内藤が棚橋を破ってG1両国史上初の「デ・ハ・ポン」締め! 永田が観客席を青に染めるも最終公式戦敗退

 11日、新日本プロレスのG1クライマックスがついにファイナルとなる“両国3連戦”の初日を迎えた。

 勝った方が優勝決定戦進出となるメインは棚橋と内藤の顔合わせ。負傷ないしは爆弾を抱える棚橋の右腕、内藤の右膝。当然のようにお互いに狙われ、決定打を食らえば“脱落”する緊張感が漂う。試合は土壇場での棚橋のハイフライフロー2発目をかわした内藤がデスティーノを2発決めて勝利。

 ロスインゴ勢とともに「デ・ハ・ポン」締めした内藤。実は、“G1両国”としては初めての光景。これが見たかった観客は最高の時間を過ごし、酔いしれた。

 2016年の東スポプロレス大賞MVPそして今年のNumber版プロレス総選挙を獲得している内藤なのだが、達成していない目標がある。それが、ドームのメインに立つこと。G1を制覇すれば、目標に大きく近づくことをファンは知っている。内藤とともに歩みを進められる喜びが両国には充満していた。

 さりとて、ナイトーコールとゴーエース(タナハシ)コールは、寄せては返す波のようだった。ピンチの後にコールが起こるから、内藤の夢実現と棚橋の復活劇、両方を見たい心情もあったのだろう。

 公式戦最終日だけ箱が大きいというのは、ロジカルに考えるとおかしい。最終得点が判明し、進出者は決まる。それでも単なる公式戦が行われる日に過ぎないのだ。だからファンは、何が起きるかを頭の中に妄想してチケットを買い、大きな箱に相当するドラマが起きることに賭けてみる。

 夢実現を追う内藤にも、復活劇を仕掛ける棚橋にも本気があった。両方を見たいファンの心情は十分にかなったのではなかろうか。この空間に身を置くことは二度とできないのだから。ファンも団体も賭けに勝ったのだ。

 なお、今年のG1を最後の出場としていた永田裕志は、升席中から「永田」と書かれた紙を掲げられての応援で後押しされた。バッドラック・ファレに敗戦するも、往年の動きや技が甦る。一時期、師弟関係だったファレはヒールながら最後に永田に一礼。オールドファンは涙したのだった。

■新日本プロレス ローソンチケット Presents G1 CLIMAX 27
日時:2017年8月11日(金)18:30
場所:東京・両国国技館 観衆7,495人(札止め)

<第1試合>
〇エル・デスペラード
タイチ
鈴木みのる
  6分18秒  ピンチェ・ロコ⇒体固め
北村克哉
岡倫之
●川人拓来

<第2試合>
●BUSHI
SANADA
  5分22秒  ガン・スタン⇒片エビ固め
タンガ・ロア
〇タマ・トンガ

<第3試合>
●高橋ヒロム
EVIL
  5分14秒  パルプフリクション⇒片エビ固め
〇ジュース・ロビンソン
小島聡

<第4試合>
ニック・ジャクソン
マット・ジャクソン
●チェーズ・オーエンズ
ハングマン・ペイジ
Cody
  11分22秒  エルガンボム⇒エビ固め
リコシェ
田口隆祐
〇マイケル・エルガン
ハンソン
レイモンド・ロウ

<第5試合>
●高橋裕二郎
ケニー・オメガ
  5分54秒  横入り式エビ固め
〇矢野通
オカダ・カズチカ

<第6試合 「G1 CLIMAX 27」Aブロック公式戦>
〇バッドラック・ファレ
  11分56秒  バッドラックフォール⇒体固め
●永田裕志

<第7試合 「G1 CLIMAX 27」Aブロック公式戦>
●YOSHI-HASHI
  11分28秒  キングコング・ニードロップ⇒片エビ固め
〇真壁刀義

<第8試合 「G1 CLIMAX 27」Aブロック公式戦>
〇ザック・セイバーJr.
  15分22秒  レフェリーストップ
●石井智宏

<第9試合 「G1 CLIMAX 27」Aブロック公式戦>
●飯伏幸太
  11分03秒  GTR⇒エビ固め
〇後藤洋央紀

<第10試合 「G1 CLIMAX 27」Aブロック公式戦>
〇内藤哲也
  26分41秒  デスティーノ⇒片エビ固め
●棚橋弘至
※内藤が勝ち点14で優勝決定戦に進出


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
▼[ファイトクラブ]RIZIN夏の陣~WWE中邑真輔~業界隠語3~G1カミゴェと脱出王

[ファイトクラブ]RIZIN夏の陣~WWE中邑真輔~業界隠語3~G1カミゴェと脱出王

▼[ファイトクラブ]8・8横浜 29年目のフルタイムドローの誤謬〜鈴木みのるは何故オカダを寝させなかったのか〜

[ファイトクラブ]8・8横浜 29年目のフルタイムドローの誤謬〜鈴木みのるは何故オカダを寝させなかったのか〜

▼[ファイトクラブ]幻の決勝戦〜飯伏ーケニー・オメガは何故回避されたか〜

[ファイトクラブ]幻の決勝戦〜飯伏ーケニー・オメガは何故回避されたか〜

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
▼いよいよ折り返し! G1 CLIMAX 27 中間振り返りと優勝予想!
’17年08月10日号RIZIN中邑真輔G1新日プロレス漫画ポーゴ米国SEI☆ZAラウェイ