ある極悪レスラーの懺悔20 最後の懺悔★月は闇夜に輝く

【ついに完結! すべてのプロレスファンの必読書】
あの日の感動に、シナリオもヤラセもなかった。96年12月11日、東京・駒沢オリンピック記念公園体育館は一周年記念興行を上回る記録的な客入りに。この日一日限りという条件で、ポーゴのパートナーとして、大仁田厚はプロレス復帰に向かって大きく羽ばたこうとしていた。

【ミスターポーゴ引退試合】
大仁田が太陽ならば、俺様は月。
太陽が光り輝いている時、月は霞んで死んでいる。
そして太陽が沈む時、月は闇の中で輝く。

明と暗……
俺様は常に大仁田の陰に隠れていて、光を見ることがなかった。
しかし、今、それを覆すことが出来たのだ。

奇跡は起こった。
超満員の観客は大仁田厚ではなく、
俺様のサイドについてくれている。

この時、俺様の長年の夢が叶ったのであった。
本当の意味で、大仁田厚に勝ちたかったという夢が……。

思えばW★INGという団体に走ったのも、
すべてが「大仁田厚を超えたい」という
俺様のはかない願望だったのかもしれない。

今、ミスターポーゴ引退という
ひとつの儀式をきっかけに、
束の間ではあるが、
ずっと俺様に覆い被さっていた
「大仁田厚」という壁を超えることが出来たのだ。
            (本編より抜粋)

【目次】
「一ヶ月の絶対安静」宣告と復帰要請
全国土下座巡礼のからくり
点滴を打ちながら試合場へ
アングル(やらせ)と現実が一緒に!?
ポーゴ寿司開店資金が消えた!?
大阪の女「死んでやるっ!!」
『一周年記念興行』を上回った駒沢の会場
角材攻撃と気絶からの目覚め
「ポーゴっ! 起きてくれ!!」
奇跡は起こった!「大仁田を超える」
独身生活最後の夜
結婚式とおふくろの位牌
あとがき

希少な価値を遇したレスラー本の最高傑作 解説・美城丈二
ヤマモ山本雅俊さんの「私的な08重大ニュース」1位はポーゴ本

ある極悪レスラーの懺悔 最後の懺悔★月は闇夜に輝く

商品コード misterpogo020

価格 315 円

ウィッシュリストに追加する »