[ファイトクラブ]女子タッグ次週メデューサNXTトニーD家ダイヤモンドマイン8人タッグ

[週刊ファイト8月4日号]収録 [ファイトクラブ]公開中

▼女子タッグ次週メデューサNXTトニーD家ダイヤモンドマイン8人タッグ
 (c) 2022 WWE, Inc. All Rights Reserved. 編集部編
・フィラデルフィアがレッスルマニア40を主催
・全国紙やCNNニュース話題のWWE~ゾーイ・スタークからNXT2.0
・四半世紀以上前のベルトぽい捨て事件主犯メデューサが番組登場
・JDマクダナしゃべれる!チェイス大学とジョバー二・ビンチ熱戦
・アマレス強豪集結トリ:トニーD家ダイヤモンドマイン8人タッグ


◆フィラデルフィアがレッスルマニア40を主催

 2022年7月27日、コネチカット州スタンフォード – フィラデルフィア市長ジム・ケニーとフィラデルフィア・イーグルス、フィラデルフィア・コンベンション&ビジターズ・ビューロー、PHL Sports、WWEはフィラデルフィアのリンカーン・ファイナンシャル・フィールドが米国時間2024年4月6日(土)、4月7日(日)に行われるWWEのポップカルチャーの祭典「レッスルマニア40」を主催することを発表した。
 レッスルマニアは2日間のイベント以外にも、1週間を通して様々なイベントが開催される。レッスルマニアに加えてウェルズ・ファーゴ・センターでのスマックダウン、WWEホール・オブ・フェーム2024、ロウやペンシルバニア・コンベンション・センターでのファンイベントが含まれる。さらにWWEは病院訪問やBeSTARいじめ防止集会など、地域に還元することを目的とした複数のコミュニティ・アウトリーチ・イベントも主催する。

 過去10年間でレッスルマニアはイベントを主催した都市に累積の経済効果で12億5000万ドル以上を生み出した。今年の4月にはAT&Tスタジアムのレッスルマニアで50州すべてと53か国から156,352人のファンが参加し、ダラス/アーリントン地域で記録的な2億650万ドルの利益をもたらした。
 フィラデルフィア市長のジム・ケニーは「世界中のWWEファンをフィラデルフィアに迎え、2024年に歴史的な40回目のレッスルマニアに参加できることを誇りに思います。1週間にわたる一連のイベントは、私たちの大都市に世界的なスポットライトを当てると同時に、地域経済に大きな影響を与えるのに役立ちます」とコメントした。

 フィラデルフィア・コンベンション&ビジターズ・ビューローの社長兼最高経営責任者であるグレッグ・カレンは「フィラデルフィアは25年ぶりにレッスルマニアを主催することに興奮しています。フィラデルフィアの情熱的なファンがWWEの世界的なファンベースと力を合わせることで、リンカーン・ファイナンシャル・フィールド、ウェルズ・ファーゴ・センター、ペンシルバニア・コンベンション・センターでのイベントに向けて街全体に信じられないほどの熱気が生まれます」とコメントした。
 フィラデルフィア・イーグルスの社長兼PHL Sports理事長のドン・スモレンスキーは「フィラデルフィア・イーグルスは待望のレッスルマニアが2024年にフィラデルフィアで再び開催するために、WWEと提携できることに興奮しています。世界中の視聴者の前で最も象徴的なイベントを紹介できること、そしてリンカーン・ファイナンシャル・フィールドでの最高の体験をWWEファンに提供できることを楽しみにしています」とコメントした。
 WWEの特別イベント担当エグゼクティブ・バイスプレジデントであるジョン・サブールは「WWEを代表してレッスルマニアを兄弟愛の街(フィラデルフィアの愛称)で再び開催できることに興奮しています。この待望のリターンを実現するために不可欠な地元のパートナー全員に感謝します」とコメントした。
 リンカーン・ファイナンシャル・フィールドで開催されるレッスルマニアの追加情報は近日発表される予定。


 NXT番組冒頭、ビッグ・ジョセフが発した言葉は「ここ数日WWEがお騒がせしてます」だって(笑)。

 まぁそのおかげでRAWの視聴率も0.46%から0.50%にジャンプ。平均視聴者数も前週より約14万人増加の1,901,000、株価もビンス辞任が好感されて70ドル台にむしろ上昇。ただ、今の時代、アメプロのみならずG1も開幕しており、スターダムはどうとか追っていたら余りに様々な流れが速すぎて、果たしてミステリオ20周年記念のMSG大会で、もう覚えているのはアリーヤちゃんが久しぶりに番組に出てきて、同じく怪我から復帰のリア・リプリーに吹っ飛ばされた場面くらいしか覚えてないのかも(苦笑)。

■ WWE NXT2.0
日時:7月26日(現地時間 日本WWEネットワーク木曜以降)
会場:米フロリダ州オーランド Capital Wrestling Center


 さてNXTなんだが、前週のバトルロイヤルで優勝したゾーイ・スタークから。「怪我で1年と言われた時は絶望したが、4ヶ月も早く戻ってきた」と。Toxic Attractionが原因にされるのだが、もちろんコーラ・ジェイドもヒール全開です。王者マンディ・ローズ、そろそろですかねぇ(意味深)。


 グレイソン・ウォラーvs.ウェス・リー、これぞNXTじゃないですか。途中で最初はフード被ってるから誰だかわからないんだが、ボクシング・グローブはめてる客席にいる奴にリーがかまされてしまい・・・。

 ああ、トリック・ウィリアムスね。ということでウォラーの必殺フィリッピィ・フロッピィ・カッターが決まります。


 アプロ・クルーズvs.ザイオン・クインもいいじゃないですか。ちゃんとした試合を魅せるからNXTなんです。あ、ジョバー二・ビンチには負けていたんでアポロがスパイン・バスターで捕ります。

◆“太陽の戦士”サレイがNXT女子王者マンディ・ローズに対戦要求「顔面をまた破壊してやる」

 “太陽の戦士”サレイがNXT女子王者マンディ・ローズに対戦を要求した。王者マンディがバックステージで王座挑戦権を持つゾーイについてインタビューを受けると「ジージー・ドリンがゾーイを潰すからまた病院に戻ることになるわ」と対戦する仲間の勝利を宣言した。するとそこへ制服メガネ姿のサレイが現れて「イギリスにいてバトルロイヤルに参加できなかった。だからチャンスがほしい」と対戦を要求するとマンディに「イギリスを行き来するのはいいけど、アンタにやられたことを忘れてないわよ」と昨年9月のリングアウト負けとなった試合を持ち出されて睨みつけられた。
 さらにマンディに「次週、サレイがどんな格好で出てこようが構わないわ」と対戦受諾を匂わされるとサレイは無言のまま唇をかみしめ、自身のツイッターでは「マンディの顔面をまた破壊してやる」と挑発的なメッセージを投稿した。その後、ジジがゾーイとの試合に敗れるとマンディ vs. ゾーイのNXT女子王座戦が日本時間8月18日に配信される「NXTヒートウェーブ」で決定した。


 そしてゾーイ・スタークが、ジージー・ドリンに膝蹴り見舞ってフォール取ります。当然出てくるジェシー・ジェインは蹴散らしても、コーラ・ジェイドは竹刀で滅多打ちと。よろしいんじゃないでしょうか。ロクサーヌ・ペレスが救出に出てきました。


 コーラ・ジェイドがベルトのポイ捨てやった際、本誌はWCWの「月曜生戦争」初期の1995年、WWFのベルトを持ったままMonday Nitroに移籍したアランドラ・ブレイズ(WCWからは元のメデューサ)の事件を指摘してあるが、やはりというか、メデューサおばさんが番組に出てきました! 次週のタッグ王座決定戦にも出てくる模様。はい、同じく本誌が何度も指摘してきたようにカタナ・チャンス&ケイデン・カーター組をお願いします。


 おっと、JDマクダナしゃべれるじゃないですか。客席から出てきて、ポップコーンは身体に悪い、ゴング鳴らす金槌は結構危ない・・・等々。そしてブロン・ブレイカーが出てきます。

記事の全文を表示するにはファイトクラブ会員登録が必要です。
会費は月払999円、年払だと2ヶ月分お得な10,000円です。
すでに会員の方はログインして続きをご覧ください。

ログイン