アレクサンドル・ルング一本勝!ルーマニアRXF23

(C)RXF

 7月29日(現地時間)にルーマニア・ピアトラ・ネアムツで『RXF 27: Next Fighter』が開催された。
 ルーマニアのメジャーMMA大会であるRXFはルーマニアで定期的に大会を開催、基本はルーマニア勢対(ルーマニアから見て)外人勢という対戦が多い。特にエースとしてアトランタ五輪にも出場経験のある東欧の柔道家、またサンボや柔術の実績もあり欧州組み技の帝王、メガ・バンパイアと呼ばれるアレクサンドル・ルングが参戦している。
 ルングは、プライドでMMAデビューしており、デビュー戦こそジェームス・トンプソンに敗れているものの、その後、一時期は世界最強と言われた白鯨トム・エリクソンやジミー・アンブリッツに勝利しており、キックルールではボブ・サップにも勝利している。巨体でスタミナがない為、1Rから全力で殴り合いを仕掛ける突貫ファイトで観客を魅了している。今大会もメインに抜擢されたルングは筋骨隆々の怪物マルチン・チュデイ相手に突進していく。チュデイがルングと真正面から殴りあうよりスタミナ切れを狙ってか、背を向けて逃げたりするも、積極的に前に出るルングが遂に1R終盤にテイクダウン。そしてマウントポジションを奪ってマウントパンチで圧倒。1Rこそラウンド終了に助けられたチュデイだったが、2Rも前に出るルングが強引にテイクダウンに成功し、マウントを奪いマウントパンチから抑え込み。下になったチュデイは遂にタップして、ルングの一本勝ち。母国の英雄ルングが見事に勝利した。
 また前ヘビー級王者ロバート・オルボケアが再起戦に挑んだが結果は残酷だった。アナトリ・チウマクに王座を奪われたオルボケアは、MMA4戦全勝のニック・ネグメレアヌと対戦したが、なんとス―プレックスで投げられ、そのままマウントパンチを浴びる。投げられた時に腕をひねったらしく試合続行不可能とレフェリーストップとなり、ネグメレアヌのTKO勝利。これでネグメレアヌ5連勝となった。

■ RXF 27: Next Fighter
日時:2016年6月6日(現地時間)
場所:ルーマニア・ピアトラ・ネアムツ

<スーパーヘビー級>
○アレクサンドル・ルング(ルーマニア)
 2R チョーク
●マルチン・チュデイ(チェコ共和国)

<ヘビー級王座戦>
○ニック・ネグメレアヌ(ルーマニア)
 TKO
●ロバート・オルボケア(ルーマニア)

【海外情報の決定版!稲垣收】


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
[ファイトクラブ]9・23 UFCジャパン展望/年内にレスナーがUFC王座挑戦?

[ファイトクラブ]9・23 UFCジャパン展望/年内にレスナーがUFC王座挑戦?


[ファイトクラブ]“ショーグン34秒殺男”OSPが、日本大会での再戦を前に吠えた! 「前回ショーグンをKOした時よりも俺はさらに進化してるぜ!」

[ファイトクラブ]“ショーグン34秒殺男”OSPが、日本大会での再戦を前に吠えた! 「前回ショーグンをKOした時よりも俺はさらに進化してるぜ!」

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’17年7月27日号全日超満員G1開幕宝城カイリFMW夏祭ZERO1むつ市UFC日本Kレイナ

スマホPayPalアプリのダウンロード
各号販売リンク※SNS拡散奨励!連絡者は引用自由
9月23日にさいたまスーパーアリーナで開催されるUFCファイトナイト・ジャパンの記者会見が行われ、カードも一部発表された。メインでショーグンと激突するオヴィンス・サンプルーも来日し、井上直樹とともにインタビューに応じたことはすでに報じたとおり。カードの見どころ、そしてUFC副社長が明かしたUFCのアジア戦略についても、お伝えしよう。
Text by 稲垣 收
・リベンジに燃えるショーグン、11年ぶりに”第二の故郷”日本へ帰還
・シンガポールで勝利の憂流迦と井上も参戦
・PANCRASE女王・朱里は韓国19歳美少女と激突!
・K-1で活躍のグーカン・サキ、日本でUFCデビュー
・UFC副社長が語るアジア戦略とは?
・レスナーUFC復帰の噂