ケン・片谷『メシとワセダと時々プロレス』㊷[ファイトクラブ]自由過ぎるトークライヴ

[週刊ファイト5月24日号]収録 [ファイトクラブ]公開中

▼ケン・片谷『メシとワセダと時々プロレス』㊷
自由過ぎるトークライヴ
・“タッグパートナー”は、『格闘チャンプフォーラム』旧知の仲の寺内1/2兵衛さん
・今後、トークイベントのメッカとなるか?浅草橋ラゲージルームカフェ
・ボンバー力抜岩「オレ、入場料払ってるんだけどなぁ・・・」
・REINA女子プロレスに留学で日本に来たチェスカがサプライズ登場
・虎龍鬼に「文句があるなら、当日トーク会場に来い!」とやったら・・・
・「片谷は、本部の試合をないがしろにし他団体の試合に出場した裏切り者だ!」
・ガチの公開処刑!一触即発の険悪な状況に一瞬で凍り付く会場
・質問コーナー「“がんじがらめ”を掛けて欲しい」
・脱線に次ぐ脱線で、話の筋道が一行に定まらなかった反省
・次回開催まで、首を長くして待っていてください


巻末にファイトクラブ会員限定で10本の動画見れます!


 浅草橋ラゲージルームカフェで初のトークライヴ! 1/2兵衛さんが全然オイラにしゃべらせてくれない! 参加者全員が違うことをしてる!? かつて、こんなに自由なトークイベントがあっただろうか?
 オイラがボンバー力抜岩に永遠に勝てない理由とは? 紅一点! 元REINA女子プロレス チェスカ選手登場!! 客席にポツンとマスクマンが…。 虎龍鬼って誰? 一触即発! 因縁の対決開戦か1?
 掛け方忘れた(笑)! オリジナルホールド“がんじがらめ” ~寺内1/2兵衛&ケン・片谷 ファイトカフェトーク開催報告

昨今、あちこちで“プロレストークライヴ開催”の告知を目にします。
その多くは、“レジェンドOB”レスラーによるもの。
子どもの頃、テレビで見ていた憧れのレスラーを間近にして、当時の懐かしい話や裏話などを聞くことができる、オールドファンにとっては至福のイベントです。
内容は、トークの他にOBレスラーとの2ショット写真撮影会やサイン会と至れり尽くせり。

少年の頃、レスラーにサインを求めようとして『あっち行け!』と怒鳴られた思い出をお持ちの方も多いのではないでしょうか?
しかし、今やすっかり丸くなった(?) OBレスラー達が、気軽に写真やサインに応じてくれるのですから、長年プロレスファンを続けてきて良かったと感じる瞬間ではないでしょうか?

そんな、一部の“トークブーム”にオイラも乗っかろうというわけではありませんが、これまで何度かトークライヴを行ってきました。
元来、人前でしゃべるのは嫌いではないので(むしろ大好き(笑)!)、毎回楽しんで取り組んでいます。

トークライヴといえば、大抵『聞き手』と『語り手』がいるものです。聞き手との相性というのもかなり重要な要素となります。
そういった意味で、今日は安心してトークに臨むことができました。

そう! 今日の“タッグパートナー”は、旧知の仲の寺内1/2兵衛(はんべい)さんなのです!!

1/2兵衛さんは、インディー創成期の1990年代前半、ケーブルテレビの『格闘チャンプフォーラム』でMCを務め人気を博した、業界の大先輩です。
出会いは1989年頃。オイラがジャパン女子プロレスでアルバイトをしている時でした。ですから、知り合ってからかれこれ30年になります。後から分かったことですが、1/2兵衛さんはオイラの最初の大学、東洋大学の先輩でもあります。

そんな“しゃべりのプロ”が相方なのですから、鬼に金棒! 文字通り大船に乗った気持ちです。

会場の浅草橋ラゲージルームカフェは、浅草橋駅前に位置し、外国人留学生や観光客の支援活動等も行っています。
駅近という利点を生かし、今後、トークイベントのメッカとなるか?

トークライヴは、19時の開始ですが、1/2兵衛さんから連絡が入り、18時に合流して事前に少し打ち合わせをしようということになりました。
約束の時間に、待ち合わせ場所である浅草橋駅に行くと…。

1/2兵衛「ケン、悪い! コンビニで酒買っていくからさ。先に会場行ってて!」
オイラ「あれ? 1/2兵衛さん打ち合わせは?」
と、言う間もなく1/2兵衛さんの姿は見えなくなっていました。

仕方なく会場で1/2兵衛さんを待つことにしましたが、いつになっても現れません。
結局、1/2兵衛さんが到着したのはトークライヴ開始10分前! 慌てて会場のセッティングを終えた頃には、お客さんがチラホラ入ってきてしまいました。

ついに、打ち合わせの時間を持つことはなく、3時間もの長い尺のトークライヴをどのように進行するのか、不安を残したままのスタートとなりました。
それでも、2人の経験と、1/2兵衛さんのマシンガントークを持ってすれば、3時間くらいどうにでもなるだろうと高をくくっての見切り発車です。

お陰さまで、用意した席がほぼ埋まるほどお客さんが集まりました!
中には、初めて『ケン・片谷』を見るお客さんもいらしたので、先ずは自己紹介から。

すると、オイラが何かひと言しゃべる度に、横から1/2兵衛さんのチャチャ…いや、フォローが入ります(笑)。
オイラに話が振られているにもかかわらず、気付けばずっと1/2兵衛さんがしゃべっています。
まだオイラの自己紹介は半分ほどしか終わっていませんでしたが、半ば諦め状態でお客さんから差し入れていただいたお酒を飲むしかありません。

こんな調子で、トークの進行に何の筋道も無く、ただひたすら1/2兵衛さんの思い付くままの話題でトークライヴは進んでいきます。
お客さんも、トークに付いていけないのか、それぞれが違うことを始めてしまいました! こんな自由なトークライヴは前代未聞です。

そこに救世主が現れました!
WWSでお馴染みの、ボンバー力抜岩選手です!
何と、今日のトークライヴのことをオイラのSNSで知り、急遽駆け付けてくれたのだそうです!

では、何故ボンバー選手が救世主なのか?
1/2兵衛さんの暴走トークに対し、絶妙のタイミングでボンバー選手の天然ボケがトークにブレーキを掛けるのです!
それがお客さんに大ウケとなり、ついにはボンバー選手もパネラー席に立つ羽目となりました(笑)!
当のボンバー選手は、「オレ、入場料払ってるんだけどなぁ…。」とブツブツ言いながらも、絶妙の突っ込みを連発します!

これまで、50回以上(トークでは勢いでそう言ったが、実際は20試合くらいかなぁ(笑)?)シングルで対戦しているボンバー選手ですが、実はオイラはまだ一度も勝ったことがないんです。
キャリア、体格、技術…。どれを取っても決して勝てない相手ではないと思うのですが、それには秘密があるのです。

オイラがボンバー選手に永遠に勝てない理由。その秘密とは…?

来場してくださったお客さんには話しましたが、ここでは教えません。秘密は来場者特典とします(笑)!
これも、ライヴの醍醐味ですよね? 悪しからずご了承ください(笑)!

▼ボンバー力抜岩とは?ボクシング-プロレスNHK釣り番組片谷対戦50回

続いてのサプライズゲストは、REINA女子プロレスに留学で日本に来たチェスカ選手です!
紅一点! 1/2兵衛さんのお友だちであるチェスカ選手の登場で一気に会場が華やかになりました。

フィリピン出身のチェスカ選手。フィリピン出身者が日本の団体所属になったのは初めてとのことです。
流暢な日本語で、将来の夢や尊敬する日本人女子レスラーなどを熱く語ってくれました。

トークも佳境に入った頃、どうしても放っておけないテーマに、ついに1/2兵衛さんが爆弾を投下しました!

トークライヴの開始から、客席に一人のマスクマンの姿がありました。恐らく他のお客さんもずっと気になっていたはずです。
『こんなマスクマン知らないぞ!』
『ヤバいファンなのかなぁ?』

そのマスクマンは、かつてCMAプロレスリングに所属した虎龍鬼(こりゅうき)です。

実は虎龍鬼は、トークライヴ開催前からSNSで散々オイラの批判と挑発を繰り返してきました。
トークライヴの営業妨害とも取れる虎龍鬼の言動に、オイラも黙っているわけにはいかなくなりました。
堪忍袋の緒が切れたオイラは、「文句があるなら、当日トーク会場に来い! 出方次第ではお客さんの前でお前を公開処刑するまでだ!」と、逆に虎龍鬼を挑発したのです。

もちろん、来場した虎龍鬼の姿は確認していましたが、敢えて無視を決め込んでいました。
しかし、ついに1/2兵衛さんが虎龍鬼をパネラー席に呼び込んだのです!

▼虎龍鬼ガチ公開処刑ケン片谷予告編(ファイトクラブ会員は限定公開動画見れます)

ここで会場の空気が一変したことは言うまでもありません。
重苦しい雰囲気の中、初めてオイラと虎龍鬼が対峙しました!

一触即発! 公開処刑は本当に行われるのか!?


記事の全文を表示するにはファイトクラブ会員登録が必要です。
会費は月払999円、年払だと2ヶ月分お得な10,000円です。
すでに会員の方はログインして続きをご覧ください。
ログインして続きを読む