敵地の逆境を跳ね返したペティスがモレノを下す!女子ストロー級のグラッソはランキング9位のマルコスを撃破!UFCファイトナイト・メキシコ



By courtesy of Zuffa LLC / Getty Images

 8月5日(現地時間)にメキシコ・メキシコシティで『UFC Fight Night 114: Pettis vs. Moreno』が開催された。
 メキシコはプロレスが国民的スポーツとして知られているが、近年は総合格闘技の人気も高まり、総勢8名のメキシコ人ファイターが顔を揃えた今回の大会には第1試合から多くの観衆が詰めかけた。地元ファンの大歓声を浴びてメインイベントに登場したメキシコ出身のブランドン・モレノ(14勝3敗)は同い年の23歳でフライ級ランキング6位につけるセルジオ・ペティス(アメリカ15勝2敗)との一戦に臨み、序盤から果敢に攻撃を仕掛けていきましたが、モレノの猛攻をしのいだペティスが盛り返し、5ラウンドに渡る激闘はユナニマス判定でペティスに軍配が上がった。白星を手にしたペティスは「ものすごい逆境だった。試合ではかなり危うい状況に追い込まれたけど、冷静さを保つように心がけ、あと4ラウンドもあるんだから、そこで俺の方が強いことを示せばいいと考えて実行した」とコメントした。
 また、セミメインイベントで女子ストロー級王者ランキング9位のランダ・マルコス(イラク7勝5敗)に挑んだグアダラハラ出身のアレクサ・グラッソ(メキシコ9勝1敗)は前半こそマルコスにリードされましたが、巧みな打撃を披露しただけでなく、グラウンドゲームも素晴らしい技を披露して逆転し、スプリット判定でアップセット勝利を収めた。

大会や選手の詳しい情報などは、UFC 公式サイトへ
FOXスポーツ&エンターテインメント UFC ナンバーシリーズ
UFCファイトパス、全世界で配信開始!
UFC生放送!DAZN

■ UFC Fight Night 114: Pettis vs. Moreno
日時:2017年8月5日
場所:メキシコ・メキシコシティ

<フライ級/5分5R>
○セルジオ・ペティス(米国)
 判定 3-0
●ブランドン・モレノ(メキシコ)

<女子ストロー級/5分3R>
○アレクサ・グラッソ(メキシコ)
 判定 2-1
●ランダ・マルコス(カナダ/イラク)

<ウェルター級/5分3R>
○ニコ・プライス(米国)
 1R 1分44秒 TKO
●アラン・ジョバーン(米国)

<フェザー級/5分3R>
○ウンベルト・バンデナイ(ペルー)
 1R 0分26秒 KO
●マルティン・ブラボー(メキシコ)

<ミドル級/5分3R>
○サム・アルヴィー(米国)
 判定 2-1
●ラシャド・エヴァンス(米国)

<バンタム級/5分3R>
○アレハンドロ・ペレス(メキシコ)
 判定 2-1
●アンドレ・スーカムタス(米国)

【海外情報の専門家、稲垣收記者がRIZINレポート】


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
[ファイトクラブ]7・30 RIZIN秒殺KOされた紀左衛門「天心は別格」~所KOで世間に届いた堀口の強さ~輝くニューヒロイン真珠!

[ファイトクラブ]7・30 RIZIN秒殺KOされた紀左衛門「天心は別格」~所KOで世間に届いた堀口の強さ~輝くニューヒロイン真珠!

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’17年08月10日号RIZIN中邑真輔G1新日プロレス漫画ポーゴ米国SEI☆ZAラウェイ

7・30 RIZINで所英男をKOし、ようやく世間に真の強さが伝わった元UFCタイトル・コンテンダー、堀口恭司。
そして先輩である“あびるの夫”才賀紀左衛門を1分36秒でKOした“神童”那須川天心。
ついに初勝利をつかんだ元レスリング世界王者・山本美憂。
あらたに誕生したニュー・ヒロイン、真珠の鮮烈デビュー……。
まだまだ玉石混交のイベントではあるが、ヒョードルで始まり、ミルコやTKら“PRIDE時代の遺産”で興味をつないできたRIZINに、ようやく新たなスターたちがそろい始めた。
▼7・30 RIZIN秒殺KOされた紀左衛門「天心は別格」~所KOで世間に届いた堀口の強さ~輝くニューヒロイン真珠!
 Photo & text by 稲垣 收
・秒殺失神KO負けした紀左衛門が語った“神童”天心の「別格の強さ」
・“UFCのパウンド・フォー・パウンド王者”と渡り合った堀口が所を圧倒
・野沢直子の娘・真珠、ワールド大山空手で優勝歴 空手時代の“お宝写真”発見!
・山本美憂、初勝利。息子アーセン・コーチが美憂に出した「課題」とは?