ケビン・ヴァン・ノーストランドが新王者!GLORY 48

(C)GLORY

 12月01日(現地時間)にニューヨーク州ニューヨークで『GLORY 48』が開催された。
 K-1失速後、世界最大のキック団体となっているグローリーだが、最近は米テレビ局と長期契約、UFCファイトパスと契約でネット生配信もはじまり、勢いに乗っている。一時は北米進出にこだわるあまり失速していたものの、現在は本拠地である欧州を中心に戻し、勢いを増している。
 今大会はマジソン・スクエア・ガーデンに進出。メインはフェザー級暫定王座決定戦でケビン・ヴァン・ノーストランドとアンヴァー・ボイナザロフが対戦した。ノーストランドは2017年7月に行われたトーナメントで優勝、ボイナザロフは2017年10月に行われたトーナメントで準優勝だが、優勝者のアブデラ・エズビリが欠場になったことを受けて繰り上げとなった。試合はノーストランドの攻撃でダメージを受けたのか、スタンドで向き合っている時に、ボイナザロフが崩れ落ちて試合続行不可能となり、ノーストランドがTKO勝利で新王者に輝いた。
 また、元UFC戦士であるチアゴ・シウバが、キックボクシングデビュー戦を行った。対戦相手は、大型ファイター、ジョン・キングで、試合は、シウバが判定勝ち。キックボクシングデビュー戦を勝利で飾った。

■ GLORY 48
日時:2017年12月01日(現地時間)
会場:アメリカ・ニューヨーク州ニューヨーク マジソン・スクエア・ガーデン

<フェザー級暫定王座決定戦>
〇ケビン・ヴァン・ノーストランド(米国)
 1R 1分6秒 KO
●アンヴァー・ボイナザロフ(ウズベキスタン)

<ミドル級コンテンダートーナメント決勝>
○ロバート・トーマス(カナダ)
 3R 0分18秒 KO
●マイク・ルメール(米国)

<ライトヘビー級>
〇チアゴ・シウバ(ブラジル)
 判定 3-0
●ジョン・キング(米国)

<ミドル級コンテンダートーナメン準決勝>
〇ロバート・トーマス(カナダ)
 判定 3-0
●ウェイン・バレット(米国)

<ミドル級コンテンダートーナメン準決勝>
〇マイク・ルメール(米国)
 延長判定 3-0
●マット・ベイカー(米国)

スーパーファイトシリーズ
<女子スーパーバンタム級王座タイトルマッチ>
〇アニッサ・ミクセン(フランス)
 判定 3-0
●ティファニー・ヴァン・スースト(米国)

<ミドル級>
〇クリス・カモージ(米国)
 2R 3分0秒 TKO
●カイル・ワイカー(米国)

<ライト級>
〇エルヴィス・ガシ(米国)
 判定 3-0
●ネイト・リチャ-ドソン(米国)

<ミドル級>
〇イヴァン・ガラス(米国)
 判定 2-0
●ポール・バナシアク(米国)

<ライト級>
〇イタイ・ガルション(イスラエル)
 判定 3-0
●ジャスティン・ホウトン(米国)

※電子書籍版は’17年12月14日号鷹の爪2ドン荒川追悼新間寿原点回帰馬場最強タッグJewelsポーゴに収録されました。


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
▼[ファイトクラブ]森井洋介が町田光を斬り割き、勝次との決勝戦へ~10・4KNOCK OUT後楽園

[ファイトクラブ]森井洋介が町田光を斬り割き、勝次との決勝戦へ~10・4KNOCK OUT後楽園

▼[ファイトクラブ]斬られた侍 夢果てし町田光の現在(いま)

[ファイトクラブ]斬られた侍 夢果てし町田光の現在(いま)

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’17年12月07日号鷹の爪新日G馬場新間寿PURE-JダイスケRISE巌流島JEWELS川村虹花