新日DOMINION/スーパーJrデスペラード念願の初優勝&7大タイトル戦・鷹木動けず!モクスリー激勝!タッグ2冠王者に・・・

 6月9日、新日本プロレス毎年恒例のDOMINIONが大阪城ホールで開催された。今年は、DOMINION初のBEST OF THE SUPER Jr.31決勝戦が大トリカードとなった。
 決勝戦にコマを進めたのは、デスペラードと石森太二。どちらが勝っても初優勝だ。手数では石森のほうが勝ったが、執念ではデスペラードのほうが上回っていたようで、最後は垂直落下式リバースタイガードライバーから腕のフックを外さずそのままピンチェ・ロコを続けて繰り出し初優勝となった。試合後、現IWGPジュニア王者のSHOがマイクを持って乱入するも、デスぺのマイクのほうが何枚も上で、SHOはしっぽを巻くように戻っていった。

 また、事実上のセミファイナルとなったIWGP世界戦は、ランバージャックデスマッチで行われたが、想像通り軍団抗争のような状態となったが、最後はモクスリーが有刺鉄線バットの上に、デスライダーを決め4度目の防衛を果たした。

 試合後、内藤哲也が登場し、次回の『FORBIDDEN DOOR』での挑戦を表明し、モクスリーは首切りポーズとともに険しい表情をしたが、試合は決定的だろう。

 ほかにも、6つのタイトルマッチが贅沢に行われた(タッグのタイトル戦は、IWGPタッグ&STRONG無差別級の両方がかけられた)

■ DOMINION 6.9 in OSAKA-JO HALL ~BEST OF THE SUPER Jr.31 決勝戦~
日時:2024年06月09日 (日) 16:00開始
会場:大阪城ホール
観衆:7,254人

《第1試合 20分1本勝負》
○内藤哲也
 8分8秒、デスティーノ⇒片エビ固め
●カラム・ニューマン

《第2試合 20分1本勝負》
○ザック・セイバーJr
ロビー・イーグルス
藤田晃生
 9分41秒ザックドライバー⇒体固め
クラーク・コナーズ
ドリラ・モロニー
●LJ・クリアリー

《第3試合 KOPW2024争奪戦~ストームキャッチルール 15分1本勝負》
<挑戦者>
○グレート-O-カーン
 10分36秒 変型エリミネーター⇒エビ固め 
●上村優也
<保持者>
※オーカーンが『KOPW 2024』保持者となる

《第4試合 NEVER無差別級6人タッグ選手権試合 60分1本勝負》
<挑戦者組>
○辻陽太
高橋ヒロム
BUSHI
 8分32秒 ジーンブラスター⇒片エビ固め
●棚橋弘至
矢野通
ボルチン・オレッグ
<王者組>
※辻組が新王者となる

《第5試合 NJPW WORLD認定TV選手権試合 15分1本勝負》
<王者>
○ジェフ・コブ
 11分47秒 ツアー・オブ・ジ・アイランド⇒片エビ固め
●石井智宏
<挑戦者>
※コブが2度目の防衛に成功

《第6試合 IWGPタッグ&STRONG無差別級タッグ選手権試合4WAYトルネードイリミネーションマッチ 60分1本勝負》
ヒクレオ&エル・ファンタズモ
KENTA&チェーズ・オーエンズ
後藤洋央紀&YOSHI-HASHI
マイキー・ニコルス&シェイン・ヘイスト

①○ニコルス
 6分29秒 タンクバスター⇒片エビ固め
●ヒクレオ
②○後藤
 11分17秒 消灯⇒片エビ固め
●オーエンズ
③○ニコルス
 16分24秒 スーパータンクバスター⇒片エビ固め
●YOSHI-HASHI
※ニコルス&ヘイストが第104代IWGPタッグ&第9代STRONG無差別級タッグ王者組となる

《第7試合 NEVER無差別級選手権 60分1本勝負》
<王者>
▲鷹木信悟
 14分35秒 両者KO
▲HENARE
<挑戦者>
※第44代王者が3度目の防衛に成功

《第8試合 ダブルメインイベントⅠ IWGP世界ヘビー級選手権試合~ランバージャックデスマッチ 時間無制限1本勝負》
<王者>
○ジョン・モクスリー
 25分1秒 デスライダー⇒片エビ固め
●EVIL
<挑戦者>
※モクスリーが4度目の防衛に成功

《第9試合 ダブルメインイベントⅡ 『BEST OF THE SUPER Jr.31』決勝戦 時間無制限1本勝負》
○エル・デスペラード
 23分36秒 垂直落下式リバースタイガードライバーからのピンチェ・ロコ⇒体固め
●石森 太二
※デスペラードが『SUPER Jr.』初優勝

※この大会の完全版は、6月14日(金)発売の週刊ファイトに掲載されます。