ハローキティとプロレスラーが『平成29年​産福井米キャンペーン』PR大使に就任



 9月1日、サンリオピューロランド内ディスカバリーシアターにて『平成29年産福井米キャンペーン発表会』が開催された。

 JA福井(福井県経済農業協同組合連合会)では、平成29年産福井米キャンペーンとして、平成29年9月1日より11月31日までの3か月間ハローキティとのコラボレーションが決定。

 TV-CMや映画館CM、駅媒体の活用などのメディアでの露出や、キャラバンカーによるPRキャラバン、店頭PRなど様々な展開を以下のように実施することが発表された。

<キャンペーン内容>

 福井県産の『こしひかり』・『あきさかり』・『ハナエチゼン』などの商品を購入し応募券を送ると抽選により、

・クリスマスにハローキティが来てくれる「遊びに来る」賞(1名様)

・サンリオピューロランド親子入場券が当たる「会いに行く」賞(86名様)

・お正月にハローキティより年賀状が届けられる「年賀状」賞(10000名様)

・JA福井のお米を楽しむことが出来る「まんぷく」賞(500名様)

 総合計10587名様に素敵なプレゼントをお送りさせていただきます。

 一昨年にはPR大使に水谷千重子さんとおかずクラブが就任し、昨年は森三中が『ふくい新米三人娘』に就任した福井米のキャンペーン。今年のキャンペーン大使に選ばれたハローキティが会見に登場すると、会場に詰めかけた150人ほどの一般観覧者から大きな拍手が起きる。JA福井県五連の田波俊明会長より委嘱状が渡され、ライスレディに選ばれたJA福井市の田中紗季さん、JA花咲ふくいの川崎愛華さん、JA福井県経済連の猪坂萌希さんによりタスキがかけられると、ハローキティが平成29年産福井米キャンペーン大使に認定された。

 しかしここで「チョット待ったー!」と、ぽっちゃり系ブランドでファッションモデルも務めるアーサ米夏(21)、アイドルレスラーのアサッテ海苔香(自称21)、9歳からプロレスを初め、日本のみならずイギリス、台湾、タイなどでも活躍し、かつてジャガー横田なども巻いたAWF世界女子王座にも君臨した事がある最強の可愛すぎる女子レスラー里歩(20)の3人からなるプロレスラーアイドルユニット『おにぎりプロレス』が乱入。

 おにぎりプロレスは「福井と言えばプロレスラーの天龍源一郎さんの生まれ故郷!そして私達はおにぎりプロレスとしてプロレスラーを代表してお米文化の素晴らしさを日夜伝えている!私達ほど今回のキャンペーンに適任なPR大使はいないでしょう!」とアピール。

 プロレスラーであることを示すため、お米30kgをアーサ米夏が担ぎ上げる事となり、見事30kgのお米を肩に担いで10秒間ジャンプやスクワットを成し遂げると会場からは大歓声。見事おにぎりプロレスもPR大使就任が認められた。

 今後は「一食で三合食べる」とコメントしたお米好きのアーサ米夏のコスチュームに『福井米』のブランドロゴが入り全国での試合でアピールする他、SNSなどを含めて様々PRを行っていく。

<福井米キャンペーン公式HP>

http://www.fukuimai2017.jp/

<おにぎりプロレスHP>

http://gatohmove.com/onipro/

【福井米とは】

豊かで澄んだ水があふれる清流大河「九頭竜川」は、山野を流れ下りながら穀倉地帯をたっぷりと潤しています。農業用水取水口より上流には、水質劣化を引き起こす工場などがほとんどなく、清らかな流れを象徴するかのように、澄んだ水の生き証人サクラ鱒が今も生き続けています。

九頭竜川の清らかな水と、降り注ぐ輝く太陽と年間平均約2,000ミリをはるかに超える豊かな雨の恵みが、土は柔らかく、満々とした滋養を含む大地を作り出しています。

その恵まれた大地に、福井県民の性格である「勤勉」「真面目」、手間を惜しまず丹念に心を込めて、本当に良いものを作ろうとする頑固なまでの気質が加わり、美味しいお米を育て上げています。

日本の美味しいお米の代表でもある「コシヒカリ」発祥の地であることからも、お米を作る上での福井県の環境の良さがお分かりいただけると思います。


▼[ファイトクラブ]メイ・ヤング・クラッシク配信~女子ガチAAAトリプレマニア~世紀の一戦メイマク~裏ネタ日本

[ファイトクラブ]メイ・ヤング・クラッシク配信~女子ガチAAAトリプレマニア~世紀の一戦メイマク~裏ネタ日本


※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’17年09月07日号全日両国メイマク金商売トリプレマニアTAKAタイチ新日キック