ACF 53rdタイヤファイト関西初上陸!武士正が中川達彦を破り新王者

■ 格闘技のおもちゃ箱 ACF 53rd
日時:10月18日(日) 開始 12:00
会場:大阪・東成区民センター

<第6試合 タイヤファイト80以下級関東関西統一タイトルマッチ>
[王者]●中川達彦(キングダム府中)
 タイヤアウト1-3
[挑戦者]○武士正(FightingTeam A-TOYS)
※これにより、武士正が新王者となる。

リングアナはマグナム北斗、ルール説明にはマント姿のイリエマン登場。

 発案当時から物議を醸しだす新競技タイヤファイトが大阪初上陸。
 この試合は先月9月21日に東京立川で開催された、キングダムエルガイツ主催『立川格闘技フェスタ2020』で行われた関東関西統一戦のリベンジマッチである。今回は王者側である中川が新設されたベルトを持参して大阪に乗り込んできた。対戦相手は本大会ACFの主催者でもありリングに上がり続ける武士正こと、近藤哲夫氏だ。


 ACFは関西を拠点とし、格闘技界のおもちゃ箱として様々な競技を取り込んでいる団体。今回で53回目を迎え、関西の格闘技者に長く戦いの場を与え続けている。
 その新たな試みとして、タイヤファイトお披露目に繋がった。先に入場の武士正。セコンドには冨宅飛駈がつく。続いて入場はトレードマークの空手着に身を包んだ現王者、中川。セコンドにタイヤファイト創始者でもあるイリエマン。試合は開始早々激しい打ち合いの中、中川がバランスを崩して倒れ、タイヤアウトでマイナス1ポイント。二本目は重心を前に向けて廻り込む形の中川を両手でプッシュする形となり、反則スレスレではあったが、故意とみなされずに中川に尻餅をつかせた武士正がポイントを重ねた。


 追い込まれた中川だったが、ここから反撃に転じ、武士正からパンチ連打でタイヤアウトを取り、意地を見せる。焦りの色も若干に見えた武士正だったが、前回の敗北から研究したと思われる半身を保っての動きに徹して最後は渾身の連打で地元大阪でのリベンジに成功した。これにより、沖縄などでも過去タイトルマッチを開催したタイヤファイトであったが、初めてベルトが関東圏を離れることとなったなった。


 タイヤファイト創始者のキングダムエルガイツ入江代表は試合後、「残念な結果とはなったが、タイヤファイトがこれからの地域普及の可能性としては大きな一歩であったと感じている」とコメントを残した。


 どんなものだと興味津々であったが激闘を目の当たりにした、主に業界関係者から面白い!見ごたえがあったと絶賛の声も聞こえた。
 プロレスリングの今やなかなか観ることが出来なくなったチェーン・デスマッチ、ブルロープ・デスマッチ的なグローブをつけての足の動きがほぼ固定される殴り合い、男の決闘的なファイト、むしろ、浪速ン者の根性試し的なこの試合形式は今後、売り物の一つになりうるであろう。

【公式結果】
<メインイベント第10試合 キックボクシング ウェルター級(-66.68kg) 3分3R>
○ストロング小林(契明ジム)
 判定3-0
●宮城涼矢(真樹ジムオキナワ)

<セミファイナル第9試合 キックボクシング スーパーライト級(-63.5kg) 3分3R>
○森本大喜(クリスクロス)
 判定3-0
●ライヤ(RIOT GYM)

<第8試合 キックボクシング スーパーバンダム級(-55.34kg) 3分3R>
○雷電裕介(契明ジム)
 判定2-1
●幸龍(RIOT GYM)

<第7試合 キックボクシング ウェルター級(-66.68kg) 3分3R>
●ジャッキー士湧(ミツヤケーズホーリージム)
 判定0-3
○与儀竜也(真樹ジムオキナワ)

<第6試合 関西初上陸!タイヤファイト関東関西統一-80kgタイトルマッチ 3分1R>
[王者]●中川達彦(キングダム府中)
 1-3タイヤアウト
[挑戦者]○武士正(FightingTeamA-TOYS)
※武士正が新王者に

<第5試合 プロレスリング 6人タッグマッチ 20分1本勝負>
○三原一晃(道頓堀プロレス)&キャプテン・アメムラ(道頓堀プロレス)&守屋博昭(フリー)
 筋肉バスター⇒体固め
空手マシン1号&2号&●4号(空手マシン軍団)

<第4試合 キックボクシング スーパーバンダム級(-55.34kg)3分3R>
○翔太朗(猛志會team Red Boar)
 判定3-0
●ジャッキー晃一(ミツヤケーズホーリージム)

<第3試合 グラップリングルール -70kg 5分1R>
○今村豊(総合格闘技宇留野道場)
 判定3-0
●アッキー(TAMARIBAR Win‛ll)

<第2試合 グラップリングルール 無差別級 3分1R>
○TIGERBOYアツシ(UBF)
 判定3-0
●LIONBOYシンジ(UBF)

<第1試合 キックボクシング特別ルール 1.5分2R>
○マグナム秀次(T.B.NATION)
 判定3-0
●闘志正(FightingTeamA-TOYS)