イーライ・ドレイクが王座防衛!ジェームス・ストーム追放!インパクト!

(C)TNA

 1月4日(現地時間・放送日)に放送された『Impact』は、2018年最初の放送という事もあり、4つの王座戦が組まれた。インパクト世界ヘビー級王座戦は悪党王者イーライ・ドレイクにアルベルト・エル・パトロンが挑戦した。パトロンはヒール転向したが、同じヒールであっても王座を保持するドレイクを付け狙い、ヒール同士での王座戦となった。試合は、なかなか決着がつかない苛立ちからドレイクがベルトを凶器として持ち出す。しかし、パトロンは返り討ちにしてフォールするが、カウント2で返されてしまう。スリーカウント入ったと激しくレフェリーに抗議するパトロンは遂にレフェリーを押し倒してしまう。その隙にドレイクがベルトでパトロンを強打。そしてドレイクがフォールを奪って王座防衛を果たした。今回は悪のインサイドワークではドレイクの方が一枚上手だったようだ。
 また、タッグ王座戦はLAXが、Xディビジョン王座戦はイシモリが新王者に輝いた。
 また、MMAチーム、アメリカン・トップ・チームを率いてインパクトマットを荒らしまくるボビー・ラシュリーらと抗争を繰り広げていたジェームス・ストームが遂に、敗れれば団体を去る事を条件にアメリカン・トップ・チームのコーチであり、インパクトではマイク担当となっているダン・ロンバートと対戦した。しかし、いつも通り、ラシュリー、キング・モーらアメリカン・トップ・チームの面々が試合に乱入。1対複数という過酷な条件となったストームはビール瓶で殴られてロンバートにフォール負けをしてしまう。これで、ストームはインパクトから追放となった。

■ Impact!
日時:2018年1月4日(現地時間・放送日)
会場:カナダ・オンタリオ州オタワ(TVテーピング)

<インパクト世界タッグ王座タイトルマッチ>
○LAX(挑戦者)
 ピンフォール
●oVe(王者)

<インパクト世界ヘビー級王座タイトルマッチ>
○イーライ・ドレイク(王者)
 ピンフォール
●アルベルト・エル・パトロン(挑戦者)

<シングルマッチ>※ストームが敗れれば団体を去る
○ダン・ロンバート
 ピンフォール
●ジェームス・ストーム

<インパクトグランド王座タイトル3WAYマッチ>
○イーサン・カーター3世(王者)
 判定
●マット・サイダル(挑戦者)、ファラー・バー(挑戦者)

<Xディビジョン王座タイトルマッチ>
○イシモリ(挑戦者)
 ピンフォール
●トレヴァー・リー(王者)


▼[ファイトクラブ]WWEロンダ・ラウジー~ドン・キャリスTNA執行部入り~マット界師走

[ファイトクラブ]WWEロンダ・ラウジー~ドン・キャリスTNA執行部入り~マット界師走

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’17年12月21日号鷹の爪3新日全日タッグ力道山新日本キックKnockOutラウェイPan

’18年1月4-11日合併号1・4新日Lion’sGate国際プロGカブキDeepRizinラウエイ