リコシェが優勝!プロレスリング・ゲリラ、バトル・オブ・ロサンゼルス2017

(C)PWG

 9月3日(現地時間)にカリフォルニア州レシーダでPWG「2017 Battle of Los Angeles」が開催された。
 北米インディーにおける西海岸の雄であるPWG(プロレスリング・ゲリラ)、日本との関わりとしてはDRAGON GATEがアメリカ遠征で参戦した他に新日本プロレス、プロレスリング・ノア、DDTプロレスリング、WRESTLE-1、スターダムにPWG参戦経験を持つ外国人選手が参戦している。
 今大会は北米インディー最強決定トーナメントと言えるバトル・オブ・ロサンゼルスが開催された。元々は北米インディーのトップ選手を揃えて開催されていたが、一時期、友好関係にあったROHが選手の貸し出しを禁止(当時ROH所属のアダム・コールがPWGの試合で怪我を負い長期欠場した為)となっていた。その間、PWGはメキシコや欧州の選手を集めるようになり、更にROHとも関係回復、更に他団体に選手の参戦を禁止していた全米第二の団体TNAの親会社がバンダエナジー社からアンセム社に代わった事で、こちらの方針も変更となりTNA参戦選手までも参戦するようになり、文字通りインディー最強決定トーナメントとなった。結果、新日本プロレスを主戦場にしているマイケル・エルガン、欧州からザック・セイバーJr.、メキシコからペンタ・エル・ゼロ(ペンタゴンJr.)ら世界の大物らがトーナメントに参戦するも、決勝に勝ち残ったのはリコシェ、キース・リー、ジェフ・コブという北米の3名だった。決勝は3WAYマッチで行われ、まずコブが脱落。リコシェとリーの一騎打ちとなったが、最後はリコシェがスモールパッケージで勝利。これでリコシェは2度目のBOLA優勝となり、現PWG世界王者チャック・テイラーに挑戦を表明した。

■ PWG「2017 Battle of Los Angeles」
日時:2017年9月3日(現地時間)
場所:アメリカ・カリフォルニア州レシーダ

<BOLA 決勝3WAYマッチ>
○リコシェ
 ピンフォール
●キース・リー
ジェフ・コブ

<10人タッグマッチ>
○チャック・テイラー、マーク・ハスキンス、フラッシュ・モーガン、フラミータ、ジョーイ・ジャネーラ
 ピンフォール
●ブライアン・ケイジ、トレヴァー・リー、サミ・キャラハン、ウォルター、ジョナ・ロック

<BOLA 準決勝>
○ジェフ・コブ
 ピンフォール
●マット・リドル

<BOLA 準決勝>
○キース・リー
 ピンフォール
●レイ・フェニックス

<BOLA 準決勝>
○リコシェ
 ピンフォール
●トラヴィス・バンクス


▼[ファイトクラブ]メイ・ヤング・クラッシク配信~女子ガチAAAトリプレマニア~世紀の一戦メイマク~裏ネタ日本

[ファイトクラブ]メイ・ヤング・クラッシク配信~女子ガチAAAトリプレマニア~世紀の一戦メイマク~裏ネタ日本


※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’17年09月07日号全日両国メイマク金商売トリプレマニアTAKAタイチ新日キック