WOWOW生中継!-究極格闘技- UFC158 ジョルジュ・サンピエール、因縁のNディアスを下して王座防衛 ”超悪童”引退表明 田村一聖無念

ufc158.jpg
(C) Photo Courtesy of UFC

 オクタゴンと呼ばれる金網に囲まれた八角形のフィールドで行なわれる、世界最高峰の総合格闘技大会 UFC。全米を中心に世界各国で開催され、世界中の格闘家たちが”最強”を目指しリアルファイトを繰り広げる!
 注目は、昨年11月のUFC154で見事復活勝利した現王者ジョルジュ・サン・ピエール(通称GSP)と元ストライクフォース王者ニック・ディアスの一戦。2人は2011年に対戦予定だったが、ディアスが会見を欠席したことで流れた因縁がある。復活したGSPと総合格闘技界一とも言われる悪童で、実力も備えたディアスの激突は必見だ。また、元暫定王者カルロス・コンディットとジョニー・ヘンドリックスの一戦も見逃せない。
 今大会は3月17日(日) 午後11:00より、WOWOW UFC-究極格闘技-で生放送されました。
UFCオフィシャルホームページ
WOWOW UFC-究極格闘技-
■ UFC 158
日時:3月16日
場所:カナダ・モントリオール
メインカード
<ウェルター級タイトルマッチ>
○ジョルジュ・サンピエール
 判定 3-0
●ニック・ディアス
遂に実現した因縁対決。2人は2011年に対戦予定だったが、ディアスが会見を欠席したことで流れた因縁がある。復活したGSPと総合格闘技界一とも言われる悪童で、実力も備えたディアスの激突は必見だ。
試合は、いつも通りGSPがテイクダウン、背を向けるディアスを押さえつけグランドで圧倒する展開が続く。しかし、3R辺りから、ディアスがタックルを凌ぎ、パンチを当ててくるようになる。GSPもディアスの打撃を食らって流血するも、テイクダウンで決定打を許さない。全ラウンドを通じて、着実にポイントを重ねたGSPが見事に判定勝利で王座防衛を果たした。
<ウェルター級>
○ジョニー・ヘンドリックス
 判定 3-0
●カーロス・コンディット
ウェルター級暫定王者であった実力者カーロス・コンディットと、ジョン・フィッチ、マルティン・カンプマンというトップ選手をKOしてきたジョニー・ヘンドリックスの一戦。
1Rから、ひたすら前に出て攻撃をするヘンドリックス。重いパンチに膝蹴り、そしてテイクダウンとコンディットを相手に猛攻を続ける。試合巧者のコンディットだけに決定打はもらわず、グランドでも下から仕掛けるもヘンドリックスの猛攻は止まらない。ラウンドが進むにつれ、ヘンドリックスのスタミナが切れてきて、コンディットの打撃がヒットする様になるも、前半の猛攻でポイントを稼いだヘンドリックスが判定勝ちした。試合後、ヘンドリックスは、GSPのタイトル挑戦をアピールした。
<ウェルター級>
○ジェイク・エレンバーガー
 1R 3分00秒 TKO
●ネイト・マーコート
UFCウェルター級トップ選手と言えるエレンバーガーに対するは、ストライクフォース消滅でUFC復帰なったベテラン、ネイト・マーコート。
試合は壮絶なKO劇となり、エレンバーガーが、マーコートを金網際に追い詰めて、左右のワンツー。崩れ落ち亀の体勢になったマーコートにエレンバーガーが追撃のパウンドでレフリーがストップ。エレンバーガーが、実力者マーコートに完勝し、タイトル獲りに名乗りをあげた。
<ミドル級>
○クリス・カモージー
 2-1
●ニック・リング
共にTUF11出身であるニック・リング、クリス・カモージー。共に怪我で番組から途中離脱しているものの、両者、怪我が無ければ優勝してもおかしくないレベルと高評価されている。
試合はスタンドの展開が続くが、地元の声援を受けるリングが前に出る。カモージーも的確に打撃を当てており一進一退の攻防となった。ラウンドが進むにつれ、カモージーが打撃で優位に進めるようになり、判定でカモージーが勝利となった。
<ライト級>
○マイク・リッチ
 判定 3-0
●コリン・フレッチャー
ピエロの面を被って入場した、オーストラリア版TUFでイギリス代表だったコリン・フレッチャーと、TUF16出身のマイク・リッチの一戦が第一試合となった。
1Rはスタンドの展開に終始、フレッチャーがローブローも放つも、ややリッチが有利な展開となる。2Rには、リッチがテイクダウンし、グランドで攻め、フレッチャーも足関節を狙うが、リッチが有利で試合が進む。3Rもテイクダウンを奪ったリッチが、パウンド、チョーク、腕十字と攻め続け、判定でリッチが勝利した。
プレリミナリーカード
<ウェルター級>
○パトリック・コーテ
 判定 3-0
●ボビー・ヴォルカー
<フェザー級>
○ダレン・エルキンス
 1R 3分06秒 TKO
●アントニオ・カルバーリョ
<ウェルター級>
○ジョーダン・ミーン
 1R 4分42秒 TKO
●ダン・ミラー
<ライト級>
○ジョン・マクデッシ
 判定 3-0
●ダーロン・クルックシャンク
<ウェルター級>
○リック・ストーリー
 1R 3分05秒 TKO
●クイン・モルハーン
<バンタム級>
○TJ・ディラショー
 2R 0分26秒 KO
●田村 一聖
1Rから、田村を金網に押し込んでポイントをTJ・ディラショー。そして2R、田村が頭を下げたところに、ディラショーのハイキック。上手くタイミングが合って膝が田村の頭に命中してKO、ディラショーがKO勝ちとなった。
<バンタム級>
○ジョージ・ループ
 判定 3-0
●ルーベン・デュラン
大会の周辺情報を加えた詳細版はマット界舞台裏3月28日号全日両国白石アングル考新日戦争BJW広島堀口恭司パンクラスに収録されました。お楽しみ下さい。
【『マット界舞台裏』の好評企画海外情報局では毎号UFCの詳細情報が満載です】
miruhonnet083-460.jpg
別冊ミルホンネット UFC襲来PRIDE消滅5年「しばくぞ、こら」戦士激白MMA歴史転換期記録
▼UFC144日本上陸~さいたまスーパーアリーナ天井桟敷埋る快挙
 Text by タダシ☆タナカ

別冊ミルホンネットCMパンク革命横浜アリーナ上陸アメプロ事件簿2011INOKI BOM-BA-YE
マット界舞台裏6月21日号WWE支配者ビンス・マクマホン皇帝戦士復活 TNA殿堂スティング
別冊ミルホンネット地方熱狂『広島格闘の祭典』 No Way Outクビ狂気さりー☆ぱみゅぱみゅ
別冊ミルホンネットWWE&TNA’12ルチャ特集シェーマス ADR Dブライアン両国YES!REINA
マット界舞台裏12月13日号WWE祭典アングル修正TNA日本放送決定PGW新王者誕生AAA
マット界舞台裏12月20日号WWE JシナAJロマンス加速 TNAPPV覆面テロ集団パッキャオ
マット界舞台裏12月27日号TNA頂上対決実現へ ROH壮絶ラダー決着UFC2大会高評価
マット界舞台裏13年1月3日号12年北米データHホーガン新展開WWEクリスマス
マット界舞台裏1月17日号12年WWEロック劇場 UFC新王者Cヴェラスケス
マット界舞台裏1月24日号ドルフ・ジグラーとオカダ・カズチカ感情移入対決
マット界舞台裏1月31日号3.3『UFC JAPAN 2013』記者会見6年6ヶ月Wシウバ凱旋
マット界舞台裏2月7日号WWEロイヤルランブル Glory記者会見Uドラゴン
マット界舞台裏2月14日号ノア総覧TARU復帰魔王特集発売予告WWE人間発電所Pancrase
マット界舞台裏2月21日号ドルフ・ジグラー論 UFC日本大会解説福山雅治
マット界舞台裏2月28日号K-1バタ・ハリ復帰 エンタテインメント?新日とWWE比較
マット界舞台裏3月7日号UFC女子ロンダ・ラウジーJAPAN前Wシウバ公開練習アカデミー賞
130319ij321UFC.jpg
マット界舞台裏3月14日号UFC埼玉CMパンク墓掘引導宣言ROH11年TNA聖人AAALegacyF
マット界舞台裏3月21日号Bレスナー祭典WWEディーバ慰問Hホーガン悪夢TNAベラトール