週刊マット界舞台裏’11年5月05日号GW特別企画Archive厳選集1小路晃引退Reina道場

 今週はゴールデンウィーク特別企画として、創刊号の2007年4月13日号から第10号の6月15日号の中から、いま読んでもなかなか興味深いアーカイヴ厳選記事を再編集した特大号をお届けする。
 10号分収録されている上に、ミルホンネット編集部担当ページの新作が付いてくるのだから、かなりお買い得になっている! 最近電子書籍ブームもあって『週刊マット界舞台裏』は新規購入者が急増しているが、この機会にバックナンバーをじっくり読んでいただき、改めて元『週刊ファイト』編集長である井上譲二記者の鋭さを確認してほしい。

 2010年のバックナンバーを振り返る『マット界舞台裏アーカイブス2010』では、全日本プロレスが最大級の危機に陥った小島聡退団事件を振り返る。
 当時、エース武藤敬司の戦線復帰は早くて半年後。西村修も参院選の準備で欠場中とお家の一大事が起きているタイミングで、集客力のある小島が退団するのだから、全日本プロレスに激震が走った。やはり選手の移籍などのビッグニュースの裏には、ファンにはあまり情報が漏れてこないネタが満載だ!
 新日プロからの引き抜き工作や裏工作はあったのか? ギスギスする全日プロ内部・・・最近ではTAKAみちのくやタイチと中途半端なヒール軍団を作っている小島だが、わずか1年前にはまさしく“渦中の人”だったのだ。いま読み返してもゾクゾクするような内容である。
 
 今号のファイト!ミルホンネット編集部担当ページは、『10th Anniversary DEEP 53 IMPACT〜小路晃引退興行〜』『SHOOT BOXING 2011 act.2』と豪華な格闘技興行2連発。最後の日本男児、小路晃の引退試合を介錯するのは三崎和雄。パンクラス離脱後の北岡悟の復帰戦、元横浜ベイスターズ四番、古木克明参戦と見所たっぷりの大会を、名カメラマンkatsunori Yamadaの豊富な写真でお届けする。

 『SHOOT BOXING 2011 act.2』は、アンディ・サワーvs.佐藤嘉洋という豪華カードをメインに、話題騒然の美少女格闘家、RENAの活躍もばっちりだ。

 前田日明の記者会見を受けて、古吉進一郎が入稿。現在・過去・未来と繋がるリングス・ネットワーク、前田日明の生き様に迫る感涙の原稿、胸を熱くして頂きたい。

 女子プロレスREINA の道場開きからは、神主さんの儀式から完全詳細。また、今後、女子プロレス界を背負って立つ、石橋葵と川野夏実、そしてCMLL からの刺客、セウシスに完全密着。独占写真&インタビューは見逃すな。

大反響だった魔都タイ・バンコクで開催された地下プロレスレポートは、早くも第二回を迎える。寝釈迦があるワット・ポーへ行った"格闘僧侶"日龍にトラブル発生。そして、歓楽街パッポンのGOGOバーで行われた地下プロレスでは、仏教国タイだけに、和尚コールが巻き起こる!ミルホンネットでしか読めない貴重なレポートだ。

 バックナンバーも売上急上昇! この機会に是非ダウンロードしてお読みください。

<今週の見出し>
▼イノキ・ゲノム発進!! 2007年4月9日に事務所開き
 営業・広報に元新日プロ社員も
▼『ファイト』『ゴング』復刊は暗礁?
▼極秘情報キャッチ!! 猪木6・29旗揚げ興行に大物日本人5人をリストアップ
 新日、全日とC・アングル争奪戦も・・
▼西村修、ついに他団体参戦を解禁
▼桜庭、田村戦よりも『HERO‘S』出場を優先か!?
▼IWGPヘビー級戦線にWWEの大物が名乗り!
▼中邑、夏以降に再浮上必至 あり得ない猪木派への転出
▼猪木― 新日本肖像権問題で法廷闘争も
▼田中秀和リングアナがプロモーターに転身!?
▼武藤九死に一生 巨額の借金返済で団体崩壊を回避!
▼『ハッスル』新会社で再出発も規模縮小か
▼猪木、超ビッグサプライズ演出 5月9日、超大物の会見に出席超大物と小川直也の対決も実現か!?
▼柴田にレスラー廃業の危機 各団体からオファーなし
▼レスラーの生活を蝕むパチンコ&パチスロ依存症
▼ホーガン、娘のプロモに専念 IGF旗揚げ戦出場見送り背景に予算オーバー?
▼“師匠”B・レイガンスが豪語「レスナーは必ずホンマンに勝つ!」
▼メキシコにプロレス・バブル到来
▼PRIDE 再スタートのメド立たず ライト級GPも暗礁!? 懸念される契約選手の海外流出
▼IGF外国人選手充実も 日本人選手獲得に苦戦
▼E・ビショフ極秘来日の裏側
▼猪木、前田と極秘会談 船木・柴田の6・29参戦は・・
▼次戦決まらない藤田和之 イノキ・ゲノムはパス!
▼川田にオファー殺到も ノア再登場の予定なし
▼猪木&新間コンビ復活!? 藤波、ロビンソンが来場か 6・29両国で昭和プロレス展開も
▼リキプロ、ミニシリーズ開催の背景に・・・
▼苦境の新日本プロレスで中邑真輔だけが優遇されるワケ
▼猪木、新日系選手引き抜き! タイガーマスクを勧誘? IGF、年内に5大会を予定 所属第1号レスラーは誰だ
▼レスナーの心、IGFにあらず 6・29両国参戦は小遣い稼ぎ?
▼FEG、6・2ロス大成功も “目に見えぬ敵”に大苦戦!

<アーカイブス2010>
▼一部の選手から“戦犯呼ばわり”されている小島に新日プロ『G1』で復帰説!

<ファイト!ミルホンネット編集部>
▼4・22『10th Anniversary DEEP 53 IMPACT〜小路晃引退興行〜』
・北岡悟が選んだ“覚悟”のリング
・「花は桜木、男(人)は武士・小路晃」楠木正成 三崎和雄の介錯
 Text by Katsunori Yamada
・他、全試合レポート 大会は大成功!DEEP 佐伯代表
・横浜ベイスターズ四番だった古木克明、初白星
・ど迫力のメガトン対決 誠悟×中村護
・セコンドはそれぞれ小見川道大と桜井“マッハ”速人
・元琴光喜、“雀鬼”桜井章一、“ラーメン王”石神秀幸

▼4・23『SHOOT BOXING 2011 act.2』
・被災地へ向けメッセージ送ったアンディ・サワー、佐藤嘉洋に快勝!
・鈴木悟「タイトルマッチ出来ますか?」
・梅野孝明 涙のタイトル返上
・両者ガチンコで行きます!RENAx神村エリカ急造カードの功罪

▼プロレス・格闘技歳時記 前田会見〜1991 年5 月リングス旗揚げ
 Text by 古吉進一郎
・本格的なリングスネットワークの再始動
・リングスの完全ガチンコ化には前田は慎重すぎた
・幕末の志士でたとえれば、前田日明はやはり西郷隆盛

▼女子プロレスREINA が道場開き☆5・8 旗揚げ 大会カード発表
・REINA の将来はこの3 名に託されている:川野夏実、セウシス
・特写スナップカット満載:めちゃめちゃ可愛いゾ〜石橋葵

▼タイ地下プロレス紀行第二回 衝撃の蛇男 GOGOバーでの決戦
Text by "格闘僧侶"日龍
・ワット・ポー 壮大な寝釈迦
・蛇男?バンコク名物ぼったくりの餌食に
・興行主はガルーダ タイマフィア?
・壮絶なGOGOバーでの決闘 OSHOコール鳴りやまぬ

▼タブー満載企画「海外情報局.86」
WWE ドラフト衝撃 UFC 最大大会直前 死期迫るスコット・ホール入院
・WWE 新ブランド戦略を発表〜レスリングの枠を越えた動きを促進〜
・『WWE Raw』 J・シナ、スマックダウンへ移籍!?驚愕のドラフト!
・WWE 新展開か?ジェリコin?CM パンクout?ミルコin?
・WOWOW 独占生中継!4・30『UFC12』GSP 史上最大の祭典に!
・UFC JJ 長期離脱 エヴァンスvs.デイヴィス ビクトーvs.秋山決定
・TNA 次回PPV スティングvs.RVD 決定 孤立MR.アンダーソン
・スコット・ホール入院中 WWE 更生プログラム支援システム充実
・バティスタ MMA 断念理由 ズッファ買収ストライクフォース余波

★合わせて読めばさらに楽しめる!
新日プロの菅林社長が断固交流を拒否するIGFが崩壊の危機?
なぜC・カーニバルは永田優勝だったのかウラ読みする
ドーム大会消滅のウワサもある中、新日プロが水面下で検討している驚きの1・4継続プラン
橋本大地を取り囲む者たちに生じるギャップ
ノアの秋山準『2011チャンピオン・カーニバル』決定の舞台裏

【全158ページ特大号】販売告知
創刊当時のバックナンバー+編集部による入魂の新作記事=特大号!
電子書籍の無断転載は厳禁であり、引用可能なのはサイト宣伝文までが原則です。当書籍で知りえたいかなる記述をも転載・引用するのは堅くお断りいたします。宣伝文を超えてブログやtwitterなどで紹介したい場合は事前にご相談下さい。表紙画像等を送付させていただきます。

週刊マット界舞台裏'11年5月05日号GW特別企画Archive厳選集1小路晃引退Reina道場

商品コード inouejojiz224

価格 525 円

ウィッシュリストに追加する »