10・23 日本骨髄バンクチャリティ CHAKURIKI 7 〜水の都バトル〜 開催決定!

 2020年10月23日(金)に愛媛県 西条市総合体育館にて開催される「日本骨髄バンクチャリティ CHAKURIKI 7 〜水の都バトル〜」の全カードが決定した事が主催者より発表された。

■日本骨髄バンクチャリティ CHAKURIKI 7 〜水の都バトル〜
日 時:2020年10月23日(金) 17:00開場 18:00開始
会 場:西条市総合体育館
    (愛媛県西条市ひうち1番地2 TEL.0897-53-3006)

チケット/SRS席(最前列)30,000円
     RS席(2、3列目)20,000円
     S席(1Fアリーナ)10,000円
     A席(1Fスタンド)7,000円
     B席(2Fスタンド)5,000円
チケット販売/(7月4日(土)より発売開始)
・チケットぴあ TEL.0570-02-9999 http://pia.jp/ Pコード:846-654
・イープラス http://eplus.jp/
・ローソンチケット http://l-tike.com/ Lコード:61493
・愛光ゴルフガーデン(愛媛県西条市船屋乙27-51)TEL.0897-55-4018
・カラオケ水都(愛媛県西条市大町680-7)TEL.0897-53-4733
お問い合せ/info@chakuriki.jp
大会主催/ドージョーチャクリキ株式会社
大会後援/公益財団法人日本骨髄バンク、スポーツ報知、東京スポーツ新聞社、闘道館
※大会収益の一部を公益財団法人日本骨髄バンクにご寄付させて頂きます。
※出場選手は予告無く変更となる場合もございます。予めご了承ください。

<第8試合 メインイベント ICO認定インターコンチネンタルフェザー級(57kg以下)王者決定戦 3分5R(最大延長2R)>
元山祐希(日本代表/武勇会/イノベーションフェザー級3位)vs. ロベルト・オリビア(欧州代表/イタリア・ローマ/ライニクランジム/ISKAインターコンチネンタルフェザー級王者)

<第7試合 セミファイナル グラップリングウェルター級(77kg以下)タイトルマッチ 5分3R(延長1R)>
安楽ヂエゴ(王者/グレイシーバッハ姫路)vs. 大和ヒロシ(挑戦者/フリー/第33代世界ジュニアヘビー級王者)

<第6試合 キックマッチ ライト級(61kg以下) 3分3R(延長無し)
紀州の丸ちゃん(武勇会/イノベーションライト級5位)vs. TASUKU(CRAZY WOLF)

<第5試合 6人タッグマッチ 20分1本勝負>
ノブ ハヤシ(ドージョーチャクリキ・ジャパン/1999・2004 K-1 JAPAN 準優勝)
天田ヒロミ(天田フィジカル&ボクシングスクール/2004 K-1 JAPAN 王者)
佐藤嘉洋(名古屋JKF/2006・2005 K-1 WORLD MAX日本王者)
vs.
中迫剛(フリー/1998・2002 K-1 JAPAN 準優勝)
富平辰文(フリー/2005 K-1 JAPAN 準優勝)
長島☆自演乙☆雄一郎(魁塾/2010 K-1 WORLD MAX日本王者)

<第4試合 タッグマッチ 30分1本勝負>
青木真也(フリー/第2代DREAMライト級王者、第2、6代ONE世界ライト級王者)
鈴木悟(TAKE IT EASY/第48、50代ボクシング日本ミドル級王者、第4代SB日本Sウェルター級王者)
vs.
ライジングHAYATO(愛媛プロレス)
凡人パルプ(愛媛プロレス)

<第3試合 タッグマッチ 20分1本勝負>
スペル・デルフィン(沖縄プロレス)&カーベル伊藤(フリー)vs. 佐野直(フリー)&イマバリタオル・マスカラス(愛媛プロレス)

<第2試合 愛媛プロレス提供マッチ 15分1本勝負>
石鎚山太郎(愛媛プロレス)vs. マツヤマ・ウォリアー(愛媛プロレス)

<第1試合 キックマッチ ウェルター級(67kg以下) 3分3R(延長無し)
竜義(チャクリキ武湧会)vs. 松﨑亮磨(T.B.NATION/第3回WBCムエタイリーグ日本王者)

団体より大会の見どころの紹介文(以下はリリース文)

メインイベントでは本年2月23日のCHAKURIKI5大阪大会にて國枝悠太選手を破って日本代表となった元山祐希選手が地元の愛媛県西条市にて国際王座決定戦に臨みます。欧州代表のロベルト・オリビア選手は本年2月16日のNJKF後楽園大会で前田浩喜選手を破ってISKAインターコンチネンタルフェザー級王座を戴冠した選手。世界一の組織ISKAの現インターコンチ王者ですから代表資格充分です。
両選手より本タイトル戦に関してのコメントがあります。
元山選手「自分にとっては、タイトルよりも、強い人に勝つという事が一番大切な事です。自分は自分自身を強いと思った事がありません。ロベルト選手はISKAのタイトル保持者で、彼に勝てば少しでも自分が強くなったと思える事でしょう。だから勝ちます! 勝てば自然にベルトはついて来ると思います。応援よろしくお願い致します!」
ロベルト選手「僕がもっとも好きな国、日本でまたタイトルマッチが出来る事を嬉しく思うよ。日本の皆さんありがとう。また会える事を心待ちにしている。BUDOの産まれた国、日本は僕にとって尊敬できる国。多分、日本で一年間に2本のインターコンチネンタル王座を獲得した外国人選手は居ないだろうから、僕がその記念すべき最初の選手になるよ。また、前回のNJKFではKO勝ちでは無かった(判定勝ち)事が悔しかったので、今度こそKO勝ちで2本目のベルトを頂くつもりだよ。勿論、僕の最終目標はインターコンチではなく、ISKAの世界タイトル、世界一の選手になる事。その実績作りの為にも、ICOのインターコンチも必ず僕のコレクションに加えるよ。元山選手との試合はアグレッシブでエキサイティングな物となるだろう。日本の皆さん、楽しみにしていて欲しい。グラッチェミーラ(ありがとう)。
ローマより愛をこめて ロベルト・オリビア」
と非常に日本人らしい、イタリア人らしい両者のコメントでした。
大会セミファイナルでは、元全日本プロレス、世界ジュニア王者の大和ヒロシ選手がグラップリングタイトルへ初挑戦です。トップレスラーとして有名な大和選手ですが、その強さのルーツは君津青葉高校レスリング部にあり、千葉県高校総体で85kg級優勝、国体ではグレコローマンベスト16という実力者でした。そのアマレス実力者のベールの下がいよいよチャクリキ愛媛大会で明かされます。CHAKURIKI5大阪大会にて圧倒的強さでトーナメントを制し王座戴冠したグレイシーバッハ姫路の安楽ヂエゴ選手と奇跡のタイトルマッチ。まさかこんな所でグレイシー柔術と全日本プロレスの一戦が実現するとは数年前には想像出来ませんでした。現時点では予測不可能なタイトル戦、勝敗の行方にご注目ください。
大会第5試合ではスペシャルな一戦が実現します。2004 K-1 JAPAN 王者の天田ヒロミ、1999・2004 K-1 JAPAN 準優勝のノブ ハヤシ、2006・2005 K-1 WORLD MAX日本王者の佐藤嘉洋組と1998・2002 K-1 JAPAN 準優勝の中迫剛、2005 K-1 JAPAN 準優勝の富平辰文、2010 K-1 WORLD MAX日本王者の長島☆自演乙☆雄一郎組によるK−1ルールでの6人タッグマッチです。これはCHAKURIKI5大阪大会にて中迫剛選手と戦ったノブ ハヤシ選手のたっての希望による物で、ノブ選手曰く「中迫さんと16年ぶりに拳を交えたのですが、身体にも、そしてそれ以上に心にも響く物があった。こうした戦いをもう一度してみたいと考え、皆に声を掛けたら、骨髄バンクチャリティの考えに賛同してくれ、素晴らしい旧K-1ファイター達が集まってくれました」。より多くの組み合せをファンの皆様に見て頂く為、プロレスリングの6人タッグ形式を採用。これで9通りのカードの実現が可能となります。また今後も、チャクリキでは武藤敬司氏が主宰する「プロレスリングマスターズ」の格闘技版のようなマッチメイクにも取り組んで行きたいと考えております。
第4試合では先だってのブランコ・シカティック追悼大会で一騎打ちを行い、一歩踏み込んで相手を体感した青木真也選手と鈴木悟選手がタッグを結成。ライジングHAYATO&凡人パルプの愛媛プロレス勢と激突致します。青木真也&鈴木悟組、格闘技で頂点を極めて後もプロレスに積極的に挑戦する両者の考えや姿勢にチャクリキもリスペクトの感を強く持ち、チャクリキ大会を代表するチームとして押して行きたいと考えております。愛媛プロレス勢との一戦の後にはビッグカードを予定しております。
他にも地元人気の愛媛プロレス勢の大挙襲来、西条出身の名物レスラー、カーベル伊藤など、多くの地元に縁ある選手が参戦致します。愛媛県西条市はチャクリキ日本代表・甘井もとゆきの故郷であり、チャクリキ西条大会開催は悲願のひとつでありました。
7月4日(土曜日)よりチケット一斉発売です!
どうか大会告知にご協力よろしくお願い致します。


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
コロナ禍とブランコ・シカティック追悼興行

[ファイトクラブ]コロナ禍とブランコ・シカティック追悼興行

※500円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’20年06月18日号紫雷イオInYourHouse 新日再開 川上スターダム 初代虎SS 昭和回顧

’20年06年25日号棚橋の涙 史上最高?Backlash ブシロードKO撤退 三沢命日 水曜TV戦争