ニエブラ・ロハとグラン・ゲレーロスがマスカラ戦へ!CMLL金曜日定期戦!


(C)CMLL

 8月11日(現地時間)にメキシコ・アレナメヒコで『CMLL 金曜日定期戦』が開催された。
 今大会のメインはミスティコ、ドラゴン・リー、ニエブラ・ロハが、ロス・ゲレーロス・ラグネロスにメフィストを加えたルード軍と激突。ロハは元々ゲレーロスだったのだが、裏切ってテクニコに転向した為、ゲレーロスとしては制裁でロハを狙っている。グラン・ゲレーロはロハに究極の最終決着戦、マスカラ戦(敗者、覆面剥ぎマッチ)を要求しており、当然、ロハとゲレーロスの絡みが注目の試合となった。試合開始から恨み重なるロハを集中攻撃するルード軍だが、拘り過ぎている間にミスティコ兄弟に仕留められてしまい、まずテクニコが1本先取。それでもグラン・ゲレーロはロハを狙い、両者が覆面を剥ぎ合う。最後はレフェリーの目の前でロハの覆面を剥いだグラン・ゲレーロの反則を取られ、テクニコ軍が勝利となった。試合後、当然、グラン・ゲレーロはロハにマスカラ戦を要求。ロハはそれを受けた為、遂に究極の決着戦が実現する事になった。
 セミファイナルでは、ルーシュとディアマンテ・アスールがシングルマッチで激突。制御不能集団ロス・インゴベルナブレスとしてテクニコ勢の覆面剥ぎの暴挙を繰り返すルーシュにアスールの怒りが爆発。マスカラ・コントラ・カベジェラ戦(敗者、覆面剥ぎか髪切りマッチ)を要求したが、まずはシングルで試合をする事になった。試合は開始前から大荒れの展開となり、いつも通り覆面剥ぎからラ・ランツァでルーシュは1本先取。更に場外でルーシュはアスールをいたぶる。覆面剥ぎ、凶器攻撃を繰り返すので流石にレフェリーもルーシュの反則負けの裁定を下したのだった。そして3本目、遂にアスールの怒りが爆発して猛攻、ルーシュを攻めたてる。ルーシュもやり返し、カウント2の攻防が続いたが、最後はレフェリーと揉めていたルーシュをアスールがジャーマンで仕留め、堂々のフォール勝ちとなった。真正面からの対決で完敗したルーシュがコントラ戦を受けるのか注目される。
 そして神の子カリスティコはソベラノJr.、エル・バリエンテを従えて、ネグロ・カサス、サム・アドニス、バルバロ・カベルナリオのルード軍と対戦。特にアドニスはトランプ支持者ギミックでメキシコをバカにして観客の怒りを煽っているが、大物ブルー・パンテルとの髪切りマッチにも勝利して勢いに乗っている。その勢いのまま、なんとカリスティコからみちのくドライバーでフォールを奪い1本先取するという快進撃となった。テクニコ軍もジャベで2本目を取り返すが、3本目はカベルナリオがカリスティコを仕留めルード勝利となった。しかし、問題はその後に起こった。アドニスはトランプの顔がついた星条旗でメキシコをバカにするので遂に組んでいたカサスやカベルナリオの怒りが爆発。同じメキシコン人として許せないと仲間割れとなり、5人でアドニスをリングから追放して勝ち名乗り。アドニスは四面楚歌となってしまった。

■ CMLL アレナメヒコ金曜日定期戦
日時:2017年8月11日(現地時間)
場所:メキシコ・アレナメヒコ

<6人タッグマッチ>
○ミスティコ、ドラゴン・リー、ニエブラ・ロハ
 2-1
●ウルティモ・ゲレーロ、メフィスト、グラン・ゲレーロ

<シングルマッチ>
○ディアマンテ・アスール
 2-1
●ルーシュ

<6人タッグマッチ>
○ネグロ・カサス、サム・アドニス、バルバロ・カベルナリオ
 2-1
●カリスティコ、ソベラノJr.、エル・バリエンテ


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
▼[ファイトクラブ]RIZIN夏の陣~WWE中邑真輔~業界隠語3~G1カミゴェと脱出王

[ファイトクラブ]RIZIN夏の陣~WWE中邑真輔~業界隠語3~G1カミゴェと脱出王

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’17年08月10日号RIZIN中邑真輔G1新日プロレス漫画ポーゴ米国SEI☆ZAラウェイ