立ち上がれないオカダからベルト強奪! ZSJが2日後のIWGPヘビー級戴冠を大胆予告 EVIL復帰でロスインゴ揃い踏み 新日本後楽園

 30日、新日本プロレスは2日後の『SAKURA GENESIS 2018』両国国技館大会を控えた前哨戦が後楽園ホールにて行われた。

 両国でIWGPヘビー級王座がかかるオカダ・カズチカとザック・セイバーJr.のタッグ対決がメイン。サブミッションマスターとして破竹の勢いでニュージャパンカップを制したZSJへの対抗策だろうか、オカダは序盤で両足を駆使した羽交い絞めを繰り出す。両手の自由を奪われたZSJは、頭を撫でるオカダに抵抗できない屈辱。精密機械が狂ったかのように、ZSJは珍しく感情を露にする。

 しかし、後半はZSJ&タイチが主導権を握っていく。このあたりがさすが新日本のメインクラスということなんだろうが、オカダに変形卍固めを仕掛けたZSJは同時にレフェリーをもホールド。視線を奪われたレフェリーの隙を突いて、タイチがYOSHI-HASHIにマイクスタンドで反則攻撃。ZSJがサブミッションマスターであると同時に、ヒール鈴木軍所属でもあることがしっかりと観客に伝わっていく。

 サブミッションで凌駕する局面を見せたオカダ。サブミッションだけではない立ち回りで余裕をみせたZSJ。いやがおうにも両国での結果を追いたくなる展開に。

 大会全体を通じて、個々の選手が自身のキャラクターを存分に生かしながら、次期タイトル戦への因縁が同時多発で拡大するタッグ対決が連発。団体としての盤石ぶりを見せつけた新日本の後楽園は、立ち上がれないオカダからのベルト強奪劇でZSJが締めた。

 セミファイナルではEVILが怪我から復帰、マスクと鎌も新調された。揃い踏みしたロスインゴ軍が大きな歓声を集め、EVIL自らがフォールを奪って投げキッス。タッグ王座は譲らない姿勢を見せつけている。

■新日本プロレス Road to SAKURA GENESIS 2018
日時:3月30日(金)18:30
場所:東京・後楽園ホール 観衆1,579人(主催者発表)

<第1試合>
△成田蓮
  15分00秒 時間切れ引き分け
△八木哲大

<第2試合>
●海野翔太
  6分40秒 ナガタロックⅡ
〇永田裕志

<第3試合>
●岡倫之
中西学
天山広吉
  8分47秒 エルガンボム⇒エビ固め
田口隆祐
〇マイケル・エルガン
真壁刀義

<第4試合>
〇石井智宏
ジェイ・ホワイト
後藤洋央紀
  11分22秒 垂直落下式ブレーンバスター⇒片エビ固め
●トーア・ヘナーレ
デビッド・フィンレー
ジュース・ロビンソン

<第5試合>
SHO
YOH
〇矢野通
  9分42秒 横入り式エビ固め
●タイガーマスク
KUSHIDA
棚橋弘至

<第6試合 EVIL復帰戦>
エル・デスペラード
●金丸義信
デイビーボーイ・スミスJr.
ランス・アーチャー
鈴木みのる
  17分42秒 EVIL⇒片エビ固め
高橋ヒロム
BUSHI
SANADA
〇EVIL
内藤哲也

<第7試合 スペシャルタッグマッチ>
タイチ
〇ザック・セイバーJr.
  17分18秒 レフェリーストップ
●YOSHI-HASHI
オカダ・カズチカ


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
[ファイトクラブ]記者座談会:やはり注視すべき団体は新日プロ、全日プロ、ノア

[ファイトクラブ]記者座談会:やはり注視すべき団体は新日プロ、全日プロ、ノア

[ファイトクラブ]渋谷TFC~浅草橋駅前ラゲージルームカフェ~IGF終焉~WMロンダ様特訓

[ファイトクラブ]渋谷TFC~浅草橋駅前ラゲージルームカフェ~IGF終焉~WMロンダ様特訓

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’18年04月05日号全日埼玉 原点回帰 ビンスSr CMA クイズ馬場 IGF RISE ラウェイ