WBA世界ミドル級王者の村田諒太が、上戸彩や菜々緒らとジュエリーの賞を受賞


 第29回 日本ジュエリーベストドレッサー賞の授賞式が25日都内にて開催された。同賞は過去1年間を通じて『最も輝いていた人』『最もジュエリーが似合う人』『今後もさらに、ジュエリーを身につけて欲しい人』を世代別、男性部門、特別賞の部門別に選考が行われ、ロンドン五輪ミドル級金メダリストで現WBA世界ミドル級王者のプロポクサー・村田諒太(32)が男性部門特別賞を受賞。

 「自分が一番なんでやねんって思ってます。皆さんスピーチも上手で。そりゃそうですよね。人の前で演技するのが仕事の人と人の前で殴り合うのが仕事の人とでは違うわなと(笑)。あきらめてここに立っていますけども、久しく恥ずかしい仕事でございます」

 マイクの前に立つと、自虐的なコメントで場内の爆笑を誘う村田。

 「結婚する時にカミさんに買ったり、プロ入りのときの契約金でこれから頑張るぞという気持ちでカミさんに買ったり、いらんことしてバレた時にごめんなさいという気持ちで買った時計とか、いろんなことを思い出します」
 「いい試合をどんどんしていって、またカミさんに買ってあげられたらと思います」

 自分のためにジュエリーを買うことなく、妻へのプレゼントのみ。強い男は優しいのである。

 岡田圭右の娘・岡田結実、『戦極』のラウンドガールだったこともある菜々緒

 その他の受賞者は、岡田結実(10代部門)、菜々緒(20代部門)、上戸彩(30代部門)、遼河はるひ(40代部門)、浅野ゆう子(50代部門)、大竹しのぶ(60代以上部門)、福士蒼汰(男性部門)、浅丘ルリ子(特別賞・女性)であった。

※電子書籍グラビア拡大版は週刊ファイト2月1日号に収録されます。

 CM好感度ランキングの常連・上戸彩は32歳。夫はEXILEのHIROだ。
 年末に一般男性との結婚を発表した57歳の浅野ゆう子も受賞。


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
▼[ファイトクラブ]Ultimate Underdogマクレガーを10Rキャリーしたメイウェザー完勝のツボ

[ファイトクラブ]Ultimate Underdogマクレガーを10Rキャリーしたメイウェザー完勝のツボ

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’17年09月07日号全日両国メイマク金商売トリプレマニアTAKAタイチ新日キック