ジョニー・インパクトが王座挑戦権を獲得!インパクト・レスリング!

(C)TNA

 2月22日(現地時間・放送日)に放送された『Impact』は、メインで現在、団体の最高峰王座であるインパクトグローバル王座(インパクト世界ヘビー級王座)への挑戦者決定戦として、ジョニー・インパクトとイーサン・カーター3世で争われた。現王者はインパクト・レスリング復帰後、いきなり前王者イーライ・ドレイクを破り、新王者になったオースチン・エリーズだ。エリーズへの挑戦権をインパクトが獲得したのだが、ここでイーサンが横やり。結果、一騎討ちで、挑戦者決定戦を行う事になったのだった。試合は、イーサンのセコンドにボディガード役であるタイラスがつき、試合に介入を繰り返す。しかし、タイラスのアシストがあっても、インパクトはカウント2で返す粘りを見せる。これに対し、イーサンは、タイラスにもっとしっかりアシストしろと罵声を浴びせたのだった。これに対し、タイラスも堪忍袋の緒が切れて、イーサンを見捨てて、バックステージに引き上げてしまったのだった。こうなるとインパクトが勢いを増し、最後は必殺のスターシップ・ペインを決めてインパクトが勝利。試合後、インパクトとエリーズがにらみ合い、王座戦への期待を高まらせた。
 また、セミファイナルではベビーフェイス転向したボビー・ラシュリーがエディ・エドワーズと組んで、oVeと対戦。ラシュリー、エドワーズ共にインパクト世界ヘビー級王座に輝いた実力者だけあって、試合は圧勝。最後はエドワーズが飛び蹴りでフォール勝ちした。
 更に、ムースとアルベルト・エル・パトロンもノーDQマッチで激突。反則が許可されたルールだけにパトロンが凶器攻撃でフォールを奪って勝利している。

■ Impact
日時:2018年2月22日(現地時間・放送日)
場所:アメリカ・フロリダ州オーランド TVテーピング

<インパクトグローバル王座挑戦者決定戦>
○ジョニー・インパクト
 ピンフォール
●イーサン・カーター3世

<タッグマッチ>
○ボビー・ラシュリー、エディ・エドワーズ
 ピンフォール
●oVe

<ノーDQマッチ>
○アルベルト・エル・パトロン
 ピンフォール
●ムース

<インパクトグランド王座タイトルマッチ>
○マット・サイダル(王者)
 ピンフォール
●ピーティ・ウィリアムス(挑戦者)

<シングルマッチ>
○ブライアン・ケイジ
 ピンフォール
●ハンター・リー

<タッグマッチ>
○ザ・カルト・オブ・リー
 ピンフォール
●LAX


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
▼[ファイトクラブ]映画『デトロイト』~WWEタブー境界線とビジネス考~DAZNとマット界

[ファイトクラブ]映画『デトロイト』~WWEタブー境界線とビジネス考~DAZNとマット界

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’18年02月22日号新日大阪KnockOut天心SEAdLINNNG狂虎WWEビジネス力道山RIZIN反則