グレック・レベロがトラビス・ビューをTKOして新王者!CES48

(C)CES

 2018年2月2日にロードアイランド州リンカーンで『CES 48: Wiuff vs. Rebello』が開催された。
 レガシーFC、RFAと共にアクセスTVで全米に放送されるようになって一躍、知名度が高まったCESだが、今大会ではヘビー級王座決定戦が行われた。試合は、トラビス・ビュー対グレック・レベロで争われ、ビューは日本の戦極や猪木ゲノムでも活躍した選手。特に藤田和之をKOした試合はインパクトを与えた。世界各国で試合をし続けているのだが、その試合数の多さから打たれ弱くなってきている。対するレベロはジ・アルティメット・ファイターやベラトールにも参戦経験があるが、近年はCESを主戦場にしており、元々はミドル級だが、現在はヘビー級まで階級を上げている。下馬評ではレベロ優位となっている。試合は、タックルにきたビューをがぶって潰したレベロがパンチ連打。やがてビューは崩れ落ち、レフェリーがストップ。レベロが秒殺TKO勝利で新王者となった。

■ CES 48: Wiuff vs. Rebello
日時:2018年2月2日(現地時間)
会場:アメリカ・ロードアイランド州リンカーン

<ヘビー級王座決定戦>
○グレック・レベロ(米国)
 1R 0分23秒 TKO
●トラビス・ビュー(米国)

※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
[ファイトクラブ]井上譲二の『週刊ファイト』メモリアル第31回 PRIDEの“取材拒否”よりもDSE社長の一言にカチン

[ファイトクラブ]井上譲二の『週刊ファイト』メモリアル第31回 PRIDEの“取材拒否”よりもDSE社長の一言にカチン

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’18年02月08日号ロイヤルランブルXFL豆腐プロレス藤波猪木雪の札幌PRIDE桜庭和志