SmackDown移籍のAJスタイルズが中邑真輔と名勝負数え唄

©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.


 編集部としては「#土曜の朝はWWE」となるのだが、なんといっても木村花さんのニュースが駆け巡り、正直それどころでない土曜日に。もともとライト層向きのSmackDownではあるが、日本のユニバース視聴者は集中できなかったのではなかろうか。
 とりあえずローマン・レインズが暫くSmackDownに出てこないこともあり、ブランド交流の流れとは別にAJスタイルズはSmackDownにトレードされたことになる。


 流れとしてもNXTのリア・リプリーvs.紫雷イオ戦がうやむやなノーコンテストだったので、女王様シャーロットはここではSD王者ベイリーに丸め込まれるという・・・。主役のオーティスは女神マンディ・ローズと組んでドルフ・ジグラー&ソーニャ・デヴィルとの因縁対決に。ここはソーニャが(さわっちゃいけない)マンディ顔面にヒザを叩き込んで勝利。


 番組トリは本来はオーティスの予定だったと推測されるが、編集でインターコンチ王座を巡るジェフ・ハーディとシェイマスのカードに。アイルランド戦士の畳みかける攻撃に粘ったジェフが、どさくさに紛れて丸め込み3カウントが入る幕切れだった。

■ WWE SmackDown
日時:5月23日(現地放送時間)
会場:米フロリダ州オーランド パフォーマンス・センター

◆ストローマン対ミズ&モリソンのハンディキャップ王座戦が「バックラッシュ」で決定

 ザ・ミズ&ジョン・モリソンの“ザ・ダートシート”コーナーで番組オープニングがスタートすると先週タッグ戦で敗戦したミズは「ストローマンはユニバーサル王者に相応しくない」と名指しで批判した。するとそこへストローマンが姿を現すと、モリソンの挑発でミズとストローマンの対戦が決定した。ストローマンがパワーでミズを圧倒するも、場外でセコンドのモリソンがストローマンの顔面にバリケードを使った三角蹴りを放ち、さらにミズに襲い掛かるストローマンがポストに誤爆。このチャンスにミズはサミング攻撃やドロップキックで攻め込んだが、最後はストローマンがミズを捕まえると必殺のランニング・パワースラムで沈めて勝利を収めた。

 試合後、モリソンが「バックラッシュでハンディキャップ王座戦だ」と対戦要求すると、ストローマンは「お前たちが望むならやってやる」と受諾して王座戦が決定した。王者ストローマン対ミズ&モリソンのハンディキャップ・ユニバーサル王座戦が行なわれるPPV「バックラッシュ」は日本時間6月15日にWWEネットワークで配信される。

◆中邑、宿敵AJスタイルズと激闘もトーナメント1回戦突破ならず

 “ジ・アーティスト”中邑真輔が宿敵のAJスタイルズとIC王座決定トーナメント1回戦で激突した。お互いを良く知る両者はサイドヘッドロックの掛け合いをすると、AJスタイルズがペレキックやカーフ・クラッシャーで攻め込めば、中邑も「カモーン」と挑発してスライディング・ジャーマンスープレックスやランドスライドを叩き込んだ。

 さらに中邑がスライディング・ニーからキンシャサを狙ったが、AJスタイルズに丸め込まれると中邑は素早く三角締めで応戦。続けてAJスタイルズも技が決まったままスタイルズ・クラッシュを放って両者ハイレベルな攻防を展開すると、最後はAJスタイルズがフェノメナルフォアアームを中邑に叩き込んで3カウント。

 中邑はトーナメント1回戦突破ならず、勝利したAJスタイルズは準決勝でアライアスと対戦することが決定した。

◆ベイリーがシャーロットとの“女子王者対決”を制す

 “女子王者対決”としてSmackDown女子王者ベイリーとNXT女子王者シャーロット・フレアーが激突した。実力を証明するためパートナーのサーシャ・バンクスを残して1人リングに登場したベイリーだったが、シャーロットはベイリーを捕まえるとバリケードに叩き付けて「サーシャ出て来い」と挑発。さらにシャーロットがネックブリーカーやボストンクラブを決めて攻め込むも、ベイリーが攻撃を避けてポストに誤爆すると形勢逆転。ベイリーはダイビング・エルボードロップを炸裂させると、チョップの応酬から最後はロープを掴みながらシャーロットを丸め込んで3カウント。ロープを掴んだ疑惑の勝利ながらも王者対決を制したベイリーはバックステージでサーシャと抱き合って勝利を祝った。

◆紫雷イオ、6・8「NXTテイクオーバー」でトリプルスレット王座戦が決定

 “漆黒天女”紫雷イオが王者シャーロット・フレアーと因縁のリア・リプリーを相手に「NXTテイクオーバー:イン・ユア・ハウス」でトリプルスレットNXT女子王座戦に挑むことが決定した。これまでイオはシャーロットの竹刀攻撃で王座奪取を逃すと、リアとの因縁対決ではシャーロットの乱入で試合を潰されてしまった。果たして王者の反則行為でチャンスを逃してきたイオはこのトリプルスレットNXT女子王座戦で因縁に決着を付け、悲願の王座戴冠を果たすことができるのか?「NXTテイクオーバー:イン・ユア・ハウス」は日本時間6月8日にWWEネットワークで配信される。


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
▼木村花:SNS誹謗中傷の教訓~墓掘人The Last Ride3~国内外動向

[ファイトクラブ]木村花:SNS誹謗中傷の教訓~墓掘人The Last Ride3~国内外動向

※500円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’20年06月04日号木村花追悼特集-悲嘆と教訓 AEW頂点Double-Nothing Hレイス再検証