オープンフィンガーグローブによるムエタイルールの立ち技格闘技イベント「TWØFC Vol.2」大阪コレガスタジオ大会!

 5月15日オープンフィンガーグローブを使用したムエタイルールによる立ち技格闘技イベントTachiWaza OpenFinger Championship『TWØFC』開催された。2019年12月22日(日)神戸で第1回大会『TWOFC Vol.0』が開催、2020年も3回の大会が予定されていたがコロナ禍により休止が続く。およそ2年のブランクを経て、2021年12月12日リニューアル第2回大会『TWOFC Vol.1』が開催されて今回が第3回大会となった。試合は、ムエタイらしい試合は少なかったが、ONEの登竜門的大会として今後の展開に期待したい。
©︎TWØFC

◇ルール
3分3ラウンド
オープンフィンガーグローブ
fairtex FGV13 コンバットグローブ 使用

・ムエタイ
首相撲有り
首相撲からの攻撃制限なし
肘はプロ上級者で、お互いの合意がある時のみ有り
足をかけないでの投げ有り

・キックボクシングルール
首相撲
キャッチなし
肘なし
投げなし

☆階級
アトム級 47.7〜52.2kg
ストロー級 52.3〜56.7㎏
フライ級 56.8〜61.2㎏
バンダム級 61.3〜65.8㎏
フェザー級 65.9〜70.3㎏
ライト級 70.4〜77.1㎏
ウェルター級 77.2〜83.9㎏
ミドル級 84〜93㎏
ライトヘビー級 93.1〜102.1㎏
ヘビー級 102.2〜120.2㎏


■「TWØFC Vol.2」
日時:2022年5月15日(日)14:00開場/15:00開始
会場:大阪・コレガスタジオ
公式サイト:https://twofc.net/
メイン・コメンテーター:寒川 慶一(第3代J-NETWORKスーパーライト級王者/第2代GLADIATORバンタム級王者/2009 K-1 WGP 出場/SFKキックボクシングジム代表)
ゲスト・コメンテーター:弘輝(WORLD TREE GYM/team ALL-WIN)
ライブ・アナウンサー:山本 泰資(元MAスーパーフェザー級7位/SFK-shirahama-支部代表/リングアナウンサー/FMTANABEラジオパーソナリティー)
オフィシャル・アンバサダー/エンターテイメント・コメンテーター:志築 杏里(歯科衛生士タレント/元アイドル/プロレスラー)

<第5試合 TWOFCムエタイ フェザー級 3分3R・延長1R>
○OIL MFC(タイ/MFC京橋ジム)
 判定3-0(2者30-28、30-27)
●市川 塊(KICK DREAM/第9回K-1チャレンジBクラストーナメント-70kg準優勝)

 昨年2021年12月12日「TWØFC Vol.1」で両者は対戦しており、試合は2R、OIL MFCの首相撲からの膝がロ―ブローとなってしまい市川が、タイムをとったにもかかわらず続行不能になってしまい、そこまでの判定2-1のスプリットでOIL MFCが判定勝となっており、今回が決着戦といえる再戦。180㎝と長身の市川だが、リーチ差をいかせず、OIL MFCが離れては蹴り、接近戦では首相撲で市川を消耗させ、3者2~3ポイント差をつける内容で、大阪のMFC京橋ジムでトレーナーを務めるOIL MFCが完勝した。

<第4試合 TWOFCムエタイ フライ級 3分 3R・延長1R>
○歯と胸むな男(TEAM FREESTYLE)
 1RTKO 2分30秒 ※レフェリーストップ
●林 憂也(フリー)

 変則蹴りや側転キックで試合ペースを握った歯と胸むな男が、日本拳法のような直突きで2度のダウンを奪い、2度目のダウンで効いてしまっている林を見て、レフェリーが試合を止め完勝をおさめた。

<第3試合 TWOFCムエタイ フェザー級 3分3R・延長1R>
●中園 優太(MartialArtsFighterTeam侍)
 2RTKO 2分57秒 ※3ダウン
○羅州男(総合格闘技道場reliable)

 お互いMMA選手と思えるムエタイルールでの試合は、1Rからダウンの飛び交う乱打戦となるが、2Rデビュー戦となる羅州男(らすまん)が3ダウンを奪いTKO勝利、お互いムエタイ技術はないが殴り合いの打撃戦で、会場は盛り上がった。

<第2試合 TWOFCムエタイ フェザー級 3分3R・延長1R>
○荒井 真人(SFK kickboxing gym)
 判定2-0(2者30-28、28-28)
●白澤 力(黒龍會)

 両者決定打こそなかったがプロキックボクサーとしてのキャリアのある荒井が、大会前日に出場が決まった白澤に、総合力で上回り判定勝

<第1試合 TWOFCムエタイ フライ級 3分 3R・延長1R>
○野原 心(ムエタイクラブ縁蹴会/大和muaythaiフェザー級第2代王者)
 3RTKO 2分38秒 ※首相撲からの膝
●畑山 陽祐(獅心会)

 ムエタイスタイルでサウスポーの野原が、1Rから空手ベースの畑山を飲み込み、蹴りをとっては掴んで倒し、組んでは首相撲で一方的な展開となる。首相撲のできない畑山は、組まれると消耗していき下をむいてしまい、2R終盤には首相撲でダウン。最終ラウンドも粘るが、ムエタイ技術で優る野原が首相撲の膝で2度目のダウンを奪ったところでレフェリーが試合を止め、野原のTKO勝利となりTWOFC2戦目で初勝利をあげた。


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
▼今週の要:飯伏幸太「辞める」騒動の深淵 ノアNOSAWA論外 サーシャ

[ファイトクラブ]今週の要:飯伏幸太「辞める」騒動の深淵 ノアNOSAWA論外 サーシャ

※500円電子書籍e-bookで読む(カード決済ダウンロード即刻、銀行振込対応)
’22年05月26日号飯伏深淵 サーシャ放棄 ノア論外 堺市JCK 新日キックTWOFC 宮原V3