那須川天心がKO勝ち!DoAトーナメントは内藤大樹が優勝~RISE 121

 11月23日にトーキョードームシティホールで『RISE 121』が開催され、那須川天心が体重オーバーでノンタイトル戦になってしまったイグナシオ・カプロンチにKO勝ちした。マイクを握った那須川は「イグナシオ選手、体重オーバーしてプロとしてどうかなと思ったんですけど、それを思わせない強い選手で本当のファイターだなと思いました。またベストの状態の時にもう1回、僕がアルゼンチンにいって試合をしてもいいなと思っています。」
「今回タイトルマッチじゃなくなっちゃったんですけど、このベルトは僕が16歳の時に、デビューして初めて取ったベルトなんで。自分はいくらベルトが出来てもこのベルト一本だけで良いと思ってます。世界最高の選手が、RISEの55kgにいるというのを勝ち続けて証明したいと思っています。」
「DoAのトーナメントやってますけど、その優勝者、ぜひ俺と戦いましょう。階級は57kgで上ですけど全然問題ないんで、後今年も年末試合すると思うんで、皆さんテレビや会場に来ていただいてインパクトある素晴らしい試合をしたいです」と述べた。

 DEAD OR ALIVEトーナメントは、決勝でシュートボクシング日本スーパーバンタム級王者の内藤大樹が、WBCムエタイ・インターナショナル・フェザー級王者のMOMOTAROを延長の4RでTKOして優勝、那須川天心へのリベンジを口にしている。

※電子書籍版は12月7日号に掲載されました。

■ RISE 121
日時:11月23日 
会場:東京・東京ドームシティホール

<第11試合 メインイベント 決勝 3分3R(最大延長2R)
●MOMOTARO(OGUNI GYM/WBCムエタイ・インターナショナル・フェザー級王者)
 延長4R 0分56秒 TKO
○内藤大樹(ストライキングジムAres/SB日本スーパーバンタム級(55kg)王者)

<第10試合 セミファイナル ノンタイトル戦 3分5R(延長1R)>
○那須川天心(TARGET/RISEバンタム級(-55kg)王者、ISKAオリエンタル世界同級王者)
 2R 1分15秒 KO
●イグナシオ・カプロンチ(アルゼンチン/ドージョー・セルピエンテ/WKN世界57kg級王者、WKC世界60kg級王者)

<第9試合 RISEスーパーフェザー級(-60kg)タイトルマッチ 3分5R(無制限延長R)>
●野辺広大(RISE ON/INSPIRIT/王者)※初防衛戦 ※1-siam gymから所属変更
 判定3-0 (49-47/49-45/49-45)
○イ・チャンヒョン (韓国/RAON/RISE 1位)※仁川ムビジムから所属変更
※チャンヒョンが新王者に

<第8試合 準決勝 3分3R(延長1R) 一回戦(3)勝者 vs. (4)勝者>
●工藤政英(新宿レフティージム/RISEフェザー級3位、元REBELS 55kg級王者)
 判定0-3(28-30/28-30/27-30)
○内藤大樹(ストライキングジムAres/SB日本スーパーバンタム級(55kg)王者)

<第7試合 準決勝 3分3R(延長1R) 一回戦(1)勝者 vs. (2)勝者>
●森本“狂犬”義久(BRING IT ONパラエストラAKK/RISEフェザー級(-57.5kg)1位)
 判定0-3(29-30/28-29/29-30)
○MOMOTARO(OGUNI GYM/WBCムエタイ・インターナショナル・フェザー級王者)

<第6試合 ライト級(-63kg) 3分3R(延長1R)>
●北井智大(チームドラゴン/RISE 2位)
 判定0-2(28-28/27-28/27-28)
○秀樹(新宿レフティージム/RISE 11位、K-1 ULTIMATE VICTOR -65kgトーナメント’17優勝)

<第5試合 一回戦( 3分3R(延長1R)>
○内藤大樹(ストライキングジムAres/SB日本スーパーバンタム級(55kg)王者)
 延長判定3-0(10-9/10-9/10-9)
●原口健飛(聖武会館/JAPAN CUP 2017 -57kgトーナメント優勝、ACCELフェザー級王者)

<第4試合 一回戦 3分3R(延長1R)>
○工藤政英(新宿レフティージム/RISEフェザー級3位、元REBELS 55kg級王者)
 1R 1分27秒 KO
●KEN・FLYSKYGYM(FLYSKYGYM/RISEフェザー級10位、DoA ROOKIES LEAGUE 2017優勝)

<第3試合 一回戦 3分3R(延長1R)>
○MOMOTARO(OGUNI GYM/WBCムエタイ・インターナショナル・フェザー級王者)
 判定3-0(28-27/28-26/28-26)
●宮崎就斗(TARGET/RISEフェザー級6位)

<第2試合 一回戦 3分3R(延長1R)>
○森本“狂犬”義久(BRING IT ONパラエストラAKK/RISEフェザー級(-57.5kg)1位)※BRING IT ONパラエストラ葛西より所属名変更
 2R 2分48秒 KO
●翔貴(岡山ジム水島道場/ルンピニージャパン・フェザー級王者、INNOVATION 1位)

<第1試合 リザーブマッチ 3分3R(延長1R)>
●佐野貴信(創心館/RISEフェザー級7位)
 1R 1分39秒 KO
○泰良拓也(パウンドフォーパウンド)

那須川天心対イグナシオ・カプロンチ

内藤大樹対MOMOTARO

大会終了

試合後の囲み取材より
(年末について)「僕はキックボクシングを広めたい。MMA(総合格闘技)はMMAでいいところがあるけれど、両方やって両方チャンピオンになれるような生ぬるい競技じゃない。どんなルールになるか分かりませんが、僕はキックボクシングルールでやりたい。」
「2連戦はもう絶対にやりたくない。」
(那須川へのリベンジ)「僕がいま頑張れているのはそれがあったから。2年前に負けて、そこだけを目指して頑張ってきました。いつでも出来るように準備をしておきます。」

▼スーパー高校生・那須川天心が3戦連続KOでBLADE-55kg級タイトル獲得!

スーパー高校生・那須川天心が3戦連続KOでBLADE-55kg級タイトル獲得!


※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’17年09月28日号ヒーナン追悼WWE大阪W1芦野祥太郎UFC直前Rise新日キック加藤遥
▼9・15『RISE119』後楽園ホール大会
 Photo & Text by 紅 闘志也
・勝次と『KNOCK OUT』でのダウン応酬死闘で名を残した不可思x麻原将平2
・メインはRISEライト級(63㎏)不可思がカット呼び込み判定勝利で防衛!
・17歳の安本晴翔がTKO勝利で無敗をキープ!
・試合を控えた那須川天心vs.野辺広大エキシ!
・アルゼンチンのイグナシオ・カプロンチKO勝利で那須川との対戦をアピール!
・DoA ROOKIES LEAGUE(-57kg)KEN・FLYSKYGYMが不戦勝で優勝!