凄すぎるガチ展開の記事と動画は、ファイトクラブに公開されました。

▼かさいあみ 週刊ファイト!ファイトクラブ月額999円入会案内動画公開!

週刊ファイト!YouTubeチャンネル登録お願いします。

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)

’18年05月03日号馬場元子 ブルーノ バックランド藤波 TeamDATE 新日どんたく 全日