ベルギー開催Cage Warriors 89、ドイツ開催ACB75、欧州MMA2大会!

(C)Cage Warriors

 11月25日(現地時間)にベルギー・アントウェルペンで『Cage Warriors 89』が開催された。
 このケージ・ウォリアーズファイティング・チャンピオンシップ(CWFC)は、ロンドンに本拠を置くMMA団体だ。 大会ケージ・ウォリアーズは2001年に設立され、2002年7月にロンドンで最初のMMAイベントを開催した。コナー・マクレガー、マイケル・ビスピンという大物UFCファイターがUFC参戦前に、このケージ・ウォリアーズの王者として活躍していた。
 今大会はベルギーに進出。メインは、元ベラトール戦士のカール・アモーゾと元UFC戦士のドミニーク・スティールの一戦が組まれた。アモーゾはベラトールからリリースされて以降、無敗、スティールは2017年10月にリリースされており、再契約に向けて始動という感じで共に負けられない試合となっている。試合はスティールが判定勝ちで、欧州という敵地で堂々の勝利となった。
 また、前王者DJ・リンダーマンが2012年にレガシーFC移籍に伴い返上され、長らく空位となっていたヘビー級王座決定戦が組まれた。マウロ・セリリとニルス・ファンノードで争われ、共に欧州戦士同士となっている。試合はセリリが1Rにグランドで上を奪って豪快なパウンドでTKO勝利。ヘビー級らしい迫力満点の試合となった。

■ Cage Warriors 89
日時:2016年11月25日
会場:ベルギー・アントウェルペン

<ミドル級>
○ドミニーク・スティール(米国)
 判定
●カール・アモーゾ(ドイツ)

<ヘビー級王座決定戦>
○マウロ・セリリ(イタリア)
 1R 2分24秒 TKO
●ニルス・ファンノード(オランダ)


(C)Absolute Championship Berkut

 11月25日(現地時間)にドイツ・シュトゥットガルトで『ACB 75: Stuttgart』が開催された。
 このアブソリュート・チャンピオンシップ・ベルクートはロシアの総合格闘技団体。団体名のベルクトはコーカサスで尊敬されている鷲の名前から取っている。2012年から精力的に大会を開催してきたMMA団体で、ロシア人同士だけではなく、ロシア勢が(ロシアから見て)海外勢と対戦するカードも多く組まれる国際的な大会だった。しかし、最近はチアゴ・シウバ、ポール・ブエンテロ、マイク・カイルという世界的に有名な元UFCファイターと契約し、ロシア対世界ではなく、ワールドワイドなMMA団体となり、世界各国での大会開催を発表。2017年1月には遂にアメリカ進出も果たした。
 今大会はドイツ進出、メインは元々、地元ドイツの元UFC戦士、デニス・シバーが登場する予定だったが、欠場により繰り上がりでライト級戦、ウスタルマゴメド・ガジダウドフ対エイドリアン・ジレンスキの再戦となった。前回の対戦ではジレンスキが判定勝ちしているが、今回はガジダウドフが、スタンドで追い詰め、首相撲からの膝蹴りでKO勝ち。見事にリベンジを果たした。またセミファイナルでは、ドブレダン・ヤシムラドフが元UFC戦士ヨアキム・クリステンセンに豪快なKO勝ちしている。

■ ACB 75: Stuttgart
日時:2017年11月25日(現地時間)
会場:ドイツ・シュトゥットガルト

<ライト級>
○ウスタルマゴメド・ガジダウドフ(ロシア)
 1R 1分17秒 TKO
●エイドリアン・ジレンスキ(ポーランド)

<ライトヘビー級>
○ドブレダン・ヤシムラドフ(トルクメニスタン)
 1R 1分14秒 TKO
●ヨアキム・クリステンセン(デンマーク)

<ライト級>
○オウレル・ピルテア(ルーマニア)
 1R 4分29秒 ギロチンチョーク
●ダウド・シェイハエフ(ロシア)

<フェザー級>
○ブレンダン・ラフナン(英国)
 3R 3分40秒 TKO
●パアタ・チャペリア(ジョージア)

<ウェルター級>
○ラマザン・クラマゴメドフ(ロシア)
 判定
●ミンダガス・ベルディカス(リトアニア)


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
▼[ファイトクラブ]新日タッグリーグ開幕~WWE番組評価~北米テレビ放送権契約更改

[ファイトクラブ]新日タッグリーグ開幕~WWE番組評価~北米テレビ放送権契約更改

▼[ファイトクラブ]9・23UFN117さいたまスーパーアリーナ解析~女子戦など世界との差異!

[ファイトクラブ]9・23UFN117さいたまスーパーアリーナ解析~女子戦など世界との差異!

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)

’17年10月05日号UFC日本DDT買収ゲームショー潜入雫有希ポーゴ伊勢崎暗黒ラウェイ