L.I.J軍団も掌握でTAKA笑い!名より実を取る2番締め!TAKA&タイチ興行新宿Face 

 TAKAみちのくとタイチが、G1真っ最中から再三チラシを見せつけたりBUSHIのマスクを剥いだりと煽ってきた『TAKA&タイチ興行 SEASON2』8・28新宿が開催された。
 ROHに乞われて英国にまで行く人気のL.I.Jから、ヒロムとBUSHIが参戦するとあってチケットは早々に完売。立ち見の当日券を出す盛況となった。

 壁にヒロムとBUSHIの横断幕が掲示されるアウェー感の中だが、KAIENTAI DOJO勢としては普段観に来ていない層へ絶好のアピールの場。 
 第1試合は、LION’S GATEで新日ファンにお馴染みダイナソーが登場したが、目立ったのはマリーンズマスク(4代目)と、SUPER J CUP出場経験もあるベテラン梶トマト。
 
 第2試合、女子シングルマッチはベテランバンビが新人のERNA相手だけにムチは封印、貫禄のギブアップ勝ち。

 第3試合は、負傷欠場となった葛西純のピンチヒッターで青柳優馬が登場。急遽の参戦となったが、流石のセンスで最上九を相手に試合を組み立てた。
 

 ここでなんと、包帯姿が痛々しい葛西がリングイン。帽子をとって殊勝に頭を下げたかと思いきや、いつもの葛西節に戻って笑いを誘うと、前回興行で遺恨勃発したままの飯塚高史戦をぶち上げた。
 とはいえ、腕の負傷は包帯越しでもハッキリ解るかなりの重症。9.3FREEDOMS大阪は欠場が確定しているが、復帰時期は不透明。


 9・1には第2子誕生も予定されている葛西だけに、治療に専念しつつ、開店した自身のオンラインショップの運営に力を入れることになりそうだ。

 休憩を挟んで、アイドルグループ『READY TO KISS』が登場。

 プロレス、アイドルコスチューム製作でお馴染みGet Crazyのナオキ氏がプロデュースしている縁と思われる。
 2015年にユニバーサルからメジャーデビュー後、今年9月にキングレコードから再メジャーデビューを果たす希有なグループ。
 キングといえば、プロレス的発想でトップアイドルに昇り詰めたももいろクローバーZも所属。継続してプロレスに関わってくることもありそうで、注目したいところ。

 セミファイナルは21周年という無理矢理な記念スペシャルマッチの金丸-鈴木みのる戦。

 こじつけの記念試合に鈴木も気のない表情だったが、金丸のストンピングでスイッチが入ると、場外戦で椅子の乱打。
「場外カウントが遅い! 」
と、本部にクレームをつけ、グラウンドでは金丸の手足を自在にキメてやりたい放題。
 金丸の唯一の見せ場はウィスキー噴霧ぐらいで、最後は伝家の宝刀ゴッチ式パイルドライバーに沈んだ。さらに試合後にウィスキーを逆に口に流し込まれる悲惨なオチがつく21周年となった。

 メーンは、ヒロム、BUSHIがお揃いのオーバーマスクで登場してL.I.Jファンがヒートアップ。TAKAに続いて登場したタイチは、1曲フルに流しての入場で、アウェー感満載のファンへサービス。


 試合の方は、矢野ばりになかなか組まないタイチにヒロムがふて腐れて場外で転がったかと思えば、猫拳攻撃の応酬があったりと自由な空間で普段できないプロレスを展開。
 1本づつ取りあったあとは、タイチのマイクスタンド攻撃をBUSHIが毒霧で撃退。
 最後は合体のMXでTAKAを沈めた。

 
 引き上げようとするL.I.Jにタイチがマイクを持ち、
「お前らじゃ物足りねえんだ。他のメンバーも使ってやるよ」
と吠え、その一方TAKAはコーナーでグロッキー状態で場内爆笑。
 そこでエプロンに戻ったBUSHIが
「お前らは負けたんだ。他のメンバーでもKAIENNTAI DO-JOでもどこでもやってやるよ。エン・セリオ マ・ジ・で! 」
と返したところに梶トマトがやってきてアピールすると、蘇生したTAKA劇場が開幕。
 10・15後楽園での「TAKA タイチ組対BUSHI ロスインゴのヘビー級誰か」を発表
「なんとかセリオ、マ・ジ・だ! 」
とぶち上げ、やんやの歓声。

負けて「物足りない」と理不尽アピールのタイチ
グロッキーのTAKA
BUSHIが受けて立つといった刹那
息を吹き返す絶妙のタイミング

 L.I.Jの2人ををようやく解放すると、
「ハレパは俺たちが先なんだよ」
とアピールして、タイチ、あべみほと拳を合わせる。さらに
「ロスインゴ軍団も立ってくれ」
と、L.I.Jファンにリクエスト。
 TAKAタイチの老獪なファイトにフラストレーションを溜めつつも、壮快な勝利に気分を良くしたL.I.Jファンも快く応じると、2マークを突き上げた会場全体で、
「TAKAタイチ・デ・ハ・ポン TAKAタイチ2番! 」 
の合唱で締めくくった。

詳報は9月1日発売号に掲載!  

■ TAKA&タイチ興行 SEASON2
日時:8月28日(月) 16:00開場 19:00開始
会場:東京・新宿FACE
観衆:509人(超満員札止め)

<第1試合 KAIENTAI DOJO提供スペシャル6人タッグマッチ 20分1本勝負>
○梶トマト 滝澤大志 GO浅川
 6分08秒 レッドアイ(高速ラ・マヒストラル)
吉野コータロー ダイナソー拓真 ●マリーンズマスク

<第2試合 KAIENTAI DOJO提供スペシャル女子シングルマッチ 20分1本勝負>
○バンビ
 4分49秒 バンロック※ギブアップ
●ERINA

<第3試合 シングルマッチ 30分1本勝負>
○青柳優馬
 6分7秒 ロックスターバスター⇒片エビ固め
●最上九

<第4試合 金丸義信デビュー21周年記念スペシャルシングルマッチ 30分1本勝負>
○鈴木みのる
 15分12秒 ゴッチ式パイルドライバー⇒体固め
●金丸義信

<第5試合 スペシャルタッグマッチ 時間無制限3本勝負>
TAKAみちのく
○タイチ
 vs.
高橋ヒロム
●BUSHI

<1本目>
○タイチ
 8分13秒 タイチ式外道クラッチ
●BUSHI

<2本目>
●タイチ
 5分52秒 ブシロール
○BUSHI

<3本目>
●TAKAみちのく
 15分44秒 合体MX(仮)⇒片エビ固め
○高橋ヒロム

※2-1で高橋ヒロム&BUSHIの勝利

※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)

[ファイトクラブ]8・8横浜 29年目のフルタイムドローの誤謬〜鈴木みのるは何故オカダを寝させなかったのか〜

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’17年08月31日号NXTサマースラム究極龍30KnockOutラウェイ立川格闘技UFC薬害