AEW 5・23Double or Nothing本拠地収録スタジアム・スタンピード戦!

(c) AEW

 前回段階で収録されたものなので、やや残り物で番組作った感はあるものの、なにしろ5月23日のPPV大会『Double or Nothing』が迫っている。年間大会のコンセプトはラスベガスのカジノであるが、今は当然なにも出来ない状態であり、結局はいつものジャクソンビルに会場変更で、メインはスタジアム・スタンピードということで、隣接する巨大なフットボール会場の無観客を逆手にとって客席で暴れたり、階段を転げ落ちたりする趣向のようだ。

■ AEW Dynamite
日時:5月13日(現地放送時間)
会場:米フロリダ州ジャクソンビル デイリーズ・プレイス


 番組冒頭はランス・アーチャーとジェイク・ロバーツのプロモから。その『Double or Nothing』で初代TNT王座を賭けて対決するCodyをまたぶっつぶすと。ただ、PPV大会には大物ゲストも必要ということなのか、ベルトを渡すのはマイク・タイソンになるようだ。
 

 試合はベストフレンズ(バレッタ&チャック・テイラー)w/オレンジ・キャシディと、ジュラスティック・エクスプレス w/マルコ・スタントから。元新日本プロレス組はプッシュされている。オレンジ・キャシディはライト層人気があるらしく、オマケの出番のような扱いか。


 女子カードは、ナイラ・ローズの王座挑戦権をかけてペネロペ・フォード、歯医者ブリット・ベイカー、志田光、異星人クリス・スタットランダーの4 way戦。それぞれ見せ場を出せておりうまくやれていた。もちろん志田が勝利するんだが、あとのセグメントでナイラに竹刀で叩かれていた。
やはり女子カードは絵になる。


 ケニー・オメガは狂人マット・ハーディとのコンビの続きで、サンタナ&オルティーズと対戦。前週のゴルフカートにぶつけられたspotのセールでネックブレイス姿のサミー・ゲバラもちょっかい出しにきてと・・・。
 ただ、このカードではツイスト・オブ・フェイトが決まるケツにしていた。


 MJFは今回は試合、続くクリス・ジェリコvs.パイナップル・ピートも、単なるスクワッシュ内容ではあった。まぁPPV前だから仕方ないのか。


 もっともインナーサークルが勝ち誇っていると、飛んできたのは擬人化されたドローンのヴァンガード1ver.2.0である。以前に奪われたミニTシャツを返しに来たのだろうが、結局ジェリコたちはバットで恐らくは高価なドローンを叩き落とし、壊してしまうのであった。

 アンチWWEで始まったAEWなのだが、結構バカバカしいコントは毎回やっている。好みは分かれるだろうけど・・・。


 トリは、Mr.ブロディ・リーが、クリストファー・ダニエルズとAEWでは初めて本格的な試合披露かも。ビックブーツでガツンとやる場面以下、やはりブロディ・リーは出来る選手である。WWEでは、まるでイイ試合の出来ないブレイ・ワイアットのサイドキック役に甘んじていたのだが・・・。


 PPV大会『Double or Nothing』でジョン・モクスリーのAEW世界王者に挑戦が決まっているMr.ブロディだが、盗んだのか勝手にベルトを巻いての入場だったから、当然最後は怒ったMOXがなだれこんで黒覆面ダークオーダー軍と暴れていた。


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
▼ジャンボ鶴田さん命日-墓掘人The Last Ride-V字回復に秘策はあるか

[ファイトクラブ]ジャンボ鶴田さん命日-墓掘人The Last Ride-V字回復に秘策はあるか

▼WWE墓掘人+オーエン・ハート実録-星輝ありさ引退-UFC他世界情勢

[ファイトクラブ]WWE墓掘人+オーエン・ハート実録-星輝ありさ引退-UFC他世界情勢

※500円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’20年05月21日号MITBアスカGスラム墓掘人実録 UFC再開 新日 J鶴田 駆逐コロナ映画

’20年05月28日号オーエン・ハート実録 星輝ありさ 石井智宏 シカティック 馬場さん